« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月27日 (火)

ウインダムとプリンちゃん 2017年6月20日

6月20日にウインダムのオーナーさんが撮ってくださった写真です。

 

 

ウインダムがお隣のプリンちゃんをじっと見つめています。

 

「ねえねえプリンちゃん、こっち向いて!

お話ししようよ。wink

1_2

 

しかし、プリンちゃんは気づかず・・・

諦めて草を食べ始めるウインダム。

Photo

 

と同時に、プリンちゃんが顔を上げて 

ウインダムをじ~と見つめます。(笑)

「ウインダム、気づくかな~」

Photo_2

 

しかしウインダムは、食べるのに夢中です。

Photo_3

 

プリンちゃん、残念。think

Img_9471

 

と思ったら、今度はウインダムが顔を上げました。

プリンちゃんは、気づかず…coldsweats01

Photo_4

7

 

ウインダムが顔を背けたとたんに顔を上げるプリンちゃん。(笑)

一向に目が合わない二頭。

Img_9479

 

結局、ウインダムは去って行きました・・・

Photo_5

 

プリンちゃん、残念。think

Img_9508

どこまでもすれ違う二頭でした。

 

一方、そのころのダイマジン。delicious

9

2017年6月26日 (月)

アルテミス 2017年6月23日

6月23日

犬のディアの散歩をしながら撮影しました。

20170623_07

20170623_05

ディアに興味を示し近寄ってきたアルちゃんと、その後ろにオーちゃん。

ディアの挑発に時々びっくりしながらも、牧柵より中には入って来ないとわかると

余裕の表情で草を食んでいました。

 

20170623_11

20170623_28

20170623_04

 

20170623_12

20170623_26_2

オーちゃんもディアに興味津々のようです。

 

アルちゃんは首を伸ばして

牧柵越しの草を食べていました。(笑)

20170623_25

 

20170623_16

20170623_15

2017年6月24日 (土)

オーちゃん 2017年6月20日

6月20日にウインダムのオーナーさんが撮ってくださった写真です。

この日の前半は、それまで使っていた夏用馬服がひどい破れ方をしたので

着せられないでいました。

Img_9626

何せ、洗濯することが多くて・・・

生地が擦れて薄くなってしまったからでしょう。

可愛いお顔 lovely

Img_9679

綺麗な馬体ですね。shine

Img_9711

その後・・・

向こう側は、アルちゃんです。

Img_9935

この馬着はリンドショウグンに着せていたもので

あちこち無数に大きく破れていたので

修復できそうにないと諦めていましたが

ウインダムのオーナーさんが時間と手間を掛けて丁寧に修復して下さり

この日、持ってきて下さいました。

Img_9940

 

Img_9959

 

下の写真のお尻の部分も、レースカーテンを使ってアップリケしてくださいました。

本当に、ありがとうございました。

Img_9966

先に奥の方に行ったアルちゃんに

Img_9971

オーちゃんもついて行きました。

Img_9994

オーちゃんの新しい夏用馬服がもうすぐ届きます。

ミユキ、春風ヒューマ、ハゴ(今夏からはランスルー用)のと同じタイプので

丈夫そうです。

2017年6月22日 (木)

トガシヤマト 2017年6月20日

先に書きました記事の続きです。

この日は大きい丸馬場に入っていました。

ちなみに今日はまた草の生えた狭い簡易パドックで過ごしました。clover

Img_8824

Img_8834

6月11日には、乗馬引退後のオーナーさんが奥様とご一緒に

大切なヤマトに会いに来られました。

ヤマト、本当にとっても愛されて幸せだね。

富樫さんがオーナーさんになって下さらなければ

乗馬としての仕事ができず、生きる場所はなかったことでしょう。

Img_8842

Img_8846

口元がかわいいですね。delicious

口元に手を差し出すと

ペロペロ舐めてくれるんですよ。bleah

Img_8850

痛みの原因箇所が今一つはっきりしませんでしたが

今日、やっと痛い原因箇所が特定できました。

右前内種子骨(球節内側の下、繋ぎとの境目の辺り)を指圧すると

とても痛がりました。

Img_8851

原因は捻挫の可能性もあり・・・

靭帯が強く引っ張られる形になり

骨に強くプレッシャーがかかったことによって

骨造成(骨膜炎)が球節の周りだけでなく

関節内部にまでも進行したことで

ひどい跛行になったと推測されました。

Img_8852

ブロック注射

右前膝下の神経を局所麻酔で遮断して

一時的に痛みを感じない状態にしていただき

右前脚に重心がかかっても耐えられるようにして

左前脚を削蹄、装蹄(アルミニウム鉄)することができました。

 

ヤマトは前脚の繋がかなり緩く

その分、蹄の前側が長いと重心が後ろにかかり

痛い箇所にかなりの負重がかかりますので

削蹄でできるだけ蹄を立たせるようにして

負重が前方にかかるようにしなければならないそうです。

 

痛いのは辛いことです。

とにかく治療するには手遅れの状態とのことです。

何とか、少しずつでも良くなる方法があれば・・・と諦めたくない気持ちです。

馬 写真集 2017年6月9日

6月9日に会員のMさんが撮ってくださった写真を

まとめて掲載させていただきます。

Mさんどうもありがとうございました。

 

まずはウィンダム&リゲル のペア。

仲が良いのか悪いのか…つかず離れずといった関係に見えます。

しかし今のところ大きな喧嘩もなく、うまくやっているようです。

雨上がり、ぬかるんだ場所でゴロをうったリゲルは全身泥んこ…coldsweats01

ここは2頭には少し狭いので 土手で刈った青草を配っています。

0005_large

0007_large

0008_large

0009_large

 

ヒカル&セイント

最近は、放牧地に接している 離れの厩舎の戸を、ふたりで両側からかじって

破壊しようと試みているようですshock

じゃれ合ったり、悪戯したり、パワフルで若々しく、仲良しな二頭です。

0023_large

 

ベガ

放牧地のボロを拾いに行くと、興味津々に近寄ってくるベガ。

時にはボロを積み上げた一輪車をひっくり返してくれることもshock

お隣の丸馬場にミサイルがいる時は なにやらお話して?いるようです。

今日は削蹄してもらいました。

0031_large_2

0032_large

カメラ向けられ 鼻をカキカキ。

イケメンだけどマイペースなお坊ちゃんです(笑)

 

プリンちゃん&ダイマジン&バイラー

一番草がぼうぼうに伸びている中でひたすら草を食べています。

プリンちゃんとダイマジンは相変わらず仲良しです。

バイラーは白い馬体が緑の景色の中でひときわ映えます。shine

0010_large

0035_large

 

キララ&春風

ミユキが亡くなり 春風は放牧地に一頭だけになってしまいました。

キララはまるで春風を気遣うかのように

春風側の牧柵付近にいることが多いような気がします。

0036_large

トガシヤマト 2017年6月前半

6月初旬 会員さんからの写真です。

Img_7516_5

 

Img_7518_5

 

こちらは、6月9日 会員のMさん撮影 です。

0029_large

 

ヤマトは5月30日、レントゲンを撮っていただき

右前脚の球節に骨折の痕があることがわかりました。

ひどい骨膜炎の症状に獣医さんがレントゲン写真を見てすぐに

「ひどいっ・・・」と声に出されたくらいでした。

 

また、蹄のレントゲンも撮って下さり

蹄葉炎、蹄骨骨折ではないとわかり、それらについてはホッとすることができました。

 

6月6日、骨膜炎の治療をして下さいました。

右前膝内側の血管が固すぎて、小さな針がなかなか刺さりませんでした。

球節の状態から血流が悪いのかもしれないとのことでした。

4週間後くらいに、またしていただきます。

20170606_02

 

とにかく食欲があり、こちらに移動してきてから、程良く体にお肉が付きました。

脚の負担を考え、このくらいで太るのを止めた方がいいかとも話しています。

 

13日に右前脚を痛がるので獣医さんに相談したところ

ヤマトの症状から

両前脚の削蹄、装蹄(蹄鉄をつける)をして、少し運動もした方がいいかもしれないとのことでした。

確かに、ヤマトは丸馬場で投草カゴの前に立って、ただ食べ続けている日々でしたから

脚の血の巡りも良く無いでしょう。

 

痛い方の右前脚は上げさせて、削蹄、装蹄を楽にできたのですが

左前脚を上げようとすると、痛い右前脚に重心がかかるので

上げさせてくれません。

 

脚がかなり痛いので運動といっても狭いところで

地面から生えた草を食べながら少しずつ歩くという程度です。

 

以下は6月14日の写真です。

Dsc_0095

 

Dsc_0096

 

Dsc_0099

ヤマトにとって、草の生えたところに放されるのは

当才、1才以来のことかもしれませんね。

Dsc_0100

 

 そっちにいる、体の大きな先輩方はだあれ? by ヤマト 

Dsc_0101

 

ナイスネイチャっていうんだよ。

君、脚痛そうだね。大丈夫か? by ナイスネイチャ   (筆者の想像です・・・confident )

Dsc_0102

2017年6月21日 (水)

渡辺牧場だより 2017年6月20日分

認定NPO法人 引退馬協会

clover 渡辺牧場だより 2017年6月20日分

http://rha.or.jp/f/wata/2017/06/post-110.html

フォスターホースの

ナイスネイチャ、セントミサイル、マザートウショウの

近況報告を書いています。

 

そして

ウラカワミユキが亡くなった後

最後に改めて感謝の気持ちで記事を作らせていただきました。

2017年6月20日 (火)

ミサイル 2017年6月9日撮影

脚を治療中のミサイル

写真は丸馬場ですが、

最近はナイスたちの放牧地内に作った簡易パドックに

放牧することが多いです。

 

6月9日に会員のMさんが撮ってくださいました。

 

0012_large

 

0013_large

 

0015_large

 

0024_large_2

 

0025_large

 

0028_large_3

青草をひたすら食べ続けていたようですが、

時々カメラ目線も忘れないミサイルでした。winkscissors

2017年6月17日 (土)

メテ&ナイス 2017年6月9日

6月9日に、会員のMさんが撮ってくださった写真です。

Mさんどうもありがとうございます。

0016_large

 

0020_large_2

 

メテとナイスはとても仲良しです。

くっついて歩いていき、一緒に並んで青草を食べたり、

水を飲んでいるところをよく見かけます。

 

0027_large

 

メテはグイッポ中。catface

ナイスは何故かメテのすぐ後ろに立っていることが多いです…

ナイスに気を取られていると、

前にいるメテに蹴られることがあるので注意が必要です(笑)

悪気はないのですが…

 

普段は仲良しの二頭ですが ニンジンを見せると、

メテのほうが強いので独り占めしてしまいます。

なので放牧地でニンジンをあげるときは、二頭を少し離してから

あげなければなりません。

馬の社会は上下関係が厳しいです。think

 

0017_large_2

0022_large

 

今日も良いお天気でした。(6月17日)sun

草が青々として 景色が綺麗で 気持ちの良い季節です。

 

ダイワウインダムとリゲルナイトを一緒に 2017年5月31日 

ミユキが大変なことになる前日に撮りました。

記事は書いてあったのですが、編集がちゃんと出来上がっていなかったものです。

掲載が大変遅くなり、申し訳ありません。

*************************************************

リゲルナイトの放牧初日は、1頭で放しましたが

翌日は、ダイワウインダムと一緒に放牧しました。

 

リゲルナイトは北海道に来る少し前に装蹄していたので

前脚は鉄を脱がせると痛くなるので、そのままにして

後ろ脚だけ鉄を脱がしてから一緒にしました。

 

apple ダイワウインダムとリゲルナイトを一緒に 2017年5月31日 ①  (2分22秒)

 

先に蹴ったのはリゲルでした。

大体、こういう時は、先に蹴る方が自信がなく、弱いパターンが多いと思います。

 

ウインダムはケンカを売るタイプではなく、落ち着いた馬です。

あまり、ちょっかいをかけられると怒りますが・・・

 

リゲルの性格は、まだ私たちには、わかりませんが

オーナーさんが仰るには、かなり強気なのだそうです。

また、牝馬にデレデレになるのだとか・・・(笑)

そういえば、放牧初日は、柵越しにプリンちやんにデレデレしていたら

ダイマジンがプリンちゃんを守りに駆けつけたシーンがあったそうです。(笑)

 

apple ダイワウインダムとリゲルナイトを一緒に 2017年5月31日 ② (34秒)

 

結局、ウインダムは、あまりリゲルを気にしなくなり

青草を食べる方に気を向けていました。

リゲルは時々ウインダムに近づいて威張る気配を見せ

ウインダムは、ケンカにならないように、リゲルから離れる・・・という感じで

リゲルの方が強いのかな?という面を見せ始めました。

 

それでも、リゲルは食べることの他、周りの牝馬たちに夢中でした。

大きなケンカになることなく、このペアで、大丈夫そうです。

 

リゲルにもう少し筋肉がついてくるまでは

あまり激しい運動にならない方がいいので、広いところには放さず

2頭には手狭ですが、この放牧地を使う予定です。

生えている草では全然足りないので、土手の草を刈ってきて、あげました

 

apple ダイワウインダムとリゲルナイトを一緒に 2017年5月31日 ③ (1分28秒)

 

通路を挟んで向かいの放牧地の女子4頭組が

「なになに?!なになに?!」

と、野次馬で駆け寄って来ました。

キララ先頭に、ゲッケイジュ、マザー、バイラーと

ボスから順にです。

 

女子たちに反応するウインダムとリゲル。

でも、女子たちは「なぁんだ、つまんない!」という感じで

ゲッケイジュとマザーはあっという間に、立ち去ってしまいました。

それを追ってバイラー、キララも遠くに行ってしまいました。

女の子大好きなリゲルはガッカリ?

指相撲?  セイントネイチャーVSヒカル

セイントを放牧する時に、普段は無口を外して放牧しますが、

この日は、あまりにも猛ダッシュで離れていこうとする為 外すことができず

後で落ち着いた時に、外そうとしたのですが・・・

Img_7877

Img_7879

Img_7880

なんとか、セイントの無口を取ろうとするヒカル。

一旦、休戦になった隙を見て、無口を取ろうと試みたのですが、

セイントは、嫌がった為、断念。

場所を変えて、また始まった無口取り合戦。

Img_7884

Img_7887

Img_7888

Img_7889

Img_7923

Img_7926

お互い、じゃれ合っているだけなのですが、この2頭は激しすぎます。

セイントは19歳、ヒカルは10歳。

同じ年齢差の、ダイマジンは相手が乙女のプリンちゃんの為か、

ここまで激しいバトルを見た事がありません。

これは、ヒカルにつられてなのか、

はたまた元々セイントの性格によるのか、似たもの同士なのか・・・。

一番賑やかな放牧地です。見ていて飽きません。

Img_8047

Img_8046

このじゃれ合い、4回場所を変えつつ30分程度行っていました。

これもストレス発散と元気、それと仲良しの秘訣なのかと思っています。

2017年6月16日 (金)

ヴィエントバイラー 15歳お誕生日おめでとう! 2017年6月16日

今日は、ヴィエントバイラーの満15歳の誕生日です。

おめでとう~sign01 birthday shine apple clover present heart04

P6160060

 

P6160061

今日の14時半頃撮りに行くと、

入り口に近いところでグイッポしていました。

P6160064

 

右に写っているのは、ランスルーとグリちゃん。

P6160065

雨上がり、青空が広がり過ごしやすく心地よい日になりました。

 

apple ヴィエントバイラー 15歳お誕生日おめでとう!① 2017年6月16日 (43秒)

 

2時間後・・・

 

P6160077

P6160078

P6160079

P6160080

 

apple ヴィエントバイラー 15歳お誕生日おめでとう!② 2017年6月16日 (46秒)

2時間後、仲間たちと、それぞれが程よい距離を保って草を食んでいました。

撮影後、バイラーはまたグイッポしに行きました。

2017年6月12日 (月)

ランスルー 満26才の誕生日おめでとう 2017年6月12日

ブログの更新が遅くて申し訳ありません。m(_ _)m

 

今日は、ランスルーの満26才の誕生日です。birthday shine apple

おめでとうsign03 happy01 heart04 clover shine present cake ribbon

出入り口に立っている写真は

9日に会員さん Мさんが撮って下さった写真です。 

どうもありがとうございます。

0002_large

グリちゃんと・・・clover

0003_large

 

ここより下は、今日、午前10時半頃の写真と動画です。

放牧地の真ん中で静かに佇んでいました。

20170612_08

 

20170612_12

とても眠たかったようです。sleepy

20170612_14

20170612_16

クッシング病の症状の1つ、長毛、カーリーヘアが

顕著に出ています。

でも、下唇を緩ませて

心地よさそうに、ウトウトしている表情を見ると

ホッとします。confident

20170612_17

両前脚は、蹄葉炎のため

蹄鉄をはかせていますが

20170612_20

ここのところ、まとまった量の雨が度々降ったので rainthunder

地面がぬかるんでいて

そのせいか、昨日は片方を落鉄してきて

(セイントネイチャーも・・・)

20170612_21

探したら、割と簡単に見つけられて

今朝は、また鉄を打ち直してもらっていました。

20170612_29_3

20170612_31

 

apple 動画 (54秒) movie

2017年6月 7日 (水)

お礼とお詫び

ミユキの誕生日のお祝いと

亡くなりましたことで

お悔やみのメッセージ、とても綺麗なお花、人参やリンゴの御供物を

沢山の方々からいただきました。

 

心から、本当に、どうもありがとうございました。

 

しばらく心身ともに、動きがとても悪く

色々なことをテキパキとできなくて

まだ、ほとんどの方々にお礼を申せていません。

 

甘えて申し訳ありませんが

少しお時間をいただきたく

どうぞよろしくお願いいたします。

渡辺牧場だより 2017年6月5日分

既に皆様はご存知と思いますが

ウラカワミユキは疝痛が治り切らず

6月2日、安楽死によって静かに息を引き取りました。

 

長年に亘り、多くの方々の優しく温かい愛情に包まれて

ミユキは、この歳まで生き続けることができました。

引退馬協会の皆様をはじめ、ご支援下さいました皆様に

心からお礼申し上げます。

本当に、長い間、どうもありがとうございました。

 

ミユキの最後の様子について

詳細は昨日公開していただきました「渡辺牧場だより」に書きました。

どうぞ、ご覧下さい。

後で、(明日になるかもしれませんが)

ミユキが放牧地にいる最後の動画を追加で掲載していただきます。

 

認定NPO法人 引退馬協会

clover 渡辺牧場だより 2017年6月5日分

http://rha.or.jp/f/wata/2017/06/post-109.html

フォスターホースの

ナイスネイチャ、セントミサイル、ウラカワミユキ、マザートウショウの

近況報告を書いています。

 

登場している春風ヒューマのブログは、こちらです。

春風ヒューマのブログでも、ミユキの追悼記事を書いて下さっています。

春風ヒューマの会 ~トウショウヒューマ応援団~

追悼 偉大なるミユキさまへ 〜感謝の気持ちを込めて〜

 

キャプテンベガのオーナーさんのブログでも書いて下さっています。

clover ただただ、ありがとう

clover 2017年3月訪問時のミユキちゃん

どうもありがとうございました。

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

ホームページはこちらです

渡辺牧場~引退馬達の近況~  (次男が管理しています)

  • 渡辺牧場~引退馬達の近況~border=
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ