« 第二のストーリー~あの馬はいま~ キゼンラックです!♪ | トップページ | 2016年1月20日 シロちゃんの散歩① »

2016年1月27日 (水)

浦河では珍しい『雪まくり』2016年1月14日

夜中のうちに、何センチかくらいでしたが

雪が積もっていました。

でも、いつも見る風景とは違っていました。

いつもは何の跡もなく、表面がきれいに、ただ一面に雪が広がっています。

 

ナイス、ミサイル、メテの放牧地。 ↓ 朝、放牧する前、まだ踏み荒らしていない風景。

20160114_13

 

なのに、この日の朝は、あちこち至る所に

大小様々な大きさの雪の塊が散乱していました。

 

お昼、シロちゃんの散歩の帰り道 

20160114_16

 

こうすると、わかりやすいかな?と引き手を向こう側に垂らしてみました。 

ドーナツのように、真ん中に空洞がありました。

ロールケーキのような?

20160114_19

 

北海道の雪は乾いていて、サラサラのことが多く

強い風が吹くと、地吹雪になって飛ばされることが、ほとんどです。

たまたま、この日の雪は、湿気があったのでしょう。

 

雪だるまを作る時、小さな丸い雪玉を転がして大きくするように

自然の力、風が雪玉を作ったということなのでしょうね。

 

本州の雪の多い地方では珍しくないそうです。

『雪まくり』の他

地方によって、また、海外でも、様々な呼び名があるそうです。

 

浦河では珍しいので、地元の新聞に載ったり

翌日の自治会婦人部(絵笛)の総会の時も、ご近所の奥様方の間で

話題になっていましたよ。

20160114_20

 

セイントネイチャーです。 

20160114_21

 

この頃は、まだいたケイウンニシキ。

好奇心旺盛で、犬の散歩で通ると必ず寄って来ました。 ↓ 

20160114_22

 

左から、ケイウンニシキ、エイアイファン、ヒカルです。 

20160114_25

 

通路の反対側の放牧地で、牧柵近くにメテがいました。 

この日、これを撮った1時間ほど前に、浦河沖を震源とする震度5弱の地震がありました。

「メテさん、地震、びっくりしたね」 (by 私)

20160114_26

 

さく癖したいの? (by 私)

20160114_27

 

見たいの? (by メテ)

20160114_28

 

約1時間の昼食タイムを終え  

再度、放牧地に出るところです。 ミユキ 

20160114_30

春風ヒューマ と一緒に外へ 

20160114_33

*************************************************************

えにしホースパークさんのブログに

ケイウンニシキが、とっても大きく載っていました

ぜひ、ご覧下さい

http://blog.ehp.chu.jp/?eid=393

本当に、ありがたいことです。 

« 第二のストーリー~あの馬はいま~ キゼンラックです!♪ | トップページ | 2016年1月20日 シロちゃんの散歩① »

ウラカワミユキ」カテゴリの記事

ヒカル」カテゴリの記事

セイントネイチャー」カテゴリの記事

犬のシロ」カテゴリの記事

春風ヒューマ」カテゴリの記事

ケイウンニシキ」カテゴリの記事

エイアイファン」カテゴリの記事

ホームページはこちらです

渡辺牧場~引退馬達の近況~  (次男担当でしたが2018年8月で停止しています)

  • 渡辺牧場~引退馬達の近況~border=
2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ