« 2018年10月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月29日 (土)

ダイエット

渡辺さんに代わり、Yoがアップします。

朝、放牧すると放牧地の奥まで駆けて行く事があります。

Img_5247

水を配りに行っても、放牧地の奥で雪の下の草を食べていて、直ぐに飲みにくる事はありません。

Img_5254

ヤマトの横顔が好きですとても大きな目をしていて、その目がクリクリッとしていて可愛いのです

Img_5349

ヤマトは食欲がとても多い方だと思います。外でも食べて、厩舎の中でも沢山食べます。

Img_5351

渡辺牧場に来た当初は、移動の疲れもあったのか少し痩せていましたが、今はとても立派な体型になりました。
ただ、脚の為に少しだけダイエットをしています。草の制限はないのですが、濃厚飼料を少しだけ少なめにしているそうです。

Img_5353

「モリモリ食べるよ~。僕は元気ですよ~」

       

2018年12月28日 (金)

イケメン君

渡辺さんに代わり、Yoがアップします。

セイントネイチャ達の放牧地側で、グイッポをするベガ。

Img_4637

「ベガ~♪ベガ~♪

Img_4642

「呼んだ?」

Img_4654

「呼んだからには、何かあるんだろうな」

Img_4671

何かと言いましても、いつもの人参しかありませんが・・・

Img_4935

人参をしっかりと食べて、お気に入りの場所でグイッポをしていました。
どんなポーズでも、イケメンは写真写りが良くて、羨ましい~

Img_5343

     

2018年12月27日 (木)

攻防

渡辺さんに代わり、Yoがアップします。

まず初めに、
キタノダイマジンへの沢山のお悔やみのお言葉を頂き、私からも御礼申し上げます。ありがとうございました。
春風は、グイッポ※をします。

食べてグイッポ。食べてグイッポの繰り返しです
(場合によっては、さく癖バンドをする牧場さんや乗馬クラブもあるようですが、春風は疝痛も起こす事もない為、そのままにさせています)

Img_5276

Img_5265

Img_5268

何とか、カッコいい春風君を撮る為に、人参で牧柵から遠くに誘うのですが、人参を食べたとたん踵を返して直ぐにグイッポをしに行いきます。

Img_5269

人参で釣って、良い感じに牧柵から離れても敵もさる者、一瞬のうちの元に戻ってしまいます。
何度もトライしたのでポケットにパンパンに入っていた人参はあっという間に無くなりましたが、
残念な写真しか撮れませんでした。
春風ファンの皆様、申し訳ありません。次回、頑張ります。

Img_5309

※グイッポ
さく癖(サクヘキ)固定された物体を上顎の切歯で咥え、これを支点として頭頸部を曲げ、空気を嚥下する。-Wikipediaより
     

2018年12月24日 (月)

ダイマジンのお葬式とダイマジンへの想い

12月24日、今日

ダイマジンのお葬式をしました。

 

昨日は、ダイマジンが亡くなった場所から

ダイマジンを板の上に乗せて

厩舎と住宅の間にある車庫まで連れて来ることで

お昼過ぎまでかかりました。

途中でロープが切れたりして

思わぬ時間がかかりました。

 

あとは、ダンプのタイヤにチェーンを巻いて

小さいユンボをお借りして来て

生きている馬たちのお世話で精一杯でした。

山に行くことができず

果たしてお葬式が終わるのはいつになるのか・・・

とも思いましたが

 

今日は朝から4名も

他の馬たちのオーナーさん方や

隣町の牧場で働いておられる御二人(会員さんのご家族)が

厩舎作業や馬の出し入れ、犬の散歩まで手伝って下さり

明るいうちに、お葬式を終えることができました。

そうでなければ

今日は埋葬できなかったと思います。

有り難いことでした・・・

 

51924_2

Dsc_0112

沢山のお心のこもった供花、お供物、メッセージを

本当に、どうもありがとうございました。

 

お花は一部、ダイマジンのお顔のそばに

お供えさせていただきました。

(お礼を申しますのが遅くなりますが、申し訳ありません。)

 

ダイマジンのことが本当に大好きで

生産馬に引けを取らないくらい

私には心が通い合える

大切な大きな存在でした。

 

毎日、右手にダイマジン、左手にプリンちゃんを持ち

「ダイマジンダイマジン~プリンちゃんプリンちゃん~」

「幸せしあわ~せ~、幸せしあわ~せ~」

「健康元気丈夫~嬉しい楽しい心地いい~気持ちいい~

安心安全へ~い~わ~」

と、歩くのにテンポの良い言霊の唄を歌いながら

厩舎に帰る時

吹雪でも、多少興奮しつつも

私を信じてちゃんと歩いて来てくれました。

 

朝、歩きながら視線を感じて

右手に持つダイマジンの方を見ると

ダイマジンは私をじっと見つめていて

多分、内心

「にんじん、いつくれるんだろう」

と思っていたことでしょう。

あえて、にこっと笑顔を見せ

ポケットから人参片を出してあげたものでした。

 

亡くなった翌日はシラサギを3羽見ましたが

今日は、1羽も見ませんでした。

 

たった1ときの異変が

その後まだ10年は一緒に過ごせたであろうダイマジンを

目の前から消してしまいました。

あの、ほんのいっときが

この先まだ長い未来をすべて

変えてしまいました。

ダイマジンとの時が止まってしまいました。

 

なんで

あの牧柵を

どんな風にして飛び越えてしまったの?

信じられないよ・・・

どうやったら、あそこを飛び越えて

あんなところで横たわることになるの・・・?

わからないわからないわからないことだらけです。

悪夢のようでした。

 

私だけではない

みんな、皆さんも

辛いことを沢山乗り越えて

頑張って生きていらっしゃる

皆さん、表面は笑顔でも

心の奥に悲しみや辛い思い出を抱えて生きていらっしゃる

私も生きてがんばらなければと思います。

温かく見守って下さった皆様

本当に、どうもありがとうございました。

2018年12月23日 (日)

【渡辺牧場里親会】訃報 キタノダイマジン

以下は、昨夜書いて里親会会員さんにお知らせしたものです。

余裕が全く無かったので

お知らせが遅くなり申し訳ありませんでした。

************************

今日はとても悲しいお知らせです・・・

 

今日17時40分頃、ダイマジンが亡くなりました。

 

こんなに若くして事故で亡くすことになり

 

ダイマジンに対しても、そして、これまでご支援下さり温かく見守って下さった会員の皆様に

本当に申し訳ない気持ちです。

 

この辺りでは、シラサギは珍しく、ここのところ2、3日前からだったか1羽見かけることがありました。

 

飛んでいると、細い体ですが、羽ばたくと真っ白な大きな翼がとても目立ち

馬たちは怖かったのだと思います。

 

今日馬たちを入れる少し前に4羽も、ダイマジンたちの放牧地の方向に居るのを見ました。

近くの馬たちが騒いでいました。

 

もう馬たちを入れる時間が迫っていて

いつも通りの順番で

プリンちゃんとダイマジンとは反対側の放牧地の馬たちから入れて行き

ダイマジンとプリンちゃんの放牧地に向かうと

牧柵のすぐ外に、それ程深くはないのですが溝があり

そこにダイマジンが背中側がすっぽり落ちて

横たわっているのを見つけました。

それまで気付かなかったのです・・・

ダイマジンは生きていましたが、身動きできない状態でした。

 

驚いて、牧場長と、隣りの牧場の男性に来ていただき

獣医さんに来ていただいて鎮静剤をかけてから

ロープでトラクターの力を借りて引っ張り、体を溝から平らなところに、ずらしました。

これは、すぐにできたことでした。

 

鎮静剤が切れたら、自力で立ち上がってくれることを期待して・・・

 

でも、時間が経っても起き上がれず

下側になっていた方が痺れているだけかもしれないということで

ロープで3人でひっぱり、反対側を上に向けました。

 

でも、右前脚の付け根が折れていたようで、動かないはずの方向に足が動きました。

 

折れていると・・・

もうダメなんだとわかりました・・・

 

牧柵の外の溝に脚を踏み入れた穴がありました。

牧柵は壊れておらず、着地の場所が溝のあたりだったので

成馬の体重では脚に負担がかかり過ぎたのだと考えられます。

 

先の鎮静剤はもう切れていたので、獣医さんに再度、鎮静剤を打っていただいて

麻酔薬を適切な量を打っていただき、安楽死の処置をしていただきました。

 

プリンちゃんは暗くなっても、月明かりの下、そばで待っていてもらいました。

プリンちゃんだけ先に厩舎に連れて行くと、ダイマジンが淋しがり興奮するでしょうから・・・

 

朝も夕方も、毎日、私がプリンちゃんとダイマジンを一緒に放牧地に出し入れしていました。

ダイマジンは牧場長には掴ませない性格でしたが、私には心を開いてくれ

いつも私がいなければならない馬でした。

それだけに余計にダイマジンが可愛くて大好きでした。

 

いつも声かけの唄を歌いながら、今朝も放牧の時に「気を付けて行くんだよ」と言ったのですが・・・

 

なぜ、今日、あのようなシラサギが来ていたのか

なぜ、こんな悲しいことを神様はもたらしたのか、わかりません。

私は神様に見捨てられたかのような気持ちです。

 

本当に皆様に申し訳ありません。

 

これからプリンちゃんが淋しさを少しずつでも紛らわせて生きていけるように

考えます。

 

葬儀は、明日、山の馬の墓地に掘るつもりですが

日が短いので、掘るだけで精一杯かもしれず

明後日になるかもしれません。

 

年末押し迫った時期に

このような悲しみを味わわせて

本当に心から申し訳ありません。

2018年12月22日

2018年12月20日 (木)

新聞「スポニチ」にナイスネイチャ記事 【追記あり】

12月22日朝発売の新聞

「スポーツニッポン」にナイスネイチャ記事が掲載されます

【12月22日 追記】 静岡より東方で販売される新聞とのことです。

     西日本でお買い求め下さいました方々に

     深くお詫び申し上げます。

     本当に、申し訳ありませんでした。

インターネットでも掲載されていたと会員さんからお知らせいただきました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181222-00000006-spnannex-horse

 

 

有馬記念が近くなるとナイスネイチャを思い出していただけて

このように取材していただけることを

とても光栄であり、ありがたいことと思います。

 

皆様、ぜひ、ご覧下さい 

Img_4314

2018年12月18日 (火)

仲間

渡辺さんに代わり、Yoがアップします。

相変わらずの仲良し、ヒカルとニシキ
2頭で頭をくっつけて、何をしているのかな?

Img_4290

雪の下の草を食べているようです。そんなにくっつかなくても・・・・。
と、そこにセイントが

Img_4296

Img_4301

「僕も~!!仲間にいれて~!!!」

Img_4308

ヒカルとニシキの間に、頭を突っ込むセイント。遅れてきて拗ねているセントが、ヒカルとニシキに慰められているように見えます。可愛い

Img_4359

左からニシキ、ヒカル、セイント

3頭で、乾草を食べに移動しました。仲良しです。
3頭は、仲間なんですね

静かに待ってます

渡辺さんに代わり、Yoがアップします。

温湯を一番楽しみにしているのは、クロちゃんとアルちゃんの様に思います。
アルちゃんは人参でも貰うかの様に「早く!早く!」と前書きして、ボボボボと声を出して催促します。

Img_4702

飲み終わって、満足なアルちゃん
クロちゃんも、とても楽しみに待っていてくれます。こんなに喜んでくれると、嬉しいですね。

Img_4407

温湯を飲んで、満足のクロちゃん。雪をコチョコチョしてます。

Img_4414_2

クロちゃん、鼻に何か付いてるよ。

Img_4415_2

Img_4416

何かおねだりしています。きっと人参ですね。
    

天然記念物の宮古馬

渡辺牧場Twitterがアップされています。

国の天然記念物の宮古馬達の悲惨な状況が、改善されますように。

2018年12月16日 (日)

疑惑

渡辺さんに代わり、Yoがアップします。

ドーベルは、少しだけ人に対して不信感を持っています。牧場に帰ってきた当初よりは、少しづつ少しづつ渡辺牧場さんの皆さんに対しては、心を開いてきているように思います。普段、ドーベル対して訪問して下さった皆さんからも優しく声掛けしてもらっているお陰かと思います。

01_img_4519

02_img_4522

03_img_4530

優しい眼差しをしています。
そんなドーベルですが、グリちゃんに対しては譲ります。グリちゃんが強いのか、またはドーベルがグリちゃんに対して、「僕が守らなければ」とナイトの気持ちがあるのかな?
もしかして・・・・・
グリちゃんは、ジャイ子3号・・・・・ってことはないよね?

Img_4523

Img_4524

「え?誰がジャイ子?まさか、私の事じゃないわよね?」

体も、態度もドーベルよりでかい、グリちゃんです
が、ドーベルがいないと、とってもとっても寂しい乙女なグリちゃんです
渡辺牧場Twitter も、動画がアップされています。是非ご覧ください。

2018年12月15日 (土)

人懐こい

渡辺さんに代わり、Yoがアップします。

ヤマトの馬房は、放牧地からとても近くにあります。脚が悪いヤマトの事を考えての事です。朝、放牧すると嬉しそうに放牧地の奥まで走っていきます。
ふわふわの雪が駆け足をすると、舞い上がります。
駆け足出来る事が、ヤマトも嬉しいのだと思います
温水を配りに行くと、寄ってくる懐こいヤマト

Img_4483

Img_4485

Img_4486

温水を待っていたのかと思ったのですが、直ぐには飲まずに愛想を振りまいてました。

Img_4499

Img_4504

アルちゃんママさんと、ヤマトです。毛艶も良く、体調はいい様です

2018年12月14日 (金)

ジャイ子2号、発見!!

渡辺さんに代わり、Yoがアップします。

先日、場長さんがダイマジンの装蹄をしているとダイマジンの馬服が破れているのを発見。

01img_4181

02img_4205

ダイマジンの放牧仲間はプリンちゃんです。プリンちゃんだけです。他にはいません。
なので、犯馬はプリンちゃんとなります。

03img_4210


 「だって私は可愛いの。だからダイマジンは何でも許してくれるのよ」

出た!!ジャイ子

05img_4177

「ね、ダイマジン♪」
ダイマジン、そこで許してはダメ!!

06img_4184

「いいの。僕、プリンちゃんが好きだから」
因みに、プリンちゃんの馬服は、どっこも破れた箇所がなく、綺麗です
やさしい、やさいいダイマジンです
そして、プリンちゃんをジャイ子2号と名付ける事にします。
ジャイ子1号は、アルちゃんママが認定してくれました。
こちらが、ジャイ子1号です。

04img_3689
 「
私が、ジャイ子1号って・・・酷くない?私の名前はアルちゃんよ!!

渡辺牧場Twitterも、アルちゃんママさん撮った動画が沢山アップされています。是非ご覧ください。

2018年12月10日 (月)

渡辺牧場Twitter 2018年12月10日アップ

渡辺牧場 Twitterがアップされています。

僕も

渡辺さんに代わり、Yoがアップします。

ナイスの写真が撮りたくて、撮っているとなぜかカメラの前に来るリゲル

Img_3912

「僕も、撮って♪」
リゲルがこんなに積極的に、寄ってくるなど滅多にない事です。いつも、放牧地の一番美味しい箇所で草を食んでいます。あまり、ナイスやメテに絡む事もなく、マイペースな性格です。でもこの日のリゲルは違いました。

Img_3844

Img_3845

どんなにポジションを変えようとも、カメラ前にスタンバイ
ナイスもメテも、私には全く興味を示してはくれないのに リゲルは私に付き合ってくれました。そして、メテともじゃれて遊んで、ナイスの顔や首をペロペロ

もしかして、キャラ変更?

2018年12月 9日 (日)

親戚

渡辺さんに代わり、Yoがアップします。

集牧前に、入口近くでまったりしているセイント。

Img_3918

セイントも21才、来年の4月には22才になります。
お父さんのナイスは鹿毛の為か、白髪は殆ど見られませんが
セイントは、黒鹿毛の為か白髪が目立ってきました。でも食欲もあり、健康そのものです。

写真には撮れなかったのですが、この後、暇になったヒカルが、セントの馬着のお尻の部分を銜えて
まるでスカートめくりをするように、何度も遊んでいました
でもセイントは、「いつもの事だから」とヒカルのやりたいようにさせていました。
大人の対応です。

Img_3920

Img_3922

セイントのお父さんは皆さんご存知の通り、ナイスネイチャ。ナイスネイチャのお父さんはナイスダンサー。

そして、ヒカルのお父さんはトウカイテイオー、トウカイテイオーの母はトウカイナチュラル、その父はナイスダンサー。
なので、2頭にはナイスダンサーの血が流れています。
そして縁があり、ナイスダンサーは渡辺牧場のお墓で眠っています。
何か、縁を感じる2頭です

2018年12月 8日 (土)

お転婆さん

渡辺さんに代わり、Yoがアップします。

元気グループメンバーのゲッケイジュ。

Img_3964

写真では、大人しく草を食んでいます
が、朝はマザーとキララの放牧後に、ゲッケイジュとバイラーが放牧されます。
既に、マザーとキララは放牧地の奥まで、駆けて行っているので
それを見たゲッケイジュは、遅れまいと
「待って~私も行く~~」と無口を外すのを待てないくらいに
猛ダッシュで、放牧地の奥まで駆けて行きます
ひとしきり4頭で走り回ったら、落ち着いてそれぞれのお気に入りの場所で
草を食んでいます

Img_4024

奥に写っているのは、春風です。
ミユキちゃんは空から「あらあら、お転婆さん。怪我しないでね」と
優しく、見守っていてくれていると思います
ママのように、沢山長生きしないとね

2018年12月 6日 (木)

元気な28歳

渡辺さんに代わり、ブログを時々更新させていただきます。
どうぞ、よろしくお願いします。byYo

4日は雨の為舎飼いだった事もあり、5日は朝から皆さんソワソワ
「早く、早く」と放牧の順番を待っていました。

Img_3967_2

一番の元気さん達は、マザー、キララ、ゲッケイジュ、バイラーのグループです。
その中でも、元気一杯のキララは、放牧地までの短い距離も急ぎ足で移動し
放牧地では「早く放せ!!」と女番長さんがおっしゃるので、無口を取るのは危険と判断し
手綱だけを放すと
よ~い、ドーン!!とロケットダッシュ
 オーナーさんに買ってもらったピンクの無口、フワフワで可愛いです。

Img_3979

Img_40222


この日は、朝は暖かかったのですが、少しづつ風が強くなり、気温も下がる予報の為
高齢馬達は、ネック付きの馬着を着せてもらっていました。
とても大事にしてもらっています

キララも”高齢馬”のグループに属しますが、とても28歳には思えないくらいに、見事なぶっ飛びぶりでした
長生きしてね。キララ。

2018年12月 5日 (水)

渡辺牧場Twitter 2018年12月4日アップ

渡辺牧場Twitterに、マザーの放牧仲間のヴィエントバイラーの長男、サザンビクトルの記事がアップされていますので、お知らせいたします。

« 2018年10月 | トップページ | 2019年1月 »

ホームページはこちらです

渡辺牧場~引退馬達の近況~  (次男担当でしたが2018年8月で停止しています)

  • 渡辺牧場~引退馬達の近況~border=
2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ