« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月31日 (日)

ハゴ・ランスルー 大きい丸馬場で

ハゴとランスルーは、現在は大きい丸馬場で過ごしています。

下の2枚は、1月15日午後です。 ↓ 左がランスルー、右がハゴです。

20160115_64

20160115_65

下の2枚は、1月17日お昼前です。↓ 今度は左がハゴ、右がランスルーです。

20160117_92

20160117_93

以下は全て、1月30日午後です。  ハゴです。

20160130_21

首を振って

20160130_22

舌を出して

20160130_23

そっぽ向いて、どうしたの?

20160130_24

20160130_26

この日、晴れて陽射しが強く、風もなく

クッシング病のため、汗をかきやすくて

毛も長いハゴは、もしかしたら暑いのでは?と思って

首カバーを外したのでした。

20160130_27

人参を欲しくて

私の足にかじりついて、「いたっ!」と声をあげてしまいました。(笑)

20160130_28

人参無いの~・・・sleepy byハゴ

寝ぼけてなぁい~? by私

20160130_29

以下は、ランスルーです。 

20160130_30

もくもくと、二番草を食べていました。

20160130_31

ランスルーも冬毛が長いですが

クッシング病によるものではないと思います。

20160130_32

2016年1月20日 シロちゃんの散歩②

オーちゃんは、少しずつ

シロちゃんの存在に慣れてきているのかもしれません。

16秒と短くてすみませんsweat01

apple オーちゃんとシロちゃん 2016年1月20日  (16秒)

シロちゃんは、馬より団子?

食するためのミミズ探しに夢中です。

そんなところに無いよ。catface

20160120_25

20160120_27

20160120_28

20160120_29

シロちゃんを見つめる視線が優しいです。eye

20160120_30

20160120_31

2016年1月29日 (金)

2016年1月20日 シロちゃんの散歩①

いつもは、シロちゃんの散歩では

土手を歩くことが多いのですが

この日は、違う道を行きました。dog

 

左がキララ、右がマザーです。

キララはシロちゃんに慣れていて、特に反応しませんでしたが

マザーは、積極的に寄って来ました。 

20160120_08

 

キララは、ちょっと見に来ただけで・・・  

20160120_09

 

去って行きました。 

 

マザーは、いつまでも気にして・・・

シロちゃんがいたところの

においを嗅いでいるの?  

20160120_15

 

プリンちゃんは、いつもシロちゃんに興味津々・・・ 

でも、シロちゃんは、土の中でしなびたミミズを探したい・・・ bearing 

20160120_20

 

ダイマジンも、見つめていました。 

20160120_21

 

リンドショウグンです。

彼は、シロちゃんよりも

私のジャンパーのポケットから人参が出て来ないか?

そちらに集中していたようです。(笑)  

20160120_16

20160120_17

 

リンドショウグンの影が、すごく大きいですね~ 

20160120_18

20160120_24

2016年1月27日 (水)

浦河では珍しい『雪まくり』2016年1月14日

夜中のうちに、何センチかくらいでしたが

雪が積もっていました。

でも、いつも見る風景とは違っていました。

いつもは何の跡もなく、表面がきれいに、ただ一面に雪が広がっています。

 

ナイス、ミサイル、メテの放牧地。 ↓ 朝、放牧する前、まだ踏み荒らしていない風景。

20160114_13

 

なのに、この日の朝は、あちこち至る所に

大小様々な大きさの雪の塊が散乱していました。

 

お昼、シロちゃんの散歩の帰り道 

20160114_16

 

こうすると、わかりやすいかな?と引き手を向こう側に垂らしてみました。 

ドーナツのように、真ん中に空洞がありました。

ロールケーキのような?

20160114_19

 

北海道の雪は乾いていて、サラサラのことが多く

強い風が吹くと、地吹雪になって飛ばされることが、ほとんどです。

たまたま、この日の雪は、湿気があったのでしょう。

 

雪だるまを作る時、小さな丸い雪玉を転がして大きくするように

自然の力、風が雪玉を作ったということなのでしょうね。

 

本州の雪の多い地方では珍しくないそうです。

『雪まくり』の他

地方によって、また、海外でも、様々な呼び名があるそうです。

 

浦河では珍しいので、地元の新聞に載ったり

翌日の自治会婦人部(絵笛)の総会の時も、ご近所の奥様方の間で

話題になっていましたよ。

20160114_20

 

セイントネイチャーです。 

20160114_21

 

この頃は、まだいたケイウンニシキ。

好奇心旺盛で、犬の散歩で通ると必ず寄って来ました。 ↓ dog

20160114_22

 

左から、ケイウンニシキ、エイアイファン、ヒカルです。 

20160114_25

 

通路の反対側の放牧地で、牧柵近くにメテがいました。 

この日、これを撮った1時間ほど前に、浦河沖を震源とする震度5弱の地震がありました。

「メテさん、地震、びっくりしたね」 (by 私)

20160114_26

 

さく癖したいの? (by 私)

20160114_27

 

見たいの? (by メテ)

20160114_28

 

約1時間の昼食タイムを終え  

再度、放牧地に出るところです。 ミユキ 

20160114_30

春風ヒューマ と一緒に外へ 

20160114_33

*************************************************************

えにしホースパークさんのブログに

ケイウンニシキが、とっても大きく載っていましたsign03

ぜひ、ご覧下さいsign03

http://blog.ehp.chu.jp/?eid=393

本当に、ありがたいことです。clover happy02

2016年1月26日 (火)

第二のストーリー~あの馬はいま~ キゼンラックです!♪

競馬情報サイト netkeiba.com の連載コラム

第二のストーリー~あの馬はいま~

で、渡辺牧場生産馬のキゼンラックが登場しましたsign03

女性を籠絡する天性の才能 プレイボーイなキゼンラック/動画

ぜひ、ご覧くださいsign03

 

キゼンラックは

『馬の瞳を見つめて』に登場していましたので

お読み下さったお方は

「ああ!あの馬!」と

思い出して下さるかもしれませんね。

 

その後のキゼンラックが、どんなに愛情たっぷりの中山さんご夫妻様の元で

幸せに生きてきたか

とてもよく伝わってきて

微笑ましくて、心がほんわか温かくなり

また、とても嬉しい気持ちになりました。happy02

 

キゼンラックは、リンドショウグンの一番上の兄です。

この兄弟姉妹は、1頭も行方不明になりませんでした。

妹2頭は、渡辺牧場で亡くなりましたが

他のコたちは、それぞれの場所で元気に暮らしています。

 

キゼンラックは、母のキシュウラックに似たのだろうなぁと思います。

命がけで産んでくれた母も、きっと見守ってくれていることでしょう。

 

それにしても・・・

姫ちゃんのなんて可愛いことでしょう。heart04

ラック~、姫ちゃんに優しくしてあげてね。coldsweats01

 

【関連記事】

apple netkeibaの連載『第二のストーリー ~あの馬はいま~』 2014年9月23日記事

apple netkeibaの連載 『第二のストーリー~あの馬は今~』 会員さんのストーリー 2014年11月29日記事

 

佐々木祥恵さん、いつも素晴らしいコラムを、どうもありがとうございます!

2016年1月23日 (土)

セイントネイチャー 蹄底の痛み

1月11日の夕方

セイントは、1頭だけ離れて佇んでいました。

 

雪が積もらず、地面がガチガチに凍る日が続いていたので

蹄葉炎の持病を持っているセイントは

蹄底が痛くなってきていたのでした。

 

翌朝・・・12日の朝です。 

20160113_01

 

雪はうっすら・・・

20160113_03

 

他の馬たちを放牧した後、セイントには待っていてもらって

両前脚に蹄鉄をはかせました。 

20160113_04

20160113_05

20160113_07

 

まずは左前脚にはかせたところです。 ↓ shoe

20160113_08

20160113_10

 

両前脚に、はかせ終わりました。 ↓ shoe shoe

20160113_12

 

この後、放牧しました。

 

その後、雪が積もり、蹄底は、より楽になったと思います。snow

気の向くままに放牧地の中を歩き回れるようになりました。

よかったね。clover

2016年1月22日 (金)

ケイウンニシキが乗馬クラブへ♪

今朝、6時40分ころ

ケイウンニシキが、えにしホースパークさんに horse

乗馬として旅立ちましたsign03

20160122_05

輸送は、昨年7月に帰郷した時の、ホース運輸さんにお願いしました。

馬を丁寧に運んで下さると、昔から定評があります。

この度は、道中が寒いので、馬運車用に馬服と

保護用の肢巻きを貸して下さいました。

20160122_06

えにしホースパークさんには

生産馬のオーシャンカラーと、ケイウンヘイローが

既に、お世話になっています。

20160122_07

オーシャンカラーは、ヒカルの兄です。

ニシキとは母同士が姉妹なので、「いとこ」にあたります。

 

ケイウンヘイローは、ナイスネイチャの娘の子です。

また、ケイウンヘイローは、リンドショウグンの妹の子にもあたります。

 

先輩たちが待っているよ。happy01

20160122_08

つい先日、セイントとヒカルと一緒の放牧地に入れた時には

まだ、このお話は無かったのです。

 

その後、急展開・・・受け入れのお話をいただきました。

人と馬のご縁があったのですね。clover 

本当に、ありがたいことです。

20160122_09_2

えにしホースパークさん、今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m

 

ニシキ~shine

元気で幸せに、頑張ってね。heart04

 

【23日追記】 ケイウンニシキは、無事に到着したそうです。happy01

渡辺牧場だより 2016年1月20日分

認定NPO法人 引退馬協会

sun渡辺牧場だより 2016年1月20日分 happy01 です。

http://rha.or.jp/f/wata/2016/01/2016120.html

フォスターホースの

ナイスネイチャ、セントミサイル、ウラカワミユキ、マザートウショウの

近況報告を書いています。

ぜひご覧ください。happy01

 

登場している春風ヒューマのブログは、こちらです。

春風ヒューマの会 ~トウショウヒューマ応援団~

2016年1月19日 (火)

穏やかにお天気が回復 2016年1月19日

昨日までは、天気図を見て心配していました。snowtyphoon

夜中は風雪が強かったですが

雪の量は大したことなく

今朝はいつもより遅れましたが

穏やかになったので全馬を放牧できました。 (40秒)

動画はミユキと春風ヒューマを放牧したところです。

午前10時前です。

ほとんど風が無いことがおわかりいただけますでしょうか。

どうぞご安心下さい。confident

 

apple ミユキ放牧直後2016年1月19日  (10秒)

とても気持ちよさそうに、ゴロンゴロンして

新雪に顔を何度もすりすりしていました。

そこを撮り損ねましたが

立ち上がってからの顔を見ると

雪がいっぱい付いていて、かわいいです。lovely

 

次の馬が放牧を待っていたので

ゆっくり撮れず、すみません。sweat01

2016年1月18日 (月)

ファン・ニシキをセイント・ヒカルの放牧地へ 2016年1月10日撮影

なかなか写真と動画の整理が進まなくて

記事にするのが遅くなってしまいました。

そうこうしているうちに、状況がどんどん変わってきました。

少しずつ、ご報告しますね。happy01

***************************************************

奥の広い放牧地を使っていたエイアイファンケイウンニシキ

その手前のセイントネイチャーヒカルの放牧地に一緒に入れました。

この2ヶ所は繋げて使えるので、4頭になっても広さは十分です。

 

apple ファン・ニシキをセイント・ヒカルの放牧地へ 2016年1月10日①  (1分51秒)

手前から向こうに歩いて行く2頭がエイアイファンとケイウンニシキです。

(色の薄い同じような馬服を着ています。)

 

向こうの牧草ロールのところにいたのが

セイントネイチャー (茶色チェックの馬服) と

ヒカル (パープルの馬服・・・お腹のカバーが外れて垂れてしまっています) です。

 

左隣の放牧地で、野次馬に来たメテ。

後から、ナイスネイチャとセントミサイルも

なになに!?どうした!?と野次馬に参加しています。bleah

 

果敢に勢力争い?をするセイントとエイアイファン。coldsweats02

興味津々なヒカル(笑) smile

怖くて逃げだすニシキ。 sad

それぞれの個性がはっきり出ていました。

 

apple ファン・ニシキをセイント・ヒカルの放牧地へ 2016年1月10日②  (1分48秒)

ニシキに注目して見ていると

ちょっと面白いです。

東隣りの放牧地のキャプテンベガも

何ごとか?と寄って来ました。

 

この数時間後、犬の散歩中に様子を見た時には

セイント(左)とニシキ(右)が2頭仲良く、くっついて草を食べていて 

20160110_04

 

70m位離れたところで

ヒカル(右)とエイアイファン(左)が2頭仲良く草を食べていました。 

20160110_02

 

その後、4頭は一緒に1つの牧草ロールを囲んで食べていました。 

20160110_05

 

雪が降ってきました。 snow

左から、ニシキ、ファン、ヒカル、セイントです。

20160110_06

 

出入りの時に、4頭がワーッと押し寄せて

出て行かれないように

出入り口を二重にしました。 

写真ではわかりづらいかもしれませんが・・・

安心して出入りさせられます。

20160110_07

 

仮牧柵をしっかりさせるために

コーナーに牧草ロールカゴを使い

今は、ここに乾草のロールを入れてあります。

20160110_08

2016年1月15日 (金)

ランスルー・ハゴ 2016年1月8日撮影

1月8日、娘がランスルーとハゴの写真も撮ってきました。

グリッターベガランスルー・ハゴを撮ったところで

今回は時間切れだったようです。

20160108_62

                    ランスルーの表情がとってもかわいいです。lovely ↑↓

20160108_63_2

                     ランランnote

20160108_64

ここからは、ハゴです。

20160108_65

今日の時点で、少しですが、まだ顎の傷から膿が出ていました。

治りがとても遅いです。

20160108_66

この翌日からは、グリッターと放牧する場所を交換して

今は、ランスルーとハゴは、丸馬場にいます。

20160108_67

20160108_68

20160108_70

2016年1月14日 (木)

地震は大丈夫でした!

お昼に浦河沖震源で

震度5弱の地震がありました。

馬たちもびっくりしたようですが

みんな大丈夫です。

ご安心下さい。happy01

2016年1月11日 (月)

ケイウングリッター 2016年1月8日撮影②

特に、馬房で裏戸を開けていると

外に向かって激しく熊癖(ゆうへき)をします。

首の前の一部、毛がはげてしまっているのは (馬服のベルトの上あたり)

こすってできた傷の痕です。

20160108_21

なので、グリッターの裏戸は中に入っている時は

開けないことにしました。

夏は暑いので、対策を考えないといけないですね。

20160108_23

 

人参のおかわりです。happy02

20160108_26

20160108_27

馬房の中で、寝起きが少しでも、しやすいように

広い馬房に移動させました。

また、脚さばきの良い(脚にからまらない)麦ワラを敷料に使うようにしました。

20160108_28

20160108_33

昨年は一時期

「渡辺牧場で今一番命の危機にあるのは、このコかもしれない」

と思いましたが

そんなひどい状態は乗り越えたように思えます。

20160108_40

この写真の翌日からは

ハゴとランスルーが使っていた狭い放牧地に移動させました。

グリッターは、そこまで歩くのに、それほど苦労しない状態になりました。

20160108_41

逆に、ハゴがそこまで歩くのがかなり大変になり

ハゴとランスルーは、グリッターがいた大きい丸馬場の方が、いくらか近いので

そちらに放牧することになりました。

20160108_42

20160108_43

ケイウングリッター 2016年1月8日撮影①

娘がケイウングリッターの写真を沢山撮ってきました。

(2回に分けて掲載します。)

 

グリッターは、後ろ脚の動きが、まだまだ良くないのですが

獣医さんの治療後、一番ひどい時 (馬房から出られなかった頃) よりは

ずっと良くなっているようです。

歩けていること、寝起きができることは安心材料です。

 

20160108_03

 

大好きな人参を切って、あげてくれました。

よかったねnote グリッター delicious

20160108_05_2

 

穏やかな目です。

20160108_06

20160108_07

 

口元をこちょこちょ?(笑)

20160108_09

20160108_12

 

穏やかな晴れでした。sun

20160108_13

 

優しい目ですね~

20160108_15

20160108_16

 

食べているのは、二番草の乾草です。

20160108_19

2016年1月10日 (日)

オーちゃん 2016年1月9日朝撮影

オーちゃんは、気付くとすぐに寄って来るので

まずは自然な姿を・・・と

離れたところから撮りました。

 

青空も出ていましたが

太陽が雲に隠れていて、少し暗く写りました。cloudsun

20160109_73

雪が薄いので

下に隠れている草を食べていました。

20160109_74

20160109_75

20160109_76

ん?

20160109_77

あっ!shine

20160109_78

 

apple オーちゃん 2016年1月9日朝①  (29秒)

渡辺牧場にやって来て3週間のオーちゃんです。

撮影者側の道路が高い位置にあるので、見下ろす形です。

 

apple オーちゃん 2016年1月9日朝② (26秒)

放牧地の中に入ると、まっすぐに寄って来て

積極的に、カメラの様子伺いをしました。(笑)

人参隠してない?って・・・(笑)

馬房にいる時も、近づくとすぐに寄って来ます。

オーちゃん 2015年12月26日撮影

新しい馬服を初めて着た日です。new

暖かそうです。confident

20151226_05

左見て・・・

20151226_06

右見て・・・

20151226_07

左折します~

20151226_08

馬服はまだ、袋の中に折り込まれていたシワがそのままです。 

20151226_10

どう?shine

20151226_11

20151226_12

あどけないお顔・・・

オーナーさんは、このコにメロメロです。lovely

20151226_14

オーちゃん、幸せだね・・・clover

20151226_15

2016年1月 8日 (金)

リンデンレオとサラ(シャンハイピット) in 十勝

ノースポールステイブル ☆アトリエ鼓動 の

氷野さんから 

生産馬、リンデンレオサラ (競走馬名はシャンハイピット) の写真をいただきました。

 

大豆くん(左)を相手に

立ち上がっているのがリンデンレオ(右)です。 

(写真はクリックすると大きくなります)

元気元気~upですね~ happy01

 

大豆くんは1才の時、蹄に問題が出て、競走馬になれないと言われた馬です。

こういう場合、ほとんどは処分されてしまうのですが

ご縁あって、氷野さんご夫婦が引き取られたのでした。

今では、明け16才です。clover

13reodaizu40

 

チョウスケ(左)と、レオ(右)です。 

チョウスケはサラブレッドではなく、中間種です。

13reotyousuke40

 

サラです。

元気に雪の上を駆ける姿を見られて

とても嬉しいです。happy02

 

サラは、リンドショウグンの、3つ下の妹です。

他にも、兄のキゼンラック、ダイワウインダム

姉のマキヒメ、弟のグランデラバー (現在の名はドーベル) が

それぞれの場所で、元気でいます。

1217sara40

氷野さん、いつも、本当に

どうもありがとうございますsign03 clover

2016年1月 7日 (木)

ヒカル・セイント 馬服壊し現場 2016年1月5日

半月ほど前にも馬服を壊して使えなくしてしまったヒカル(右)です。

昨年12月19日、馬たちを迎えに行こうかという時間に

あれっsign02

ヒカルが裸sign02 coldsweats02

西日に向かって逆光になっていたので、わかりにくいですが

赤丸で囲ったところに脱ぎ捨てられた馬服が落ちていました。

Photo
金具の部分から壊れていたので

すぐには修復できません・・・wobbly

それからは、代用の馬服を使っていますが

先日、カメラを持っている時に

同じことを繰り返そうとしている現場を押さえました!  (40秒) movie

 

なんと、セイント(左)が手伝っているではないですか!shock

 

そういえば、昨冬もそんなことがあったような・・・?

 

ヒカル 「ボクの服に知恵の輪が付いてるんだ! なかなか外れないなぁ」

セイント 「どれどれ、任せな!」

動画を少々撮り終えた私 「こらこら~!やめなさいやめなさ~い!」

と、止めに入ったのは、言うまでもありません。(苦笑)

 

そして

「噛むなら、こっちを噛みなさい」

2頭の気を紛らわせるために

ポケットから人参片を出してあげたのでした。(笑)

2016年1月 6日 (水)

渡辺牧場だより 2016年1月5日分

認定NPO法人 引退馬協会

sun渡辺牧場だより 2016年1月5日分 happy01 です。

http://rha.or.jp/f/wata/2016/01/201615.html

フォスターホースの

ナイスネイチャ、セントミサイル、ウラカワミユキ、マザートウショウの

近況報告を書いています。

ぜひご覧ください。happy01

 

登場している春風ヒューマのブログは、こちらです。

春風ヒューマの会 ~トウショウヒューマ応援団~

ハゴ・ランスルー 2015年12月20日、26日撮影・輸入種牡馬について

写真は昨年12月20日撮影です。

すっかり遅くなって、申し訳ありません。 m(_ _)m sweat01

 

牧草カゴに隠れている方がランスルー 

右側がハゴです。 ↓    (写真はクリックすると大きく見られます)

20151220_84

                   ハゴちゃんです 

20151220_85

20151220_86

ランスルー、歯に草がひっかかったのかな? 

20151220_87

ランスルーは、普通に歩くことができています。

行きも帰りも、ランスルーが先に到着して

かなり遅れて来るハゴを呼びます。

この、呼ぶ声が

ハゴにまた歩き出すをくれます。

20151220_88

ランスルーを先に到着させてから

一人がハゴのところに戻って来て

ハゴの後ろから、歩くように手を貸します。

 

馬はたいてい、後ろから人に軽く合図されると歩くものですが・・・

ハゴは、慣れきっていることと

やはり痛みがあることで、反応が鈍くて

なかなか歩きません。

20151220_89

               こちらは、ランスルーです。 良く似ていますね。 gemini cherry

20151220_90

最近、スキャンのお話がありましたが

clover  外国産種牡馬スキャン号ご支援のお願い

このほど、スキャンが引退馬協会さん所有であり続けることと

荒木牧場さんに居続けることができることが決まったそうで

本当に良かった良かったですsign03

tulip スキャン号の今後について

 

20151220_91

『馬の瞳を見つめて』をお読み下さった方々はご存知と思いますが

ランスルーの父、テリオスも外国産輸入種牡馬でした。

 

ランスルーの現在のオーナーさん、貴美さんは

そもそも、テリオスが大好きで、テリオスの余生を助けたかったのでした。

もう20年以上前

貴美さんは、とても努力されて、テリオスを探し

それがきっかけで、私は貴美さんと出会い・・・

 

残念なことに

テリオスを助けるには間に合わず、処分されていたと知りました。

その娘、ランスルーを、貴美さんは今も養い続けて下さっているわけです。

 

過去には、ケンタッキーダービー馬、ファーディナンドの悲劇もありましたね・・・

Wikipedia にも、そのことが書かれています。

 

メテのオーナーさんが活動して来られた

ノーザンディクティター、プルラリズム(メテのお父さん)

また

ナイスネイチャの父、ナイスダンサーも、輸入種牡馬の余生について

問題提起をしてきてくれたと思います。

 

「海外から輸入された種牡馬は、一般の人々には馴染みが薄く、それゆえに引退後を心配する人も少ないだろう。」

  (『馬の瞳を見つめて』~ナイスダンサー~より)

 

それでも、そういう馬たちに救いの手を差し伸べて下さる心優しい人たちが沢山いらっしゃると

今回のスキャンのことでも、よくわかり、感動しています。

 

助けられた馬は氷山の一角です。

人間一人一人が

なぜ人間に生まれてきたのか、なぜその馬と関わったのか

その馬のために、人間として出来る努力は無いのか?

「せめて、こうしてあげよう・・・」

「しないよりずっといい・・・」

ということだけでも

せっかく自由な豊かな時代と国に生まれた人間なのだから

特に馬と直接関わる人々は

考えて

馬の立ち位置に自分の心を飛ばし、馬の震える気持ちを想像して

行動したとしたら

どんなに馬たちの状況が変わることかと思います。

 

                ランスルー  

20151220_92

ハゴの顎の下は、少しずつ良くなってきていますが

完治に時間がかかっているのは

クッシング病が関係しているのではないかと思われます。

20151220_93

                ハゴちゃん・・・ゆっくりがんばろうね。

20151220_94

apple ハゴ2015年12月26日撮影 (28秒)

ハゴが朝、放牧地に向かうところです。

蹄底をかばって、できるだけ草の生えた柔らかいところを歩こうとします。

 

最近は、もっと歩かなくなり

少し歩いては立ち止まって

しばらくの間、後ろから押しても動こうとせず、じっとしています。

脚が痛いのでしょうね。despair

ランスルーが呼ぶ声が聴こえます。

2016年1月 2日 (土)

新年を迎えた馬たち②

apple 新年を迎えた馬たち①

の、続きです。

 

セイントネイチャーです。

カメラを持って入ると、寄って来ました。

見ている先には、ミサイルがいました。

20160101_28_2

 

ヒカルです。

どうも、自分で自分の馬服を壊してしまっているようです。(苦笑)

代用の馬服は、以前ナイスネイチャも馬服修理中に代用していたもので

大活躍です。(笑)

しかも、この馬服、丈夫です。

20160101_24

 

リンドショウグンです。 

その後も、疝痛は無く、落ち着いて過ごしています。

12月に、プリンちゃんの隣の馬房に移りました。

プリンちゃんとは相性がいいです。

20160101_80

 

キャプテンベガです。

いつもは写真を撮りに行くと

グイッポ (さく癖) していることが多いですが

この時は違ったポーズを撮れました。happy01

穏やかな優しい表情ですね。confident

20160101_40

 

ケイウングリッターです。

専門の獣医さんも「ひどい・・・」とおっしゃるくらい、後ろ脚がかなり悪いです。

1週間、間を置いて、2回、ツボや筋肉に注射して下さいました。

20160101_07

 

サッフォーです。

ものすごい元気で元気で

時々、地響きたてて、牧柵にぶつかるのでは?と思う勢いで走っています。shock

でも、ぶつからないので、わかっているんでしょうが

迫力あり過ぎです。coldsweats02 (笑)

20160101_51

 

ケイウンネイチャーです。 

いい顔してますね~heart01

まどろんで、うとうとしていました。

20160101_49

 

エイアイファン(左)と、ケイウンニシキ(右) です。 ↓

片道250mくらい歩いて、奥の広い放牧地に行きます。

まだまだ子供っぽいところがあります。wobbly

2頭、よく近くで一緒に草を食べています。

20160101_21_01

 

オーちゃんです。 

クリスマスイブに、新しい馬服が届きました。xmaspresent

若いのですが、芦毛なので、将来、メラノーマになる可能性があるので

少しでも皮膚を保護した方がいいかなと

首カバー付きの馬服にしていただきました。

20160101_84

 

シロちゃんです。dog 

散歩に行くと、しなびてしまったミミズを探して食べるのが楽しみのようです。shock

20160101_16

以上、元旦の馬たちでした。

 

今日、2日は打って変わって、荒れた天候です。

朝のうちは雪が降り、後、時々雨が降り snowrain 

風の音が空の上で唸っていました。typhoon

新年を迎えた馬たち①

元日は、朝のうちは穏やかな晴れでしたがsun

だんだん風が強くなってきました。

 

午後は風が更に強くなり、曇りがちになったので cloud typhoon

やはり寒かったです。

でも、荒れた天気ではなく、穏やかな一年の始まりでした。

 

お陰様で、皆、穏やかに新年を迎えることができました。fuji

本当に、どうもありがとうございます。

 

元旦のウラカワミユキです。 

変わりなく、元気です。

20160101_56

 

春風ヒューマも元気です。

草を食べるのに一生懸命でした。

20160101_61

 

ナイスネイチャ、セントミサイル、メテオシャワーの放牧地に向かうと

近いところで、メテが牧柵に向かって「さく癖」をしていました。 

私の下手な口笛で、こっちを向いてくれました。(笑) notes

キリッと、いい顔してますね。wink

20160101_07_01

放牧地の真ん中あたりにナイスネイチャがいて 

草を食べていました。

顔を上げてくれました。

すっきり、いい顔。wink

20160101_11

放牧地のもっと奥の方に、セントミサイルがいました。

下を向いて草を食べ続けているので、顔を上げさせようと

顔を撫で撫でしたら

ジャンパーを噛み始め、いつものミサイルでした。(笑) ↓ bleah

20160101_15_01

 

マザートウショウのお尻越しに顔を出していたキララです。

20160101_28

マザートウショウは、眠そうでした~sleepy 

20160101_26

 

ランスルーは逆光になる向きでしたので

こっち向いてと人参で誘いましたが

顔だけこっちに向けて

体は動きませんでした。(笑) coldsweats01 

20160101_46

 

ハゴは、まどろんでいました。

この2頭がいるところは

北側にお隣のお家が建っているので、冷たい北風を避けられます。

20160101_42

 

ダイマジン(左)と、プリンちゃん(右)です。

相変わらず、仲がいいですね~heart01

20160101_22

                 (写真はクリックすると大きくなります)

apple 新年を迎えた馬たち②

に、続きます。

2016年1月 1日 (金)

渡辺牧場から見た初日の出・お知らせ

昨年は大変お世話になり、どうもありがとうございました。

今年も、どうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m

 

新しい年が皆様にとりまして、素晴らしい年になりますようにsign03

 

今朝はマイナス5℃くらいで、穏やかな新年を迎えました。

初日の出を見逃さなければいいなぁと思ったら

タイミング良く、見られました。sunfuji

20160101_01

あまりにも綺麗だったので、何枚も撮ってしまいました。shinesun

20160101_03

20160101_04

20160101_08

20160101_12

20160101_13_2

20160101_17

20160101_18

20160101_19

先ほど、新年を迎えた馬たちの写真を撮ってきました。

今日か明日、掲載したいと思っています。

(いつも遅くて申し訳ありません。)

 

【お知らせ】

里親会の会報第7号を発行しました。

普段、パソコンメールはあまり確認されない会員さんもいらっしゃると伺っていますので

この場でお知らせします。 

お時間が取れましたら、ご覧下さいませ。mailto pc

 

携帯アドレスのみ、ご登録の会員さんには

30日に郵便局本局が閉まるギリギリに投函したため

1月2日着になるかも・・・とのことでした。sweat01

申し訳ありません。sweat01

 

また、もしも、届いていない会員さんは、お手数ですが

私に、メールでもお電話でも、お知らせ下さいませ。

どうぞよろしくお願いいたします。

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

ホームページはこちらです

渡辺牧場~引退馬達の近況~  (次男が管理しています)

  • 渡辺牧場~引退馬達の近況~border=
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ