« 【渡辺牧場里親会】訃報 キタノダイマジン | トップページ | イケメン君 »

2018年12月24日 (月)

ダイマジンのお葬式とダイマジンへの想い

12月24日、今日

ダイマジンのお葬式をしました。

 

昨日は、ダイマジンが亡くなった場所から

ダイマジンを板の上に乗せて

厩舎と住宅の間にある車庫まで連れて来ることで

お昼過ぎまでかかりました。

途中でロープが切れたりして

思わぬ時間がかかりました。

 

あとは、ダンプのタイヤにチェーンを巻いて

小さいユンボをお借りして来て

生きている馬たちのお世話で精一杯でした。

山に行くことができず

果たしてお葬式が終わるのはいつになるのか・・・

とも思いましたが

 

今日は朝から4名も

他の馬たちのオーナーさん方や

隣町の牧場で働いておられる御二人(会員さんのご家族)が

厩舎作業や馬の出し入れ、犬の散歩まで手伝って下さり

明るいうちに、お葬式を終えることができました。

そうでなければ

今日は埋葬できなかったと思います。

有り難いことでした・・・

 

51924_2

Dsc_0112

沢山のお心のこもった供花、お供物、メッセージを

本当に、どうもありがとうございました。

 

お花は一部、ダイマジンのお顔のそばに

お供えさせていただきました。

(お礼を申しますのが遅くなりますが、申し訳ありません。)

 

ダイマジンのことが本当に大好きで

生産馬に引けを取らないくらい

私には心が通い合える

大切な大きな存在でした。

 

毎日、右手にダイマジン、左手にプリンちゃんを持ち

「ダイマジンダイマジン~プリンちゃんプリンちゃん~」

「幸せしあわ~せ~、幸せしあわ~せ~」

「健康元気丈夫~嬉しい楽しい心地いい~気持ちいい~

安心安全へ~い~わ~」

と、歩くのにテンポの良い言霊の唄を歌いながら

厩舎に帰る時

吹雪でも、多少興奮しつつも

私を信じてちゃんと歩いて来てくれました。

 

朝、歩きながら視線を感じて

右手に持つダイマジンの方を見ると

ダイマジンは私をじっと見つめていて

多分、内心

「にんじん、いつくれるんだろう」

と思っていたことでしょう。

あえて、にこっと笑顔を見せ

ポケットから人参片を出してあげたものでした。

 

亡くなった翌日はシラサギを3羽見ましたが

今日は、1羽も見ませんでした。

 

たった1ときの異変が

その後まだ10年は一緒に過ごせたであろうダイマジンを

目の前から消してしまいました。

あの、ほんのいっときが

この先まだ長い未来をすべて

変えてしまいました。

ダイマジンとの時が止まってしまいました。

 

なんで

あの牧柵を

どんな風にして飛び越えてしまったの?

信じられないよ・・・

どうやったら、あそこを飛び越えて

あんなところで横たわることになるの・・・?

わからないわからないわからないことだらけです。

悪夢のようでした。

 

私だけではない

みんな、皆さんも

辛いことを沢山乗り越えて

頑張って生きていらっしゃる

皆さん、表面は笑顔でも

心の奥に悲しみや辛い思い出を抱えて生きていらっしゃる

私も生きてがんばらなければと思います。

温かく見守って下さった皆様

本当に、どうもありがとうございました。

« 【渡辺牧場里親会】訃報 キタノダイマジン | トップページ | イケメン君 »

キタノダイマジン」カテゴリの記事

ホームページはこちらです

渡辺牧場~引退馬達の近況~  (次男担当でしたが2018年8月で停止しています)

  • 渡辺牧場~引退馬達の近況~border=
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ