« 渡辺牧場だより 2017年3月5日分 | トップページ | リンドショウグンのお葬式 2017年3月8日 »

2017年3月 8日 (水)

リンドショウグンの最後の日 2017年3月6日

ご報告が遅れ、申し訳ありません。

3月6日17時53分ころ

リンドショウグンは、安楽死の処置をしていただき

天国へ旅立ちました。

 

この日、午前に、引退馬協会の「渡辺牧場だより」の写真を撮って回っていました。

ミサイルの写真を撮ろうと丸馬場に向かうと

隣の丸馬場のリンドショウグンの両前脚の浮腫みが随分引いて

かなり、すっきり見えました。

 

しかし、鼻の穴を膨らませていて、呼吸がまた辛そうになっていました。

 

この時、リンドショウグンは極寒用の馬服を着ていたので

暑いせいもあるかもしれないと思って、脱がせました。

20170306_41

全て、6日午前9時半頃の写真です。

 

首の左の腫瘍部分には

メラノーマに効果があると情報をいただき

「カバノアナタケ茶」をスプレーしていましたので

茶色く見えます。 ↑

また、かなり痩せています。↑

20170306_42

20170306_43

馬服を脱がせてお腹を見ると、速い腹式呼吸になっていて、首には汗をかいていました。

汗は病気のためで、日頃から暑くなくても、かいていたのですが・・・

 

とりあえず、牧場長や次男にも電話して来てもらい

相談して、中間期用の馬服に取り替えました。

20170306_80

20170306_81

この時、会員さんが送って下さった青草を一口だけ食べて

後は、食べられず・・・

人参も、メロンも食べられず・・・

 

呼吸のツボのマッサージをしましたが、あまり変わらず・・・

20170306_82

その後、午前中は確かに引いていた浮腫みが

夕方までには、驚くほど、また浮腫んでいました。

 

左前脚が痛くて動かせず、馬房に帰れないので

獣医さんに痛み止めを打っていただこうとお電話しましたが

獣医さんの到着前に、何とか、バックで歩かせて、馬房に入ることができました。

 

呼吸は午前よりも更にひどくなり

熱を測ると、41℃も!

呼吸が速くなり、人参も食べられないはずです。

 

これまで、お尻のケガの時以来、高熱になることはありませんでした。

1週間前の呼吸の発作の時も熱は高くありませんでした。

 

フレグモーネの症状に似ていましたが

両前脚いっぺんにというのは、考えにくいことでした。

しかし、難しい病気が、そのような、異常な状態を引き起こしているのかもしれません。

 

ここで、解熱剤や痛み止めや、抗生物質の治療を受ければ

数日かけて、一旦は、少しは治まるかもしれませんが・・・

その後の未来に希望が持てない病状です。

また、その後も短い期間に、辛い症状は頻発するでしょう。

時とともに新しく更に重い症状が出るようになっていました。

 

私たちが、自分の仕事をしている時間も

家の中で食事をとっている時間も

夜、眠っている時間も・・・

 

リンドショウグンは、その1分1秒を1人で苦しみと闘い続け

つらく、苦しく痛いのは、彼にしかわからないのだと思うと

その先に、健康な未来の可能性がほとんど無いのなら

もうこれ以上、先延ばしにするのは

リンドショウグンも、私たちも辛いので・・・

この時、とうとう、安楽死の決断をしました。

 

獣医さんには、それを意識し出してから

いつかは安楽死することをお願いしてありました。

 

大量の麻酔薬を用意して来ていただく間

次男とも話していました。

 

心残りは

5月に会いに来たいとおっしゃっていた、お世話になった乗馬クラブの方々に会っていただくのが間に合わなかったことと

美味しいものをたっぷり食べながら死なせたかったけれど

それが叶わなかったこと・・・

 

そう言いながら

ダメ元で、再度、青草を口元に向けると

リンドショウグンは、ひと口だけ、青草を食べてくれたのでした。

ふた口目は食べられませんでした・・・

 

私たちの無念な気持ちを察して

41℃もの高熱の状態でいながら

無理してでも食べてくれたのだと思います。

 

こんな高熱で普通は食べられるものではないでしょう・・・

口元に色々と持ってきて、悲しい口調で話し合う人間たちの気持ちを察して

心優しいリンドショウグンは

最後に精一杯頑張って、応えてくれたのでした。

 

ショウグン、ごめんね。

天国で、キシュウラックママも、クロちゃんおばあちゃんも

姉のナイスラック、妹のケイウンビューティも、同級生のコユキも

ちゃんと迎えてくれるからね。

 

鎮静剤の後

獣医さんに麻酔薬を多くしていただけるようお願いして

最後のパコマで

リンドショウグンの魂は、つらかった体から抜けて行きました。

 

翌日、7日は、親戚からお借りしたユンボを山に運んでいただいて

穴を掘るところまででした。

 

今日、8日

遺体を馬房から出し、埋葬して来ました。

 

次男が既にFacebookで載せたそうですが

私は、いつも遅くて申し訳ありませんが

明日、まとめたいと思います。

« 渡辺牧場だより 2017年3月5日分 | トップページ | リンドショウグンのお葬式 2017年3月8日 »

リンドショウグン」カテゴリの記事

ホームページはこちらです

渡辺牧場~引退馬達の近況~  (次男担当でしたが2018年8月で停止しています)

  • 渡辺牧場~引退馬達の近況~border=
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ