« 街頭啓発活動 時間変更のお知らせ | トップページ | ナイスネイチャ・ミサイル・メテ 2016年10月16日~オーパパさんより~ »

2016年11月 3日 (木)

セイントネイチャー・ヒカル 2016年10月16日~オーパパさんより~

オーちゃんの人間のパパさんが

(“オーパパさん”と私が勝手に名付けさせていただきました。 )

10月16日にお越しの時の写真を送って下さいました。

ヒカルとセイントネイチャーです。

どうもありがとうございます 

 

人を見つけると、すぐに寄って来るヒカルです。 

Dsc_1265

数日後に、去勢手術を控えたオーちゃんのことが

心配で心配でならなかった、オーパパさんとオーママさんでしたが

ヒカルとセイントネイチャーの写真も撮っていて下さったのですね。

 

オーちゃんの手術については

実は、この、ヒカルの去勢手術の時のことを参考にしていたのでした。

【関連記事】オーちゃん去勢3日後 2016年10月24日 朝 ①②

                           ↓ ヒカル

Dsc_1266

ヒカルは2010年秋に

脚元など、健康上の問題は無かったのですが

競走馬としては差し障りがあるくらい気性が「うるさい」(激しい)という理由で

引退になりました。

まだ、3才という若さでした。

 

引退後、帰郷しましたが、乗馬に送り出すことは難しいと考えました。

ずっと生産馬たちを心配して下さっていた、今のヒカルのオーナーさんが

ヒカルの人間のママさんになって下さると申し出て下さり

ヒカルに生きる希望が 

 

ヒカルには辛かったであろう競走馬時代の名前とは別に

新しく「ヒカル」という

まさにその名の通り、輝かしい

未来に希望の持てる名前を付けて下さったのでした。

               後ろから近づいて来るのはセイントネイチャー

Dsc_1267

翌年の12月・・・

片方が「腹腔内停留精巣」であったヒカルは

その中でも特殊なパターンで

吸入麻酔での難しい去勢手術を受けました。

 

そばで見ていた私は、こういう難しいパターンもあるんだ・・・と知ったため

オーちゃんも、外見上そうなる可能性が少しでもあるかと思って

ヒカルを執刀して下さった同じ獣医さんに執刀していただきたく

お願いしました。

もちろん、腕の良い獣医さんは多くいらっしゃいますが

ヒカルの時、難しそうな場面を上手くこなして下さったのを

「この目で見た」という確実さから、そうしたいと考えたのでした。

 

やんちゃなヒカルでも、セイント親分(右)には敵わないんです。↓ 

Dsc_1272

結果として、オーちゃんは「腹腔内停留精巣」ではなかったため

ヒカル先輩ほど難しい手術にはならず・・・良かったね

 

「ボクは、ヒカルが馬服を脱ごうと(壊そうと)してるのを

手伝ってあげるような、優しい親分なんだよ。

と言ってる?セイントネイチャー

Dsc_1287

【関連記事】ヒカル・セイント 馬服壊し現場 2016年1月5日

« 街頭啓発活動 時間変更のお知らせ | トップページ | ナイスネイチャ・ミサイル・メテ 2016年10月16日~オーパパさんより~ »

ヒカル」カテゴリの記事

セイントネイチャー」カテゴリの記事

オーちゃん」カテゴリの記事

ホームページはこちらです

渡辺牧場~引退馬達の近況~  (次男担当でしたが2018年8月で停止しています)

  • 渡辺牧場~引退馬達の近況~border=
2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ