« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月30日 (日)

ウラカワミユキ・春風ヒューマ 2014年11月22日

元気に軽快に

2頭揃って走って行く姿が

とてもかわいいです。   (57秒)

2014年11月29日 (土)

セイントネイチャー・ヒカル 2014年11月28日①

セイントネイチャーは、左前脚の蹄底が挫石(ザセキ)で痛いため

靴をはかせています。

【関連記事】http://watanabeuma.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/post-09a8.html

靴をはいていると、痛み方がかなり楽になりました。(29日現在)

       朝の放牧直後です。 (1分42秒)

netkeibaの連載 『第二のストーリー~あの馬は今~』 会員さんのストーリー

netkeiba(ネットケイバ) の連載コラム 『第二のストーリー~あの馬は今~』

引退馬協会と、渡辺牧場里親会の会員さんでいらっしゃる

珠姫さんとエイシンドーサンのお話が、掲載されました!

 

 

fuji 現役時代0勝の競走馬が国体で優勝 ピサノガッシュの物語 (2014年11月18日記事)

                                             ↓ 珠姫さんのことは、続きのこちらに

fuji きっかけは地方新聞の記事 馬主になった女性と愛馬の物語【動画有り (2014年11月25日記事)

 

珠姫さんとは、会員さんになって下さった10年以上前からの長いおつきあいで

とてもお世話になっています。

 

今年9月に、この連載コラム 『第二のストーリー~あの馬は今~』

(詳しくは、こちらにまとめてあります→ 引退馬の現状と未来(1)~(3) )

で、渡辺牧場も取材、掲載して下さいました、ライターの佐々木祥恵さん

取材を進めていかれる中で、偶然

珠姫さんと渡辺牧場との繋がりをお知りになったそうです。

 

私は、このことを知って、驚くとともに

あぁ、本当に馬の世界は繋がっているなぁ~と、しみじみ感動しました。

 

ドーサンの顔は、流星の中に

点、点ってホクロみたいにあって

とてもかわいいですね~lovely

昔、うちにいたタイビーズの子で、(キララの弟)

似た子がいたな~と思い出しました。

 

珠姫さんのホームページ

どおさんの馬房  リンクさせていただきます!

2014年11月28日 (金)

ミユキ・春風ヒューマ2014年11月21日朝

朝7時半過ぎです。

まだ、地面がしばれています。

ミユキが駆けようとする元気な姿

春風ヒューマの落ち着いて歩く姿

仲良く並んで尻尾を揺らしながら歩いて行く後ろ姿を

微笑ましく見守りました。 (32秒)

ハゴ 遠隔気功に感謝です

その後のハゴは

前脚はまだ外側に開いて歩くものの

後ろ脚の踏み込み方は、かなり良くなった状態を維持できています。

apple ハゴ 歩様 2014年11月25日15時過ぎ   (40秒)

ハゴは、人に触られるのが大好きで

とても、なつっこい性格で、普段はおとなしいのですが

元気な頃は

朝、馬房から出るときは、ロケットスタートでdash

馬栓棒の真ん前に人が立つと危険sign01な馬でした。

 

ハゴは、10月から1ヶ月半以上、そういう気力も体力も無くなっていましたが

ここのところ、朝は

「早く出して~sign03」と、壁を右後ろ脚でバーン!と蹴ったり

人が危険なほどのスピードではないですが

馬栓棒を開けると飛び出して来たり

元気なころのハゴに、戻って来ています。

 

1ヶ月半以上、ハゴは死に向かっているのを

私たちは止められないのではないかと

悩み続けてきただけに

このタイミングでのハゴの急激な改善は

気功のお陰としか、言いようがありません。

 

気功の先生には、誠実に本当にお優しく対応していただきまして

とても感謝しています。

ハゴも体が楽になったでしょうし

人間も、とても精神的に救われました。

本当に、ありがたく思っております。

 

人間も、動物も、まだ現代の医学では治ることのできない病気があり

私も自分の祈りが届かない悔しい悲しい想いをしたことが、何度もあります。

最後は神頼みと、すがる想いの時もあるかもしれません。

 

医療の良いところを取り入れ、お世話になりつつ

どうにもならない時は

こういった気功にも頼ると良いのではないかなと思い、ご紹介します。

happy01 人間は、こちらです。  吉井気功院

dog 動物は、こちらです。  どうぶつ気功院

いつかは、誰でも、寿命が来ますが

できる限り、苦痛なく、安らかに、それまでの時間を過ごせますようにと

心から祈っています。

【参照記事】

cloverハゴの症状 2014年11月18日①

cloverハゴの症状 2014年11月18日②

cloverハゴの症状 2014年11月18日③

cloverハゴの症状 2014年11月18日④

cloverハゴの途中経緯について

cloverハゴに遠隔気功を

cloverハゴ 18日と20日の動画の比較

cloverハゴ 歩様の変化 2014年11月22日朝撮影

 

        ハゴ・ランスルー…ハゴのその後   へ

2014年11月27日 (木)

ミユキ・春風ヒューマ 朝の放牧直後 2014年11月20日撮影

向こう端まで歩いて行きます。

途中から 5分位後に撮った動画を足しています。

足したのは、他の馬たちを放牧しに行った帰りに撮った 横から見たシーンです。 (48秒)

2014年11月26日 (水)

セイントネイチャー・ヒカル 2014年11月20日、25日

ナイスネイチャの息子、セイントネイチャーの里親会について

    渡辺牧場 里親会 ~まずはセイントネイチャーから~ (詳しくはこちらをご覧下さい)

お陰様で、11月25日現在、会員数65名、合計79口

たくさんの温かい御支援をいただいています。happy01

第2の馬、プリンちゃんの分も賄えるようになり

次は、ダイマジンが第3の馬になれるように

引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます。

本当に、心から、どうもありがとうございます。m(_ _)m

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

        2014年11月20日 セイントネイチャー この頃毎日、脚が泥んこになるんだ~

20141120_62

          ナイス父さんは、ここに絶対に入りたくないんだって~ ban ng byセイントネイチャー

20141120_65
              ↑ ↓ ボクだって入るのにね~ wink byヒカル

20141120_66

    セイントネイチャーは、24日の夕方、馬房に帰るときに、左前脚を痛そうにしていました。

    挫石(ザセキ) のようです。

    石か何か、硬い物を踏んで、蹄底を痛くしたようです。

       ↓ 25日朝  靴をはいて放牧しました。

20141125_04

20141125_05

20141125_06

   26日の写真に続きます

セイントネイチャー 挫石(ザセキ) 2014年11月26日撮影

セイントネイチャーは、一昨日、左前を挫石で痛くしてしまいました。

でも、わけのわからない痛みでなく、診断できていますので

治っていくはずです。

20141126_03

        朝、放牧前に靴をはかせて

20141126_04
      丸馬場に入れても、イライラするだろうということで、いつものところに放牧しました。

20141126_05

       
   

20141126_06
         かわいいお顔 sign03 lovely

20141126_07

20141126_08

渡辺牧場里親会サポートホースたちの経緯をまとめました!

セイントネイチャーのこと①  2014年2月21日記事

セイントネイチャーのこと②  2014年2月23日記事

セイントネイチャーのこと③  2014年2月26日記事

セイントネイチャーのこと④  2014年3月2日記事

セイントネイチャーのこと⑤  2014年3月5日記事

セイントネイチャーのこと⑥  2014年3月6日記事

セイントネイチャーのこと⑦  2014年3月10日記事

セイントネイチャーのこと⑧  2014年3月15日記事

セイントネイチャーのこと⑨  2014年3月18日記事

セイントネイチャーのこと⑩  2014年3月23日記事

セイントネイチャーのこと⑪  2014年4月2日記事

セイントネイチャーのこと⑫  2014年4月11日記事

セイントネイチャー Happy Birthday♪ 2014年4月25日 2014年4月25日記事

 

 

プリンちゃんとダイマジン①  2014年1月18日記事

プリンちゃんとダイマジン②  2014年1月19日記事

プリンちゃんとダイマジン③ 2014年1月22日記事

プリンちゃんとダイマジン④  2014年1月30日記事

プリンちゃんとダイマジン⑤  2014年2月1日記事

プリンちゃんとダイマジン⑥  2014年2月3日記事

プリンちゃんとダイマジン⑦  2014年2月6日記事

プリンちゃんとダイマジン⑧  2014年2月9日記事

プリンちゃんとダイマジン⑨  2014年2月11日記事

プリンちゃんとダイマジン⑩  2014年2月17日記事

プリンちゃんとダイマジン⑪  2014年2月19日記事

プリンちゃんとダイマジン⑫  2014年2月25日記事

 

渡辺牧場 里親会 第2の馬について   2014年10月30日記事

プリンちゃんが里親会サポートホースに決まりました!  2014年11月19日記事

キタノダイマジンが里親会の第3の馬になりました!  2015年8月10日記事

2014年11月25日 (火)

ヒカル 2014年11月18日撮影

20141118_34
  ヒカルです。遅れ遅れの掲載で、本当、申し訳ないです。sweat01  斜めに立ってるように見えますね~(笑)

20141118_37
   ↑  興味津々eye  顔は…汚しているのか、レンズが汚れているのか?camera

20141118_38

     ↑ ↓ 顔が汚れているようです。(笑)  やぁ! シロちゃんnote

20141118_39

20141118_40
     この頃、ヒカルの顔が犬っぽく見えたりします…dog

20141118_41

          目も口元も、かわいい! happy02

2014年11月24日 (月)

チョウインパクト 2014年11月15日、17日

13日の夜に、この辺りでは初雪が降りました。

それから気温が低く、2日後もまだ雪が残っていました。

15日は、風がとても冷たかったので、若い馬たちにも馬服を着せました。

チョウインパクトが当才の時から

彼を応援して見守って下さってきたご夫妻様から

馬服をプレゼントしていただきました。present

20141115_01

     ピッタリでしたnotes  どうも、ありがとうございます!m(_ _)m 

20141115_02

   この日は、札幌の会員さん方がお越しで、ここで人参を食べさせていただきました。

20141115_03

   何度も、かわいい顔happy02 かわいい目!eye と、おっしゃっていただきましたheart04

20141115_04_2

      17日は、暖かくなりました。若い馬たちは、馬服は着ていません。

        会員さんに、「ちょっと太ったんじゃない~?」と言われましたが

        こうして見ると、なるほど、ふっくらしましたね~

20141117_28

     乗馬の受け入れ先は、これから冬ですし、もう少し、ここで休ませてから探そうと思います。horse

20141117_29

20141117_31

           本当に、かわいいお顔 happy02

20141117_32

ハゴ 歩様の変化 2014年11月22日朝撮影

apple ハゴ 歩様 2014年11月22日朝7:15頃撮影  ①   (1分50秒)

まだ雨が降りそうで、皆、放牧していない時です。

この動画は、雨の止み間に撮影しました。

前脚が、まだ外側に開いていますが

四肢ともに柔軟性が戻り

後ろ脚の着地点が、正常な位置にほとんど近づいています。

劇的な変化です。happy02

この朝も目ヤニが減って、目つきに生気があります。eye

厩舎の中からハゴを呼んで いなないているのは、相棒のランスルーです。

apple  ハゴ 歩様 2014年11月22日朝7:15頃撮影 ②    (15秒)

横からの歩様だと

脚の着地点がわかりやすいです。

四肢が棒のようだったのが、しなやかな動きになりました。happy01

     ハゴ 遠隔気功に感謝です  へ

2014年11月23日 (日)

ケイウンコユキ・ルビー 2014年11月8日の写真

アトリエ鼓動in十勝  の奥様が

中札内の乗馬クラブにいるケイウンコユキケイウンルビーの元気な姿を

今月8日に、撮ってきて下さいました! happy01

Nrc
   左の、額に星があるのがケイウンコユキ。右が、ケイウンルビー

    この2頭は7才で、どちらもウラカワミユキの孫にあたり、2頭はいとこ同士です。

    いつも、2頭は一緒にいるそうです。cherry

Nrc2
         

Nrc3
             ケイウンコユキちゃんheart01  

Nrc4
  ちょうど、うちから移動して、半年が経った頃ですね。

  環境にも、随分慣れたことと思います。horse

  元気で、仲良くねsign01

  Hさん、いつも、本当に、どうもありがとうございます!

 

ハゴ 18日と20日の動画の比較

20日朝、8時ころに

どうぶつ気功院の土本先生から

2回目の遠隔気功を送っていただきました。

 

 apple ハゴ・ランスルー2014年11月20日 午前9時前    (35秒)

2回目の遠隔気功を受けた直後です。18日の歩き方と比べると、かなり良くなっています!

 

  apple ハゴの歩様 2014年11月20日午後3時半頃    (37秒)

そして、下の動画をぜひ、ご覧ください!

この日の夕方、丸馬場からハゴを厩舎に連れて帰る時

私は、ハゴを曳いて歩きながら

ハゴの歩様を見ながら

驚きの声をあげていました!happy02

劇的に、特に後ろ脚の動きが良くなっていたのです!

 

前脚は、特に右がまだ外側に開いていますが

随分、動きが柔らかくなったように見えました。

 

それで、牧場長に曳いて歩いてもらい、この動画を撮った次第です。

この日の朝も、一緒に歩いていて

後ろ脚の良化に驚いたのでしたが

夕方は更に良く見えました。

18日の動画と、後ろ脚の着地点が全然違います。

馬は、前脚を1歩進めた時に、その前脚のあった足跡の地点に、後ろ脚が着地するのが 正常な姿です。

 

18日は、後ろ脚が、全く前脚のあった地点に届いていなくて

半分に達しているか?というくらいでした。

動きも硬かったです。

 

20日の動画は

かなり、後ろ脚の着地点が 前脚に近づいています。

時には、ちゃんと、その位置に届いていました。

動きも柔らかくなっています。バネが出てきたと言いますか…。

前脚も、以前みたいに、脚が棒のようになったような感じではなく

かなり動きに柔らかさが出ているように思います。

 

牧場長は、私に同調して、良くなっていないのに良くなったとは、絶対に言わない人ですが

20日のハゴの動きは、牧場長も目の当たりにしたわけで

とても驚いて、認めざるを得ないという感じのことを言っていました。

 

1ヶ月半以上、様子を見守ってきて

悲観的にしかなれませんでしたが…

 

20日の歩き方は、まだ前脚に異常はあるものの

死を意識するものではなくなっていました。

 

また、前日までのような、ひどい目ヤニが出なくなり

目頭の汚れ方が、かなり違っていました。

        左ランスルー、右ハゴ  11月20日午後

201411202

201411202_2

       

↑↓ ハゴ 目ヤニがかなり減りました

201411205

201411206

201411207

201411208

             お手?をするランスルー

2014112014

      ハゴ 歩様の変化 2014年11月22日朝撮影   へ

2014年11月22日 (土)

ハゴに遠隔気功を 

「腫瘍 気功」と検索してみたら

「ペット」と書かれたホームページがあることに気づきました。

 

吉井気功院どうぶつ気功院」です。

 

読んでみると

犬猫の保護団体へのボランティア活動も長年に亘ってやっておられ

書いてある文章が、とても心がこもっていて誠実さが窺え

「動物を助けたい」という愛情が、とても伝わって来ました。

 

まだ、こちらに連絡を取る前に

このホームページの中にあった

 

ペットの気功 セラピーのページ

 

というページを私の携帯にブックマーク保存して

そこに接続した状態で

17日の夕方、順番が最後の馬たちを入れ終わってから

またハゴの馬房に行きました。

 

すると、ハゴは馬房の中で

寝づまりしていました!shock

寝づまりというのは、馬房の中で

ゴロンゴロン寝転がった時に壁に脚を近づけ過ぎて

起き上がることができなくなる状態のことを言います。

パタパタしているうちに、ずれて自力で立ち上がれることもありますし

人間が手を貸してあげないと、どうにもならない時もあります。

 

滅多に無いことなのですが、私が馬と過ごした26年の間に

何度か経験があります。

でも、ハゴは23才ですが、初めてじゃないかなぁ?と、やった記憶がないです。

疝痛自体もやった記憶がありません。

 

すぐに牧場長を呼んで

ロープを2本使い

1本は肩に、たすきがけにして

1本は下側の脚の球節の下の繋(つなぎ)に巻いて

せーの!せーの!と思いっきり引っ張って

馬体をひっくり返しました。

ひっくり返った途端、足元に余裕(スペース)ができたので、簡単に

ハゴは立ち上がりました。

 

急いでロープを外します。

 

ハゴは何度もフレーメンをして馬房の中を旋回しました。

腹痛(はらいた)なんだぁ…coldsweats02

 

すると、すぐに

ボロ(馬糞)の十分な量の大きな塊を

すごい爽快に!噴出させました。dash

こんな爽快なボロの出し方は、初めて見たかもしれません。

それも、2回続けて大きな塊を!

腹痛だったとしても、一時的なもので、これで良くなるのでは?

と思った通り、すぐに治ったようでした。

 

その晩、初めて、どうぶつ気功院にメールを書き

翌日、お返事をいただきました。

少しでもハゴを理解していただけるように

18日に、動画を撮りました。

実は、ブログ記事

ハゴの症状 2014年11月18日①

ハゴの症状 2014年11月18日②

ハゴの症状 2014年11月18日③

ハゴの症状 2014年11月18日④

に載っているYouTubeは、このために撮ったものでした。

 

18日の夜、長い時間かかって動画をYouTubeにアップロードして

どうぶつ気功院に送る「申し込み書」に色々書きこみ

ハゴの写真も添付して

メールを送信したのが、夜中の0時きっかりでした。

 

すると、その直後、本当に直後で驚きましたが

厩舎にいた牧場長から電話があり

「ハゴが寝づまりしているから、起こすの手伝ってくれー」と!

ええっ!?

また???

慌てて駆けつけました。

 

前日と同様に、ロープでひっくり返し、すぐに立ち上がることができました。

立ち上がってすぐに

ハゴは全身をブルブルブルッ!と震わせて

なんとなく気分良さそうに、またまた大きなボロの塊を

すごく爽快な感じでロケット噴射みたいにdash

噴出させたのでした。

 

同じことが

この気功院とインターネットで繋がった瞬間に2度続けて起きたのでした。shine

私は、これは悪いことではない…いや、むしろ

良いことなのではないか?という気がしました。

 

19日朝、どうぶつ気功院の土本先生からご連絡をいただき

とても御丁寧な説明をしていただきました。

そして、時間をあらためて

その日の午前10時半過ぎに

土本先生と、その先生でいらっしゃる吉井先生と

お二人からの気功を送っていただいたのでした。

 

私は、時間を打ち合わせていたので

丸馬場で一緒にいました。

ランスルーが「私にもちょうだい!」とでも言っているかのように

そばに寄って来て、一緒に佇んでいました。

 

10分くらい、遠隔気功を受けました。

     気功の後のハゴ  目ヤニはまだありますが、目に艶が出ています。

20141119_01

20141119_02

20141119_03
          気功の後   左がランスルー、右がハゴ

20141119_09

          

ハゴ 18日と20日の動画の比較    へ

2014年11月21日 (金)

ハゴの途中経緯について

ハゴが、クッシング病ということがわかり

10月以降、2回、呼吸が荒いことがあったのは

そのせいだったのかなと理解できました。

 

夏場に、冬毛が抜け切らなかったことも

そのせいかなと、わかりました。

 

クッシング病の症状の中に

四肢の運動障害というのは、入っていないのですが

骨格筋萎縮と書いてあります。

これは、どういう見た目、動きになるのだろう???

色々、検索しても、私には専門的知識はないですし

よくわからず…despair

今度、獣医さんに訊いてみようと思います。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。

以下は、まだクッシング病と診断されていない時のことです。

 

このハゴの四肢の運動障害は何が原因なのだろう???と

随分、頭を悩ませました。

 

これに対しての治療は

痛み止めの注射や、飲み薬しかない状況でした。

痛み止めが効いたように感じられた時もあれば、変化を感じなかった時もあり

痛み止めの治療も長く続けるのは良くないとのことでした。

 

ずっと様子を見ていると、ハゴは

頭をやたら、振ります。

頭が痛いのだろうか?不快感があるのだろうか?

 

脳腫瘍?

四肢の神経麻痺のようにも見えてきました。

頸に原因があるのか、脳に原因があるのか?

 

目が陰って生気がないのも

とても気になることでした。

目の生気の無さは、牧場長も、とても気になっていたようでした。

 

「馬の医学書」を調べたり

インターネットで検索して調べたりしました。

 

肩甲上神経麻痺?

前脚の症状も似ているけれど、そんな、転倒したとか、強い打撲とか、考えられませんでした。

 

目ヤニも、すごく出るし、頭を頻繁に振るし、やはり脳に原因があるのか???

 

脳脊髄糸状虫症?

とねっこに多いらしいですが、成馬でもあるようです。

・発病の時期→8~10月に多発

・突発的な運動障害および発熱や食欲不振がほとんどないこと

と、本に書かれていました。

 

この、「突発的な運動障害」は、「および」の前で切られるのか?

「ほとんどない」に係るのか?意味が全く違ってきます。

日本語の誤解を招きやすいところで、よくわかりませんが…despair

ハゴは、発熱や食欲不振はほとんどありませんでした。

元気なころよりは、食は落ちていますが、人参とか美味しいものは食欲あります。

 

・日本脳炎に見る神経症状としての興奮が見られないこと

 

これらの項目が合うので、この病気なのかな?とか

考えました。

フィラリアだとしたら

最後まで食欲が落ちないのが悲劇的と書いてあるページもありました。

悲劇的の意味するところは?

 

虫なのかなぁ?これを治療する

ジエチルカルバマジンという薬は取り寄せに1週間かかり

3日飲ませて1万数千円だったか、かかるそうです。

 

それよりも、心配なのは

ハゴは23才と高齢なので、副作用とか

もしも、虫が沢山いて手遅れなら

駆虫したことで死んだ虫が一気に血管に詰まり

死亡することもあるとか

書いてあるページも見つけました。

 

それでも、ハゴの状態はどんどん悪くなっていく。

やってみるしかないのかと、私の頭の中は

どんどん追いつめられていきました。

 

でも、北海道で、この症例は聞いたことないというお話もありますし

副作用で死んでしまったら…と考えると恐ろしいです。

 

五里霧中…

暗中模索…状態

不安と恐怖でいっぱいでした。

 

11月初めに、クッシング病の検査がなかなか出来なくて待っている間に

いてもたってもいられず

内科に特に長けた、ご年配の他の獣医さんに診ていただきました。

 

この獣医さんは、そういう神経とか虫とか難しいことではなく

右後ろ脚の股関節下に、関節炎のような症状が見られるから

後ろを庇って、前脚も負担がかかっていると

診断して下さいました。

 

それでも

四肢が突っ張って

恐ろしい病気の症例写真に出ている

犬座姿勢になっていきそうな、そんな時もありました。

 

このままでは、ハゴちゃんは死んでしまうのでは?

目の陰りが、余計にそう思わせました。

 

何もできないまま、ただ、黙って日々が経過し

ハゴちゃんを天国に見送るしかないのか?

そんなの、いやだ!

 

神様でも、超能力でも、気功でも

何としてでも助けたい!

 

皆さん、信じていただけない方もいらっしやるとは思いますが…

本当のお話です。

私は、渡辺牧場に来て間もないころに

義母が、癌で入院しました。

 

たまたま知っていた、そういう念を入れて下さる先生に

申し込みをしたら

パワーを送って下さって

その後、まじめに本当に

義母の腫瘍がレントゲン写真から消えたと

知らされたんです。

 

私は、誰も信じないだろうと思って

パワーを直接受けたことは、家族にも、誰にも言いませんでした。

 

義母は、それからまた、何年か経って

他の癌になって亡くなりました。

このときは、その先生も高齢で亡くなっていたように思います。

かなり昔のことで、記憶も曖昧ですが…。

 

ホンモノ、ニセモノは混在しているでしょうが…

そこを見分けなければ、騙されると思いますが…

そういう不思議な力というものは、この世に存在していると

私は信じています。

 

現在の医学でどうにもならないのなら

不思議なパワーとか、見つけられないだろうか?

そう思って、検索しました。

      ハゴに遠隔気功を   へ

2014年11月20日 (木)

ハゴの症状 2014年11月18日④

馬房での動きは

(私が)落ち着いてこう見てみると

もっとひどい時があったので

少し良くなっているのかなぁと思いました。

 

ひどかった時は、馬房に入ったら、その姿勢から動けない…

向きを変えられない…

水桶のところにも、水を飲みに行けないで

バケツを口元に持っていくと、ごくごく飲んだり

立った位置からバックできなくて

飼い桶のエサを食べるために

首を不自然に曲げて食べていた時がありました。

そうそう…

そう思いだしてみると、少し良くなっているのかも!

飼い葉は、この時点で、乾草しか入れていなかったので

人参を切って、あげました。

<以上、18日夜に、この動画を見ながら書いた記事に少し付け足しました。>

apple ハゴの症状 2014年11月18日④    ↓ (1分1秒)

続きは、できるだけ早く書きたいと思いますが、明日以降になります。

      ハゴの途中経緯について  へ

ハゴの症状 2014年11月18日③

ランスルーを追って、一生懸命に歩いて来ましたが

ランスルーの近くまで来て安心したのか

また歩くのを止めてしまいました。

 

画面左手の馬房で、いななき続けているのはランスルーです。

 

最後は、私がひっぱって、牧場長が押して

何とかまた歩き出してくれて

馬房に入りました。

apple ハゴの症状 2014年11月18日③    ↓ (1分47秒)

もっとひどい時がありました。

11月7日の朝までは、ハゴとランスルーは

本厩舎ではなく、離れの厩舎を使っていました。

その朝、歩けそうかな?と思い

できたら、丸馬場ではなく、草の生えたところに放牧してあげたくて

本厩舎の北側の出入り口前を通過しようとしたところで

ハゴは、全く動かなくなってしまいました。

 

この時は、ランスルーを丸馬場に戻し

ランスルーの姿が見えなくても

ハゴは、1歩も、全く動かなくなりました。

 

仕方なく、私とハゴは、特別寒い風の通り道である、その場所で

牧場長が他の残りの馬たちを放牧し終えるまで

20分くらい待ちました。

そして、牧場長がハゴの脚を1本ずつ持ち上げて

1歩ずつ前にずらし、進めて

やっと、とりあえず、すぐ近くの本厩舎の廊下に入れました。

 

ランスルーも連れてきて

目の前の馬房に入れ

とりあえず、大戸を閉めて寒さから守り

日中は、ハゴは本厩舎の廊下で、ランスルーの真ん前で過ごしました。

 

夕方には、ランスルーの真向いの馬房に移ることができました。

それからは、その馬房を使っています。

それに伴って

ヒカルとセイントネイチャーに馬房をずれてもらいました。

 

これだけ動けなくなったことは

私にとっても、とてもショックなことでした。

      ハゴの症状 2014年11月18日④   へ

ハゴの症状 2014年11月18日②

 動画①の状態でしたので

先に、ハゴの大好きなランスルーを馬房に入れてもらいました。

ランスルーが見えなくなると

ハゴは焦って、ランスルーを追って歩くことが多いです。

 

ハゴをひっぱりながらだと、動画をうまく撮れないので

ハゴに、少し待ってもらいました。

牧場長がランスルーを入れてから

ハゴを持ちに戻りました。

ランスルーを追って、何とか歩くハゴ。

とても、ぎこちない動きです。

 

馬房で、ランスルーが

ハゴが来ないと言って、いなないています。

apple ハゴの症状 2014年11月18日②  ↓ (37秒)

   

ハゴの症状 2014年11月18日③  へ

ハゴの症状 2014年11月18日①

11月18日の午後に、ハゴの歩く様子を動画に撮りました。①~④

これをこのままお見せすると

とてもご心配をおかけすると思いますので

先に、お伝えしておきます。

 

ハゴの歩様は、この翌日19日と、今日20日

驚くほど、改善しました!

まだ、異常な状態ではありますが

一時は、死を意識するほど、ひどい状態でしたので

今の私は、叫びたいほど嬉しいです!

後で、今日撮りました動画もアップロードします。

 

以下の文章は、まだ状態の悪かった18日の夜に書いたものに

もう少し、書き足したものです。

ハゴに「希望」が全く無い状態なら、ここには掲載しなかったと思います。

そう思うと…私は

コーセイの時は、まさか死んでしまうことになるとは

心底は思っていなかったのだと思いました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

これから、日本でも高齢馬が増えていくことが考えられます。

こういう症状をご紹介することで

馬の体調の異常に少しでも早く気づき、少しでも何らかの対処に繋がればと願い

オーナーさんの許可をいただき、書いてみます。

 

ただ、ハゴの場合、1つの病気と言えず

診断がつかない一面もあり

とても難しい状態でした。

 

ハゴの体に異変が起きたのは、10月1日からでした。

このブログに、ハゴの動画を載せた翌朝だったのが、印象に残っています。

初めは、左前脚の蹄底が痛いような症状でした。

前脚だけ革の靴をはかせたり、鉄をはかせたりしました。

 

数日後に、全身こずんだような(筋肉痛のような)症状を見せ

10月5日には、放牧地の出入り口で佇んでいる時の呼吸が早く

かかりつけの獣医さんの診察を受けました。

そのような呼吸は一時的なものでしたが

その後も、同じような呼吸になったことが一度ありました。

熱は平熱の範囲内(少し高め)でした。

 

その後、蹄は痛くないというものの

念のため蹄葉炎でないかを確かめるため

蹄のレントゲンを1週間の間隔を置いて2回撮りましたが

蹄葉炎とも言えない結果でした。

 

四肢の動きが異常で

両前脚は外側に開いて突っ張ったような歩き方をします。

中国鍼など、また、高齢馬の管理に詳しいY獣医さんに

ご相談したところ

右の後ろの股関節に痛いところはあるけれど

ハゴがもし「クッシング病」だとしたら

グルコサミン注射は、禁忌となるため、この治療はできないとのことでした。

 

アメリカでは、日本よりも高齢馬の数がとても多いせいもあって

高齢馬はかなり高確率で、(7割とも聞きました) この病気にかかっているとのことでした。

「クッシング病」というと、人間で難病ということは、知っていました。

馬のことでは、Y獣医さんに教えていただき、知りました。

 

副腎皮質ホルモン(ステロイド)の特定の種類のものが

異常に多く産生されることによって

体に様々な弊害が起きるそうです。

高齢馬の場合、脳下垂体の腫瘍が原因とも聞きました。

 

馬の症状としては

糖尿病をイメージするとよいとのことで

蹄葉炎も合併症の1つとのことです。

傷の治癒が遅くなり、心肺系、筋肉も落ち、多飲多尿、夏でも長毛のカーリーヘアーが特徴とのことです。

 

ハゴは、症状の1つとして 夏でも冬毛が抜けきらず、毛がいくらか長い状態でした。

ハゴの大好きなランスルーが、昨年11月 から具合が悪く

舎飼いが長かったことで

放牧地でランスルーから離れて、他の馬たちと過ごすのが

かなりのストレスになっていたのだなぁと思い

今更ながら、本当にすまないことをしたと

もっと、やり方はなかったのかと後悔しています。

 

かかりつけの獣医さんに、クッシング病の血液検査をお願いしました。

朝、血液を採って

その後、薬を飲ませます。

お昼に、2回目の血液を採って

夕方に、3回目の血液を採ります。

結果が出るまでには、1週間くらいかかり

ハゴは、クッシング病という結果でした。

 

ACTHという数値が  (基準値は7.2~63.3) 単位pg/ml

1回目は86.8

2回目は158.5

3回目は189.9

 

獣医さんの説明によると

正常だと、薬を飲ませた後も、数字はほとんど変わらないとのこと。

ハゴは、最初から基準値を超えていますが

2回目には2倍近くに、3回目には2倍以上に上がっています。

ひどい馬だと、3倍になるそうです。

 

けれど、蹄葉炎ならともかく、そうではなさそうですし

クッシング病と、ハゴの、この四肢の運動障害は関係ないようです。

apple ハゴの症状 2014年11月18日①  ↓  (1分3秒)

動きを動画に撮ろうと、馬服を脱がせて歩かせようとしましたが
全く動きません。

     ハゴの症状 2014年11月18日②  へ

2014年11月19日 (水)

プリンちゃんが里親会サポートホースに決まりました!

昨夜、引退馬ネットさんから

ご連絡をいただきまして

プリンちゃんが里親会の第2の馬に決まりました!shinehappy01

 

会員さん方をはじめ、引退馬ネットの皆様に

大変お世話になりまして

本当に、どうもありがとうございます。

 

ここのところ、会報と会員証の発行と

ハゴの病気のことで色々、本当に色々調べたりと

なかなか時間が足りなくて

ブログ記事が停滞して申し訳ありませんでした。

ハゴの病気については、明日にでも、ここで書こうと思います。

 

ナイスネイチャの息子セイントネイチャーと、ミサイルの姪プリンちゃんの里親会について

    渡辺牧場 里親会 ~まずはセイントネイチャーから~ (詳しくはこちらをご覧下さい)

お陰様で、11月19日現在、会員数63名、合計73口

たくさんの温かい御支援をいただいています。happy01

本当に、心から、どうもありがとうございます。

20141118_46
            

犬のシロちゃんと土手の上を歩いて行くと

遠くの方でプリンちゃん(左)とダイマジン(右)が気づいて、こちらをじーっと見ています。eye 

            プリンちゃん、お水をまた、いただきますよ dog byシロ  

20141118_47

        

↑ 上の2枚は、2014年11月18日撮影

         以下の写真は、11月17日撮影 同じ感じですが clover

20141117_19

20141117_24

 

20141117_20

20141117_21

20141117_23

2014年11月13日 (木)

乗馬クラブでの「キゼンラック 」2014年10月26日

10月26日に、エドリンさんから

メールが届きました。

添付されていた写真には

懐かしい生産馬の姿が!

 

その日、エドリンさんは、キョウエイボーガンに会いに

お仲間の方々と

群馬県の乗馬クラブを訪れ

そこで偶然shine

私のところの生産馬「キゼンラック」に会ったsign01 とのことでした。       

 エドリンさんが送って下さったキゼンラックの写真 ↓

20141026

キゼンラックは、『馬の瞳を見つめて』の中でも登場します。

平成7年

母のキシュウラックが初めてのお産で

放牧地の真ん中で産気づき

駆け付けた時には、仔馬の前脚が

母の腸を突き破って肛門から出て来ていたのでした。

 

一旦、仔馬の前脚を押し戻し

正常に産まれ出るように誘導しましたが

仔馬の目は、母が苦し紛れに寝起きしたときに

何度も地面に叩き付けられて

カメレオンのように腫れあがっていました。

それが、このキゼンラックでした。

 

仔馬の目の腫れは、翌日には引き

母はその後、治療を受け

大変だったでしょうが傷は癒えて

母子共に元気に日々を送れるようになりました。

   ↓一緒に行かれた毛玉さんから送っていただいた写真です。この表情のかわいいこと!

Img_051860

                                                  (写真のぼかしは私の責任でさせていただきました)

キゼンラックは、競走馬を引退後、うちで引き取ることができました。

なぜ、こんな書き方をするかというと

彼をスムーズに引き取れた陰には

「彼の叔父、ランドコンドルは、先方に約束を忘れられ引き取ることができず、私は涙を呑んだ」

という経緯があったからです。

先方も、そのことは心に残ったと思います。

同じ厩舎に後から行ったキゼンラックは

同じ間違いが起きること無く、スムーズに帰郷できたのでした。

まだインターネットが無く、情報を得にくい時代でした。

ランドコンドル…という、ほぼ誰にも知られずこの世を去った馬のことも

一度、触れておきたくて、ここに書きました。

 

引退後

キゼンラックは、一旦は乗馬クラブに向かいましたが

動きが重くて、乗馬としては扱いづらく難しいと言われ

再び牧場に戻って来ました。

          ↓以下の写真は、エドリンさんから後で送っていただいたキゼンラックです。

Img_1928

しばらく経ったころ

親しくしていた「いななき会」の幹部の方からご連絡をいただき

キゼンラックは、福島県の乗馬クラブに受け入れていただけることになりました。

「動きが重くて乗馬に不向き」

と言われた経緯もお話した上で、でした。

 

Img_1927

           ↑毛玉さんが乗って下さったそうです!

こちらでは、キゼンラックは、とても素晴らしい乗馬だと絶賛していただけ

ものすごくかわいがっていただけて

私は本当に安心させていただいてきました。

 

途中で、その乗馬クラブは

馬たちと一緒に、群馬県に引っ越しされて、今も変わらない愛情をheart04

キゼンラックに注ぎ続けて下さっています。

ご夫婦揃って、動物たちをかわいがられています。dogcat

      ↓乗馬クラブのご主人様とキゼンラック

Img_1923

キゼンラックの母は、キシュウラック。 ミサイルやキララの同級生でした。

その母は、クロシオクイーン。 私が初めて渡辺牧場に来た時、ミユキと一緒のグループにいて、ミユキに次ぐ2番目ボスでした。

一族、皆、忘れられない馬たちです。

 

全ての子たちを助けたかったです。

「この母の子は、そうでもなく、この母の子は、そうだ」…というわけでは無く

選り好み無く

全てを助けたかったけれど

ナイスネイチャの母、ウラカワミユキの子でさえ

全て助けるのは難しかったです。

 

図ったわけではないのですが

キシュウラックの子供たちは

1頭も行方不明になりませんでした。

更に、乗馬や養老馬として現在も

かわいがられて幸せに生きている率が高いのです。

 

horseキゼンラック 上記の通り、群馬県で乗馬としてかわいがられています

horseダイワウインダム 会員さんがオーナーさんになって下さり、石狩で乗馬としてかわいがられています

cloverナイスラック うちで安楽死しました

horseリンドショウグン 群馬県で乗馬として、かわいがられています

horseマキヒメ 会員さんがオーナーさんになって下さり、白老でのびのび暮らしています

horseシャンハイピット 友人ご夫妻の仲介で個人の乗馬として、十勝でのびのび暮らしています

cloverケイウンビューティー うちで安楽死しました

horseグランデラバー 千葉県で学生さんたちの練習馬としてかわいがられています

 

安楽死はとても悲しいことでしたが

うちで何年か過ごした後、鎮静剤→麻酔薬を使った上で、でした。

母のキシュウラックも、祖母のクロシオクイーンも同じです。

どこでどんな風に死んだかわからないよりは、ましだという気持ちです。

決して正しいことではないとわかっていても

これが私にとっては精一杯、出来得た現実です。

 

この度は、本当に嬉しいお知らせを、どうもありがとうございました!happy01

2014年11月11日 (火)

ナイス・ミサイル・メテ 2014年11月6日撮影

引退馬協会の渡辺牧場だより 2014年11月5日付け

に、掲載用に撮って余った写真と

他に、メテの写真も…

11月6日

午前中は、刈ってもらった青草を食べることに専念して…

左がメテ、右奥がナイスです。

20141106_06

昼下がり、ナイスは隣りの放牧地の息子たちにご挨拶?

  ↓左がナイス、右はヒカルとセイントです。

20141106_19
  ↓離れているから、つまんないや~と? 帰って行くナイスネイチャ。

20141106_20
 さて、15時過ぎ…ミサイルが一緒になりました。左ナイス、右ミサイル ↓

20141106_25
  ↓ 手前がナイス、奥がミサイルです。

20141106_26
  ↓もっと美味しい草を求めて、奥へ歩いて行くミサイル。もうじき、厩舎に帰る時間なんだけど…

20141106_42

    行ってしまいました。

20141106_44

          ↓メテは、奥に行くと帰れなくなるんじゃないかと不安なのかな? 厩舎から近いところにいました。

20141106_51_2

20141106_52_2

2014年11月10日 (月)

キララ 2014年11月5日

20141105_37

20141105_38_2

20141105_40
キララも24才と

年を取りました。

今夏は毛艶がいいなぁと思っていました。shine

キララは、春風ヒューマに柵越しの恋をしている時があります。heart04

 

 ひたすら、草を食べているところです。 動画(48秒)  ↓

      

      ↓ 左から サッフォー、ケイウンネイチャー、キララです

20141105_42

          ↓左からケイウンネイチャー、サッフォー、キララです

20141105_43

一時預かりだったサッフォーは

昨日の朝、神奈川県へと向けて

帰って行きました。

今日午前中に、無事に到着したそうです。

今まで、ケイウンネイチャーがサッフォーと仲良くて

キララが離れていることが多かったのですが

これから、しばらくは

キララとケイウンネイチャー2頭だけの予定なので

仲良くなるかもしれません。

どうなるか…様子を見て

それに応じて組み合わせをまた考え直すかもしれません。

2014年11月 8日 (土)

ミユキ・春風ヒューマ 2014年11月7日朝 ① ②

sun ミユキ・春風ヒューマ 2014年11月7日朝 ①  (32秒)

いつも、朝一番初めに

ミユキと春風ヒューマを放牧しています。

穏やかに歩いて行きました。  

 

sun ミユキ・春風ヒューマ 2014年11月7日朝 ②  (1分34秒)

朝、一番にミユキと春風ヒューマを放牧してから  

放牧地1枚をまたいだ、南側に

プリンちゃんとダイマジンを放牧しに来ました。

放牧した帰りに、ふとミユキ、春風ヒューマの方を見たら

なぜか、すごく走り回っていました。

春風ヒューマが走るのに、一生懸命ついて行こうとするミユキ。

落ち着くまで見守りました。

この2頭で、こんなに長く走り回ったのは初めて見ました。

翌朝(今朝)は、こういうことはなく、とても静かでした。

2014年11月 7日 (金)

ウラカワミユキ 2014年11月5日午前 撮影

5日の午前中に撮った写真と動画です。

この8日前に、ミユキの視力に異変が起きました。

詳しくは、こちらをご覧ください。

引退馬協会 渡辺牧場だより 2014年11月5日

33才ということもあり、白内障はかなり進んでいるようです。

でも、こんなに以前のように過ごせるようになってくれて

本当に良かったです。

20141105_29_2

牧場だよりを読まれて、ご心配をおかけしているかも…と思いましたので

この動画で、どうかご安心下さい。happy01

この日は10月中旬の暖かさとのこと。sun

暖かいのでハエが来て、それを後ろ脚で払っています。  (1分)

2014年11月 5日 (水)

チョウインパクト 2014年11月5日

昨日、一昨日と、恐ろしいほどの暴風でしたが typhoon

今日は、とても穏やかな良いお天気に恵まれました。 sun

          写真と動画は、今日の午前中撮ったチョウインパクトです。

                         プリンちゃんのいとこです。(母同士が姉妹)

20141105_44_3

先日、前髪を切りました。

他の馬たちは、前髪を切らなくても

なぜか、いつも変わらない長さのコたちがほとんどなのですが

このチョウインパクトと、兄のヒカルは

どんどん伸びて目が隠れるほどになるので

人参を食べている間にパッツンと切りました。

20141105_47

芸の無い切り方でゴメンネ

と、思っていたのですが

訪れる方々には

「かわいい!」「似合っている!」と

意外にも好評で、ホッ…coldsweats01       (1分)

2014年11月 4日 (火)

プリンちゃん・ダイマジン 2014年9月10日・10月15日

20140910_05

             シロちゃんに、興味深げなプリンちゃん。 9月10日 

20140910_06

 

cherry プリンちゃん・ダイマジン2014年10月15日  (35秒)

放牧直後です。

毎朝、呆れるほどの走りっぷりです。

そんなに嬉しいんだぁ…

そんなに解放されたかったんだぁ…と

つい、呟いてしまいます。  

2014年11月 3日 (月)

ナイス・メテ→ミサイルのところに 2014年10月8日

古くて、すみません。sweat01

 

ナイス・メテの2頭組と、ミサイル1頭を分け隔てた後

メテが、厩舎から少し遠くなっただけで

不安でイライラするようになりました。bearing

 

なので、夕方近くなると

ナイスとメテを、ミサイルの方に入れていました。

 

ナイスはミサイルに蹴られましたが、問題なく

いつまでも、しつこく

ミサイルのお尻のにおいを嗅いでいました。(笑)   (2分50秒)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

ホームページはこちらです

渡辺牧場~引退馬達の近況~  (次男が管理しています)

  • 渡辺牧場~引退馬達の近況~border=
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ