« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月30日 (月)

サザンビクトル 2015年11月28日

レオナルド・ダ・ヴィンチ牧場さんに移動してからのサザンビクトルに

プレシディオさんとご主人様が、早速会いに行って下さいました。happy02

 

【関連記事】 clover サザンビクトルが移動しました  (11月26日記事)

         clover リンドショウグンが帰郷しました  (11月11日記事)

         clover リンドショウグンと赤城の紅葉 2015年10月3、4日 (10月11日記事)

Pb282388

かわいいホルター(無口)をしているな~shine と思ったら

この日、プレシディオさんがプレゼントして下さったものでした。 present 

Pb282389

実は、プレシディオさんは、昨年の5月初めにも           

福島県にいたサザンビクトルに会いに行って下さっていたのでした。

 

当時は、私はまだ、このブログに『乗馬』というカテゴリーを作っていなくて

ブログで遠くにいる生産馬をご紹介するという発想がなかったので

その時のことは載っていませんが・・・sweat01

Pb282395

そういう経緯もあって

プレシディオさんは、一層、今回のご縁に感激して下さいました。

Pb282416

Pb282417

まだ子供っぽくて

チェーンで遊んだり、ロープを引っ張ったりしていたそうです。sign05

Pb282422_2

Pb282424

                  目、つむっちゃった happy02

Pb282426

この素敵なゼッケンとイヤーネットもプレゼントして下さいました。present

本当に、どうもありがとうございます。

Pb282432

Pb282439

Pb282444

Pb282472

乗馬としての動きは、とても良いとのことです。

Pb282474

ふっくらした馬体ですね。

Pb282491

お隣の馬房には

引退馬協会 再就職支援プログラム第3期生のリュウノスターがいます。

トウカイテイオーの子です。

Img_0165_2

リンドショウグンの過ごした馬房にサザンビクトルがいます。

Img_0167_2

お隣同士、仲良くしてね。wink

Pb282284

2015年11月28日 (土)

セイントネイチャー・ヒカル 2015年11月25日

horse ナイスネイチャの息子、セイントネイチャー

horse セントミサイルの姪、プリンちゃん

horse プリンちゃんの相棒、キタノダイマジンの里親会

  『渡辺牧場 里親会 ~まずはセイントネイチャーから~』  (詳しくはこちらをご覧下さい。)

お陰様で、11月28日現在、実質会員数101名、合計126口

たくさんの温かい御支援をいただいています。

心から感謝申し上げます。m(_ _)m

 

* ダイマジンの分の預託料未達分

* 引退馬ネット様へ支払う手数料、保証金積立金

* これから先、長年の間に必要になるかもしれない医療費のためのプール金

を必要としていますので、継続して里親会の広報活動をしていきます。

今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

20151125_93

セイントネイチャーは、前回の記事

セイント・ヒカル2015年11月5日と、セイントのケガ治療 に、書きました

左後ろ脚のケガは、3日間の注射治療を受けた後は hospital

心配したフレグモーネになることもなく

みるみる回復していきました。

ご心配をおかけして、すみませんでした。

20151125_94

できるだけ気づかれまいと

そっと入って行ったのですが

セイントネイチャーに先に気づかれました。

20151125_96

20151125_97

人参ないの~?

と、お決まりのチェック coldsweats01

20151125_98

20151125_104

かわいいお顔・・・ lovely   (写真はクリックすると大きくなります)

20151125_105

20151125_106

20151125_108

そんな足場の悪いところでなくて

もっと奥に行けばいいのに~

20151125_110

20151125_113

20151125_115

同じような写真ですが、どちらも捨てがたいほど

特にヒカルの目がかわいいです! eye heart04

20151125_116

2015年11月27日 (金)

メテオシャワーたち 2015年11月20日、10月6日撮影

引退馬協会の「牧場だより」に

フォスターホースとして、ナイスネイチャセントミサイルの写真を

優先して載せてホッとして

つい、メテオシャワーをブログに載せ損なって

申し訳ないです。sweat01

      左がメテ、右がナイスです。↓  (写真はクリックすると大きくなります)

20151120_81

昨日はとても寒い中、本州から、一般の見学のお方がいらっしゃいました。

「何も印の無いのがナイスで、色の黒いのがミサイルで・・・」

と、説明しますと

メテを指して

「この馬はメテオシャワーですか?」と

ちゃんと名前を覚えて下さっていました。clover

20151120_82

よかったね!メテ wink

20151120_84

この写真の日は、そうでもなかったのですが

ここ数日は、気温がぐっと下がっていたので

馬服を着せていました。

20151120_85

ナイスネイチャと仲良しですね。

このごろは、青空の日が少ないです。cloud 

20151120_101

載せ損なった・・・ということで

以下は、10月6日撮影分です。

本当にごめんね、メテ・・・そしてオーナーさん coldsweats01  m(_ _)m

20151006_11

右端がメテ。  

左で2頭揃っているのが

手前、ナイスネイチャ

奥がミサイルです。

20151006_12

20151006_13

左メテと、右ミサイル

何か気まずい雰囲気があった?(笑)  

20151006_22

でも、この後すぐに、仲良く並んで草を食んでいました。 

20151006_23

20151006_24

メテは、ナイスとも仲良し。happy01

ミサイルとも仲良し。happy01

それにしても

空の色で、随分イメージが違いますね。sun cloud

2015年11月26日 (木)

サザンビクトルが移動しました

渡辺牧場の最後の生産馬世代 3頭の中の1頭

サザンビクトル (現在5才) は、福島県で乗馬として

とても可愛がられていましたが

事情があって、この度、生産者にお返しいただけることになりました。

 

初めにお願いしていたことを、誠実に聴き入れて下さり

お知らせ下さったことを

とてもありがたいことと感謝しています。

( 以下に、古い思い出の写真を差しこみます。camera 写真はクリックすると大きくなります。)

            2010年5月23日撮影 母 ヴィエントバイラー (芦毛) とサザンビクトル

1

ところで、渡辺牧場では

預託馬の御予約を、既に、2頭分いただいており

馬房も考慮してあります。

その2頭は、まだ引退していないので

その分の馬房に、一時的に

サザンビクトルを受け入れることはできるのですが・・・

1_2

サザンビクトルは

乗馬として、子供たちも乗ってジムカーナができたり horse

障害1mも跳べて、おとなしいとのことなので

一旦、うちに帰って来ても

すぐにまた乗馬クラブを探して送り出すことになると思いました。

                 一生懸命走ってます。あ!奥にコーセイが見える! happy02

2

すると、交通費も多くかかりますし

馬自身も、移動→移動で環境の変化に疲れますし・・・

なので

福島県からストレートに乗馬クラブに行けるといいなぁと考えました。

               当才の頃って、理由もなく?しょっちゅう走り回ってるんです~ lovely

3

何か・・・良い答えがあるはず、考えて!考えて!と

もう1人の自分が自分に指図したように思えました。(笑) 

・・・・・・

                        走り疲れた?(笑)

5そうだ!

レオナルド・ダ・ヴィンチ牧場さんで

リンドショウグンの入っていた馬房がまだ空いているのでは?

と思いつき

お問い合わせしたところ

ご快諾いただけ・・・喜んでさえいただけたのでしたsign03

                 当時小学生の長女と遊んでいました 

7

ただ、馬運車が見つからず

本州の業者さんだと、その距離で15万円かかるのでは?との情報もあり

困っていたところ

今までサザンビクトルをかわいがって下さっていたお仲間の方が

「サザンビクトルにはお世話になったから・・・」と

無料で運んで下さることになり

                    長女の優しい手と paper

8

本当に、ありがたいことに

昨日の18時過ぎに

無事に送り届けていただくことができました。

        同じく小学生だった次女が一生懸命タンポポの花輪を作ろうとしていました

9

雨の中、片道5時間もの距離を

本当にありがとうございました。m(_ _)m

 

お見送りに、たくさんの方々が同行して下さったそうで

どんなにサザンビクトルが可愛がられていたかがわかります。

 

レオナルド・ダ・ヴィンチ牧場さんのFacebookです。

アカウント登録無しで見られます。 

https://www.facebook.com/SudatiNoMori.Leonardo.da.Vinci/photos/a.429158803839944.1073741826.429109397178218/1015286565227162/?type=3&theater

リンドショウグンの使っていた馬房に入ったそうです。

Photo

母のヴィエントバイラー(芦毛)は、現在は新しい馬主さんにとても愛されて

隣り町の牧場にいます。

 

繁殖牝馬を引退した後は、現在の新しいオーナーさんが

終生、養って下さるそうで

こちらも、とても素晴らしいご縁に恵まれました。

 

サザンビクトルは、今、渡辺牧場にいるハゴの姪(ヴィエントバイラー)の子

ということになります。

ややこしいでしょうか~ coldsweats01

 

この度の素晴らしいご縁は

タイミングが良かったから・・・成り立ちましたが

本当は、これが運命なのかなとも思えます。

 

人と馬との巡り会いは

そのご縁が濃くても薄くても

偶然ではなく、必然なのではないかと

私には、思えます・・・。

 

レオナルド・ダ・ヴィンチ牧場の皆様

これからも、どうぞよろしくお願いいたしますsign03

2015年11月21日 (土)

渡辺牧場だより 2015年11月20日分

認定NPO法人 引退馬協会

sun渡辺牧場だより 2015年11月20日分 happy01 です。

http://rha.or.jp/f/wata/2015/11/post-38.html

フォスターホース

ナイスネイチャ、セントミサイル、ウラカワミユキ、マザートウショウの

近況報告を書いています。

ぜひご覧ください。happy01

 

2015年11月20日 (金)

リンドショウグンとキララ・マザー・プリン・ダイマジン 2015年11月12日撮影

banana ①リンドショウグン 2015年11月12日 (22秒)

初めて、キララとマザートウショウのいる広い放牧地に放したところです。

ゆっくり歩いて行きました。

 

キララとマザーは、既に奥の方で草を食べていて

リンドショウグンに気づいていません。

 

リンドショウグンは、16年前、生まれてから離乳するまでを

この放牧地で過ごしました。

 

メラノーマ対策に少しでも紫外線を防ぎたいと思い

とりあえず、春風ヒューマの虫除け馬服を借りました。

この日は、薄手の馬服では少し暑いかなと思ったためです。

 

apple ②リンドショウグンとプリン&ダイマジン2015年11月12日  (50秒)

リンドショウグンはとても落ち着いていました。

 

前日は、白いラップの牧草が積んである左側

(プリンちゃんとダイマジンの放牧地の隣)に、放牧していたのですが

プリンちゃんとダイマジンは派手に驚いていました。

身を寄せ合うプリンちゃんとダイマジン。(笑)

 

cherry ③リンドショウグン、キララ、マザー2015年11月12日 (26秒)

時々、顔を上げて リンドショウグンがいる方を見るキララ(栗毛)。

でも、「まさかね・・・」という感じで

また草を食べることに専念していました。

 

マザー(黒鹿毛)は全く反対方向を向いていて

全く気づいていない様子でした。

 

牧柵の向こうのミユキ(鹿毛)と、春風ヒューマ(青鹿毛)も 気づかずに

落ち着いて草を食べていました。

 

clover ④リンドショウグン2015年11月12日 (44秒)

画面右の奥にキララとマザーが小さく見えます。

 

リンドショウグンは草を食べ続けています。

もう、何回も霜にあたってしまったので

あまり美味しそうに見えませんが・・・

 

馬が草を食べ続ける姿は、馬好きには見ていて飽きません。happy02 lovely

と言いますか、見ていると癒されますね。(=^-^=) confident

 

しばらく待っていても、キララとマザーも気付く様子がなく

私は一旦、引き上げました。

2015年11月19日 (木)

マザートウショウ・キララ 2015年11月5日撮影

動画がまだあったのを、うっかりしていました。sweat01

古くなってしまい、すみません。

movie  (54秒)

黒鹿毛のマザートウショウは

顔に白髪が目立ちます。

最初しばらく止まってこちらを見ていたのは

デジカメの録画開始のピッという音に反応したのだと思います。

キララと一緒に草を一生懸命食べています。

2015年11月18日 (水)

メテオシャワー 2015年11月5日撮影

引退馬協会の「渡辺牧場だより」の

apple   2015年11月5日(マザーとキララの動画あり) 

【ナイスネイチャ・セントミサイル】の記事の中で

メテが出不精な場面です。 clover

メテがいるのは放牧地の中ほど・・・

20151105_43

このずっと奥にナイスとミサイルがいました。

奥に行くと、牧柵が右手に折れて少し広がっているので

ナイスとミサイルは見えません。

20151105_44

20151105_45

20151105_47

メテは、厩舎が近くに見えていないと落ち着かないようです。

意外と小心者?(笑) 

20151105_76

「そんなことないよ!」と

少し前進するも

やっぱり、その辺に留まり

ナイスが迎えに来てくれてから

やっと、一番奥まで進んだのでした。wink

20151105_77

2015年11月16日 (月)

プリン・ダイマジン・リンドショウグン・シロちゃん 2015年11月13日撮影

午後、プリンちゃんが見ているのは

20151113_22

20151113_26

散歩途中のシロちゃんです。dog

20151113_27

一方、ダイマジンは

青草(牧草)の生えていないところで

雑草?を食べていました。bud

20151113_29

食べつつも、プリンちゃんの方に寄って行き

20151113_32

眺めた先には、シロちゃんではなくて

白いリンドショウグン・・・

少しでも日除けのために

応急的に春風ヒューマの虫除け馬服を借りました。

この日は、薄手の馬服ではちょっと暑いかな?と思ったので・・・

20151113_35

額に負傷・・・sweat01 coldsweats02

前日に、キララとマザートウショウの放牧地に入れたら

リンドショウグンは牝馬に攻撃するつもりはなかったのですが

ただひたすら

キララがマザーを守りたい一心で

リンドショウグンを敵視して pout

噛み付いてしまいました。sweat01sweat01sweat01 bearing

20151113_36

気の毒になぁ・・・

と、ダイマジンは同情してるのかな?

プリンちゃんとダイマジンは

そろそろ、リンドショウグンのことを

見慣れてきた様子です。coldsweats01

20151113_38

2015年11月13日 (金)

15日(日)17時~BSイレブンで

お知らせです。happy01

BSイレブン 競馬中継

15日(日) 17時~

「びっくり競馬」で

渡辺牧場の馬たちが出ますsign03

 

私のところはBSが観られないのですが

(後でディスクでお送りいただけるそうです) cd

観られるお方は

ぜひご覧下さい~notes

2015年11月12日 (木)

ケイウンネイチャー・サッフォー1年ぶりの再会 2015年11月5日撮影

サッフォーは、昨年秋に関東のオーナーさんの元に帰り

今年、初出産、初子育て、初離乳という経験を経て

来春、再び日高の種馬と配合するために

11月1日に、渡辺牧場にやって来ました。

 

栗毛がサッフォー(7才)、黒鹿毛がケイウンネイチャー(6才)です。 

20151105_14

1年ぶりの再会でしたが

2頭とも、お互いを覚えていたようで

すぐに仲良くなりました。

20151105_15

20151105_16

1年前まではサッフォーが強かったですが

今は、サッフォーが後輩?の立場のせいか

ケイウンネイチャーの方が強いです。

 

まだ環境が変わったばかりなので

また、逆転する可能性はあるかと思います。

20151105_104

余談ですが

馬はどんなに仲良く見えていても

小さな差であれ

ほとんどのパターンで

順位ができるように思います。

 

順位を馬たち自身が認めていることで

折り合いがついて、より安全に過ごせると思います。

 

過去の経験で

下剋上のようなことがあり驚いたこともありましたが・・・(笑)

20151105_105

2015年11月11日 (水)

リンドショウグンが帰郷しました

生産馬のリンドショウグン(16才)が乗馬を引退しました。

 

11月5日の夜に引退のお電話をいただきました。

翌朝、いつもお願いしています町内の馬運車の会社にお伺いしたところ 

その翌日、7日発の便があるとのことで

とてもテンポよく帰って来ることができました。

 

渡辺牧場に到着したのは

8日の朝5時半過ぎで、まだ暗く、小雨も降っていたので rain

到着時の写真は撮れませんでした。

8日は雨で、全馬1日舎飼いとなりました。

20151109_02_2

9日、プリンちゃんとダイマジンは

隣の放牧地に突然現れた

真っ白なリンドショウグンにビックリ sign03 (笑)

20151109_01_2

10月11日の記事

banana  リンドショウグンと赤城の紅葉 2015年10月3、4日

で、ご紹介しました写真を見て

メラノーマ(黒色腫)がかなり進行していることが

とてもよくわかりました。

 

この時は、ショックでしたが

お陰様で

「近い将来、帰って来るかもしれない」 と

覚悟をする時間を持つことができました。

 

乗馬クラブさんでは

移動できるうちにとご配慮下さり

引退を決断して下さったそうです。

20151109_03_2

首にボコボコ膨らみがあります。

他にも、お腹や肛門など

今年になってから急速に増えたのだそうです。

 

そういえば・・・

たった今思い出しましたが

私は、昔、浦河の種場所で

リンドショウグンの父、ブラックタイアフェア―に会ったことがあります。

その時に、彼も既にメラノーマができていると教えていただきました。

 

アメリカに帰った後、数年余生を過ごしてから

蹄葉炎で安楽死と「ウィキペディア」に書かれています。 

20151109_04_2

気になるプリンちゃんとダイマジン(笑)

20151109_05_2

20151109_07_2

おとなしくて、とてもかわいいです。

母のキシュウラックを思い出さずにいられません。

とてもおとなしい優しい母でした。

20151109_10

プレシディオさんが、とても素敵な無口を送って下さいました。

リンドショウグンは、現役競走馬の時代に

青いメンコをつけていました。

あの頃を思い出します。

10日、お似合いの無口をつけて、放牧地に出るところです。 

20151110_01

20151110_02

20151110_03

黄色いリボンは、リンドショウグンと一緒に

健康手帳とともに馬運車に乗せられてきました。

20151111_05

この素敵なネームプレートはプレシディオさん

次回、乗馬クラブを訪問時にお届け下さるおつもりで

作って下さっていたものです。

 

その前に引退になりましたので

こちらにお送り下さいました。

乗馬クラブ名は

「ここで頑張っていたんだよ」

という記念になりますね。horse

20151111_07

疝痛が増えてきたということですので

暗視カメラで馬房を監視できるようにしました。

 

乗馬クラブでは、スタッフの方々にも

他の馬のオーナーさんにまでもかわいがられ

とても優しくしていただいていました。heart04

 

現役競走馬時代は海燕さんとお仲間の方々にも

とても応援していただきました。

http://blog.livedoor.jp/k1byking/archives/cat_1248849.html

 

故郷に帰れてよかった・・・

ラック・・・天国で見ててくれてるかな。

 

できるだけ心身ともにストレスを少なくできるように

努めていきたいです。

2015年11月 9日 (月)

ハゴ・ランスルー 2015年11月5日撮影

久しぶりになってしまいました。

ハゴとランスルーです。

 

あの後、間もなく

ハゴはまた、前回と同じ左目の角膜に傷がつき

放牧できない日々が続きましたが

今は目薬を差しつつ、放牧しています。

20151105_95

この日はとても暖かで

ハゴは横たわって、ゴロンゴロンして

そのまま、しばらく休んでいました。

奥がランスルーです。 

 

ハゴ、よく見ると、寝たまま草を食べているの?(笑) 

20151105_97

途中、眼帯代わりに

メンコの左目側を点眼できるように開閉できるカバーを縫って

着けて放牧しましたが

ゴロンゴロンして顔を地面にこすりつけたら

簡単にずれて両目が隠れてしまったり

メンコが全部外れてしまったりしました。

 

眩しそうな辛そうな様子もないので

着けないで、そのまま放牧することにしました。

20151105_98

あまり、厩舎だけの日々が続くと

高齢なこと、クッシング病のことからも

筋肉は萎えるし

精神的にも良くないので

目を最優先するのでなく

総合的な体調を最優先して、放牧することにしました。

20151105_99

20151105_100

ランスルーの白い鼻先がきれいで

かわいいです。heart01

20151105_101

20151105_102

ハゴが何度も目をこすってしまうのは

もしかしたら、クッシング病とも関係があるのかもしれません。

獣医さんも、それはあるかもしれないと、おっしゃっていました。

【参照記事】

 clover 馬のクッシング病の動画 Equine Cushings Disease

   この動画の中で目についても触れられています。

               the horse may develop fat deposits around the eye

               (訳  目の周りが腫れることもあります)

 

ハゴは、今も

一歩一歩、一生懸命に歩いています。

ランスルーとの距離ができると

ランスルーがハゴを心配して、いなないて呼びます。

 

ハゴは一日一日も

一歩一歩、歩くかのように、一生懸命に生きている

そんな感じがします。

 

(写真はクリックすると大きくなります)

2015年11月 8日 (日)

セイント・ヒカル2015年11月5日と、セイントのケガ治療

horse ナイスネイチャの息子、セイントネイチャー

horse セントミサイルの姪、プリンちゃん

horse プリンちゃんの相棒、キタノダイマジンの里親会

  『渡辺牧場 里親会 ~まずはセイントネイチャーから~』  (詳しくはこちらをご覧下さい。)

お陰様で、11月7日現在、実質会員数100名、合計124口

たくさんの温かい御支援をいただいています。

心から感謝申し上げます。m(_ _)m

 

* ダイマジンの分の預託料未達分

* 引退馬ネット様へ支払う手数料、保証金積立金

* これから先、長年の間に必要になるかもしれない医療費のためのプール金

を必要としていますので、継続して里親会の広報活動をしていきます。

今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

20151105_79

11月5日のセイント(左)と、ヒカル(右)です。 

20151105_81

20151105_83

20151105_84

20151105_85 

ヒカルは写真を撮りに入ると

気づくとすぐに寄って来ます。

というか、寄って来過ぎます。(笑)  

20151105_88

止まらず寄って来るので、こちらが後ずさりせざるを得ないのですが

この時は間もなく

また草を食べ始めたので、撮れました。camera

20151105_89

20151105_90

20151105_92

セイントの左後ろ脚です。

どこかを蹴ったらしく、怪我していました。

獣医さんが鎮静剤を打って

傷の周りを剃って手当して下さいました。

また、フレグモーネにならないよう

抗生物質を打って下さいました。 (6日)

20151106_02

6日は、1日中舎飼いとなり

ヒカルもつまらなさそうでした。sad

翌日には、注射後、いつものところに放牧できました。happy01

2015年11月 7日 (土)

渡辺牧場だより マザートウショウが仲間入りしてから

最新の『渡辺牧場だより』です。

apple  2015年11月5日(マザーとキララの動画あり)

 

【関連記事】

『渡辺牧場だより』

apple  移動日のこと

apple  移動後2日目のマザートウショウ

 

また、マザートウショウが渡辺牧場に移動して来た時

ちょうどお越しでしたキャプテンベガのオーナーさんのブログでも

とても面白い文章付きでご紹介下さっていますsign03

ぜひ、ご覧下さい。

note  お待ち申し上げておりました!

note  ワタシにとっては・・・ その1

note  ワタシにとっては・・・ その2

note  ワタシにとっては・・・ 番外編

 

そして、春風ヒューマのブログでも

banana ふるさとの思い出 ~さようならトウショウ牧場~

マザートウショウと同じ故郷の思い出を

綴っておられます。

ぜひ、ご覧下さい。happy01

2015年11月 4日 (水)

ナイス・ミサイル・メテ 2015年10月20日

movie (55秒)

 

小さくて、わかりづらいですが

黒鹿毛がミサイル

脚の白いのがメテ

鹿毛で白いところがないのがナイスです。

お昼過ぎ。

雨で放牧時間が遅れたため

大はしゃぎです。

 

よく見ると、大はしゃぎしているようで

一番エネルギー温存しているのが、ナイスですね。(笑)

2015年11月 3日 (火)

ナイスネイチャ・メテオシャワー 2015年10月19日

movie  (53秒)

・・・

何でしょう?

この“間”は・・・?

じゃれあっていた途中だったんですね。

 

急に興ざめしたかのように

去って行きました。(笑)

ミサイルは、この時はずっと奥にいました。

2015年11月 1日 (日)

キララ・ケイウンネイチャー 2015年10月19日撮影

今の状況になる前の写真ですが

すみません。sweat01

 

キララと、ケイウンネイチャーが同じ放牧地で過ごしていた頃です。

ケイウンネイチャー 

柵の右側は、春風ヒューマです。

20151019_09

                       キララが寄って来ました 

20151019_11

20151019_12

20151019_13

20151019_14

20151019_15

20151019_16

ケイウンネイチャー、ピッカピカです。shine やはり、若さですね~ 

20151019_17

26日にマザートウショウが入厩して

キララとマザートウショウを

25才同士、2頭で放牧するようになりました。

 

それまで、キララと放牧していたケイウンネイチャーは、6才という若さで

元気があり余っています。

準備が整うまで

1頭で、丸馬場で我慢してもらいました。

 

たまたま、幸運にも発情期だったため

西隣の放牧地に、セイントネイチャーとヒカルがいることで

まんざらでもなかったようで

落ち着いて過ごしていました。

 

また、北隣の丸馬場には、ケイウングリッターがいて

淋しくはなかったと思います。

 

そして、今日のお昼過ぎに

サッフォーが、1年ぶりに、関東のオーナーさんの元から渡辺牧場にやって来ました。

(サッフォーのカテゴリーは既にあります。)

「種付け預託」ということで、1年ほど預かります。

 

一方、実は、これまで余裕がなくて、なかなかブログに載せられませんでしたが

アマートダイアナという繁殖牝馬を先に

サッフォーと同じオーナーさんから預かっていたのですが

昨日の朝6時頃、ここを発ち

今朝6時頃に無事に関東のオーナーさんの元に

到着したそうです。

 

また、サッフォーは、関東で今年初めてのお産と離乳を終え

アマートダイアナと入れ替わりで、再び日高の種馬と交配するために

やって来たのでした。

来春受胎したら、来秋に関東に帰って

オーナーさんの元でお産します。

 

サッフォーは、ケイウンネイチャーより1才若く

ケイウンネイチャーよりも更に強い元気な牝馬です。

この2頭は、昨秋までは、一緒の放牧地で、仲良くしていました。

 

明日からは、この、若い者同士で

一緒に放牧します。

 

(アマートダイアナをケイウンネイチャーやキララと一緒に放牧しなかったのは

入厩時期が種付け直前3月だったため、一緒にし損ない

怪我をさせない無難路線になってしまったのでした。)

 

サッフォーは、1年前と同じ馬房に入りました。

真向いの馬房には、ケイウンネイチャーがいます。

なんとなく、覚えているようです。happy01

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

ホームページはこちらです

渡辺牧場~引退馬達の近況~  (次男が管理しています)

  • 渡辺牧場~引退馬達の近況~border=
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ