乗馬・他牧場にいる生産馬たち

2017年8月10日 (木)

リンデンレオ 2017年8月8日撮影

8月8日、ノースポールステーブルさんを訪問して下さった会員さんが

写真を撮って来て下さり

今回の記事を書いて下さいました。

 

会員さんは、リンデンレオが過去にいた乗馬クラブに通っておられた時期があり

リンデンレオのことを、とてもよく理解して下さっています。

どうもありがとうございました!

*************************************************************

ミユキの7番目の産駒のリンデンレオの近況報告です。

ご存知の方も多いかと思いますが

レオは忠類村のノースポールステーブルで大切にされ

また沢山の愛情を受けて過ごしています。heart04

Img_5261

レオは、日中は自由に敷地内に放されています。

穏やかな性格のレオは、誰とも喧嘩もせず

何かアクシデントがあっても動じない性格の為

トラブルもなく、日々過ごしているそうです。

Img_5348

同じく自由放牧のポニーちゃんとも、争うことなく過ごしています。

Img_5287

この日は、友人が連れてきた犬のミミちゃんに

沢山吠えられましたが

(ミミちゃんは、馬を間近くで見るのは、ほぼ初めて)

まったく、気にする事なく草を食んでいました。

 

(もしかして大物?) wink

Img_5294

 

Img_5300

 

Img_5311

レオは、過去に、2度乗馬クラブをクビになりましたが

最後にレオ事を理解してくれ、

またレオの最大の良さを引き出していただき、

レオの個性を愛してくれる

ノースポールの方達には感謝の言葉もありません。

 

動物たちは自分達で環境を選ぶ事ができません。

その為、出会う人により、生き物たちの環境はこんなにも違ってくる事を

改めて感じています。confident

2017年2月 1日 (水)

会員さんがケイウンネイチャーとグランデラバーに会いに行って下さいました!

今日、会員さんが

インターアクションホースマンスクール さんに

ケイウンネイチャーグランデラバーに会いに行って下さいましたsign03

そして、早速、沢山の写真を送って下さいました。happy02

horse グランデラバーの乗馬名は「ドーベル」です。

 

             右がケイウンネイチャーです。お隣りのお馬さんも可愛いですね!

Dsc01839

          ケイウンネイチャーの担当は男の子だそうです。 

Dsc01841

会員さんがおっしゃるには

生徒さんたちが、皆、とても礼儀正しくて

作業をしていても、笑顔で挨拶してくれて

とってもかわいくて嬉しくなったそうです。happy02

Dsc01843

Dsc01845

ケイウンネイチャー担当の男の子。笑顔がとってもステキですねshinenotes

きっと、将来、素晴らしい好青年になるでしょうね。happy02 

ネイチャーのお世話をどうもありがとう!

これからも、どうぞよろしくお願いします!

Dsc01854

                            (2人とも写真掲載を快諾してくれたそうです。)

 

そして、グランデラバーの担当の女の子はすごく可愛かった~heart04

と、会員さんがおっしゃっていました。happy02

グランデラバーのお世話をどうもありがとう!

女の子は、春には卒業とのことですが

それまで、どうぞよろしくお願いします!

Dsc01862

グランデラバーは、ダイワウインダム、リンドショウグンの一番下の弟です。

Dsc01850

子馬の頃は、「三毛馬ラック」と呼んでいました。(笑)

Dsc01851

担当の女の子が優しく、とても丁寧に手入れをしてくれていて

グランデラバーは気持ちよさそうですね。

Dsc01853

                      同郷の2頭・・・2ショットheart04 shine

Dsc01864

厩舎も施設もとても綺麗で立派だったとのことで

会員さんは、「本当に、すごくいいところよぉ~upnotes

と、何度もおっしゃっていました。wink

Dsc01867

Dsc01870

会員さんは、とにかく、スクールのことも生徒さんたちのことも大絶賛しておられ

私はとても嬉しくなりました。

会員さん、本当に、どうもありがとうございました!m(_ _)m

 

そして、今日のネイチャーの様子を

スクールブログにも載せて下さっていました!

思わず、「すっ、すごいっsign03 もう乗ってるsign03

と叫んでしまいました。

3年2ヶ月ぶりに人を乗せたネイチャ―。horse

この姿を見て

また改めて、ホッとしました。confident 

ネイチャーのおっかなびっくり横木通過

本当に、良かったです!

本当に、ありがたいことです。confident

2016年12月25日 (日)

メリークリスマス! ~リンデンレオ~

1224reo2

1224reo

今日、大好きな

ノースポールステイブル☆アトリエ鼓動 の 

氷野さんご一家が、立ち寄って下さいましたsign03

 

渡辺牧場の生産馬

リンデンレオ (ウラカワミユキのH.7年生まれの息子)と

サラ (競走馬名はシャンハイピットで、ダイワウインダム、リンドショウグンの妹)を

養って可愛がって下さっています。happy01

 

サンタさんになっている上の写真はxmasshine

リンデンレオです。horse

氷野さん、いつも、本当にありがとうございますsign03

2016年6月11日 (土)

ミユキの息子、リンデンレオも元気です!

いつも大変お世話になっております

ノースポールステイブル ☆アトリエ鼓動 の、氷野さんが

先日、お電話で

ウラカワミユキ、35才のお祝いのお言葉を下さり

ミユキの息子のリンデンレオも元気ですよと

写真をお送り下さいましたsign03

 

531reo
自由にマイペースで暮らしています。

毛艶がピカピカshineですね~happy02

 

昔、うちにいた頃は、メテと一緒に放牧していました。

メテと同級生、今年満21才です。

 

レオちゃんが長生きできているのは

氷野さんご夫婦が引き取って下さったからです。

61reo
ノースポールステイブルさんには

ダイワウインダム、リンドショウグンの妹

シャンハイピット(現在の名はサラ)も、お世話になっています。notes happy01

ブログにちょくちょく登場しています。note

ノースポールステイブル ☆アトリエ鼓動

氷野さん、いつも本当に、どうもありがとうございますsign03 clover wink

2016年5月 5日 (木)

乗馬で頑張っています!サブリエティー、サザンビクトル

生産馬のキシリトール(競走馬名)は

ケイウングリッターや、ケイウンニシキのお兄ちゃんです。

 

現在は、三重県の高田学苑高校の馬術部で 

サブリエティーという乗馬名で頑張っています。 horse

かつて、ソロモンさんのお世話で、乗馬として引き受けていただけました。

 

ソロモンさんから、最近の情報をいただきながら

ブログ記事を書くのが遅くなり、申し訳ありません。sweat01

 

■開催場所:三重県馬術競技場
■開催日:平成28年4月23日(土)~24日(日)

・小障害飛越競技CーⅠ 優勝【サブリエティ】 (中学部) crownshine
・小障害飛越競技CーⅡ  優勝 【サブリエティ】   crownshine
・小障害飛越競技CーⅡ 3位 【サブリエティ】 (中学部) horseshine
・STARTER CLASSⅡ4位【サブリエティ】  horseshine

 

【関連記事】サブリエティー (競走馬名はキシリトール) 乗馬で頑張っています!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そして、サザンビクトルも、競技会に初出場して頑張りましたsign03 

https://www.facebook.com/SudatiNoMori.Leonardo.da.Vinci/photos/a.429158803839944.1073741826.429109397178218/1111569515598866/?type=3&theater

4月26日記事 ↓

https://www.facebook.com/SudatiNoMori.Leonardo.da.Vinci/posts/1113713975384420

「サザンビクトルはとても落ち着いて、良く乗り手の指示を聞いてくれました。」

と書いて下さっていて

とても嬉しいですsign03 up happy02

 

【関連記事】

horse サザンビクトルが移動しました

horse サザンビクトル 2015年11月28日

horse サザンビクトルの近況写真 2015年12月19日撮影

2016年3月17日 (木)

チョウインパクト~南幌ライディングパークさんから~

今朝、南幌ライディングパークさんが

携帯メールに

チョウインパクトの写真をお送り下さいましたsign03

いきなり、アップですsign03 happy02

160316_111909
「あまり上手く撮れませんでした。ご容赦願います」とのことですが

いえいえ

かわいいドアップのお顔が、すっごくいいですsign03heart04

昨日のお昼前に撮影された写真です。

160316_091813
まだ雪が残っているんですね~snow

眩しいお天気の中でsun

穏やかにお友達と一緒に過ごしているのがわかります。

昨日から北海道は気温が2桁に上がる所が増え

ポカポカ春の陽気です。

これから雪がどんどん融けるでしょうね。

160316_110952
どうもありがとうございましたsign03

2016年3月 8日 (火)

エイアイファンが乗馬クラブへ♪

大安吉日のfuji shine 昨日の朝、6時前に

エイアイファンが、ケイウンニシキと同じ

えにしホースパークさんに horse

乗馬として旅立ちましたsign03

 

20160307_01

実は・・・

1月22日に、ニシキと一緒に、2頭同じ馬運車で発つはずだったのです。

【関連記事】 ケイウンニシキが乗馬クラブへ♪

でも、ケガで延期となっていたのでした。bearing hospital

20160307_03

思っていた以上に

セイントネイチャーとエイアイファンの相性が悪くなっていたようでした。

見ていたところでは、そんなにひどい様子でもなく

お互いに慣れていっているように思っていましたが

見ていない時に、大ゲンカしたようでした。

 

エイアイファンがセイントに対して強い敵意を見せ

馬服の上からでしたが、思いっきり噛んだので

じゃれ合いとは違う関係だとわかり、急いで引き離しました。

でも、既にエイアイファンは、右前脚を蹴られていた後でした。

 

叔父(セイントネイチャー)と、甥(エイアイファン)の関係ですが

どちらも気が強いです。

ヒカルやニシキみたいに、子供っぽい性格だと、折り合いがついたのでしょうが・・・

馬同士の関係は、一緒にしてみないとわからないものですが・・・

完全に人間の判断ミスで大失敗でした。bearing

20160307_04

エイアイファンのケガは、獣医さんに診察、治療していただき

骨折ではなく、歩様にも影響ありませんでした。

しかし、少し腫れがあり

また、長距離輸送のストレスは免疫を落とすので

エイアイファンだけ出発を取りやめ、延期となりました。

 

20160307_05

思った以上に、患部のもやもや感が気になり

また、お天気の都合もあって長引きましたが

やっと昨日、元気に旅立ち

当日、23時頃に無事に到着したそうです。

20160307_07

出発時にバタバタして、ゆっくり写真が撮れず

何だか馬運車の後ろ姿ばかり撮っていました・・・bus

 

同郷のオーシャンカラー、ケイウンヘイロー、ケイウンニシキが

既にお世話になっています。

向こうで、ニシキの顔を見たら

お互いにどう思うでしょう?(笑) 

 

本当に、こんなにも生産馬たちを受け入れていただけて

とてもとてもありがたいことです。

乗馬として、頑張ってくれますように~sign03

2016年2月16日 (火)

レオタイシン・ターフィー・ユウシュウ 2016年2月10日の姿

北海道白老町のホースフレンドファームさんにいる

レオタイシン、ミナミノターフィー、ダイゼンユウシュウに

2月10日

会員さん方が会いに行って下さいましたsign03

 

Img_6837

ナイスネイチャの平成9年生まれの弟、レオタイシンです。↑↓

1年くらい前に、手術を2回する大病をしたそうですが、今はとても元気だそうです。

 

レオタイシンは競走馬を引退後、うちで引き取り、故郷に帰って来ていたところ

新しいオーナーさんを紹介していただくご縁があり

当時、同じく引退して帰郷していたフレイズパワー (後述※) と一緒に引き取って下さり、幸運と思いました。

 

それでも、色々あって

彼らは短期間にあちこちを転々とすることになりました。

仲の良かった友馬(お友達だった馬)との別れもあったと聞きます。

今の白老に落ち着いてからは9年が過ぎ、もうここから動くことはないでしょうと

安堵しています。

 

Img_6843

 

セントミサイルの平成4年生まれの弟、ミナミノターフィーです。 

競走馬を引退後は、何年も故郷で過ごしていました。

 

私が放牧地に行くと、人参がもらえるかと思って

必ずと言っていいほど駆け寄って来たものでした。

 

ターフィーには、とても色々なことがあったのですが

長くなるので、ここでは省きます。

 

ターフィーは、2006年の秋に

レオタイシンとフレイズパワーの引退後のオーナーさんに引き取られ

彼らと一緒に白老に移動しました。

 

Img_6844

 

同じく、セントミサイルの弟で平成7年生まれのダイゼンユウシュウです。

とても大人しいコでした。競馬では、長距離に長けていました。

 

競走馬を引退してから

神奈川県のアン乗馬クラブさんで

乗馬として受け入れていただいていました。

 

アン乗馬クラブさんには

現在も、生産馬のジェダイナイト(乗馬名はゼロファイター)、ダンツキャスト、デリマが

お世話になっています。

 

その後

ユウシュウは、蹄骨骨折と、何だったか蹄が原因で (記憶が曖昧です・・・sweat01)

乗馬も引退して帰郷しました。

ちょうど、その頃、ダンツキャストが競走馬を引退して帰って来ていました。

この時、ユウシュウと入れ替えで

ダンツキャストをアン乗馬クラブさんに受け入れていただけて

乗馬として送り出すことができたのでした。

 

ユウシュウの蹄の状態は、ただ生きていくだけなら大丈夫でも

乗馬としては、何かの拍子に蹄がパカッと割れるかもしれず、怖すぎる・・・と

当時、レントゲンを撮った獣医さんに言われていました。

なので、しばらく故郷で自由に遊ばせて

いよいよ順番が来たら、ここで安楽死をするしかないな・・・と考えていました。

 

そうして過ごしていたところ

ユウシュウもレオタイシンの現在のオーナーさんが引き受けて下さり

一緒に白老に移動しました。 

Img_6849

 

レオタイシンです。 

みんな懐かしいなぁ・・・

Img_6903

Img_6905

 

奥(左)がユウシュウ、手前(右)がターフィーです。 

Img_6910

 

                   ターフィーです。 

Img_6922

 

                          ユウシュウです。 

Img_6923

 

本当は、ここにもう1頭、キララの弟のフレイズパワー (前述※) がいました。

私が、白老に最後に会いに行った2013年春には

腰がかなり悪い状態でも、生きていました。

 

2014年8月に心臓麻痺で亡くなったとのこと・・・

痛い足腰で、よく頑張って生き抜いたと思います。

スタッフの方々も大変な看護の日々だったと思います。

今は自由な魂になって、天で安楽にいてくれると思います。

 

【関連記事】キララの弟 フレイズパワー  (← ここに出てくるAさんは、アン乗馬クラブさんです)

 

              左が弟のユウシュウ、右が兄のターフィー 

Img_6927

みんな、元気で幸せでいてくれますように~clover

2016年2月 1日 (月)

サブリエティー (競走馬名はキシリトール) 乗馬で頑張っています!

生産馬のキシリトール(競走馬名)は

ケイウングリッターや、ケイウンニシキのお兄ちゃんです。

 

現在は、三重県の高田学苑高校の馬術部で 

サブリエティーという乗馬名で頑張っています。 horse

 

2016 新春三重県馬術大会

■開催日:平成28年1月23日(土)~24日(日)

<1日目>

・小障害飛越競技C優勝 crown

・小障害飛越競技C3位 shine

<2日目>

・小障害飛越競技C2位  shine

・小障害飛越競技C5位 shine

詳しくは

http://www.geocities.jp/takada_horse/index.html

 

すごいですね~notes happy02

ソロモンさん、いつも嬉しい情報を

どうもありがとうございますsign03 

これからも、元気で頑張ってくれますように~sign03

 

【関連記事】

サブリェティが馬場馬術で優勝! (キシリトールです!) 2014年6月9日記事

2016年1月26日 (火)

第二のストーリー~あの馬はいま~ キゼンラックです!♪

競馬情報サイト netkeiba.com の連載コラム

第二のストーリー~あの馬はいま~

で、渡辺牧場生産馬のキゼンラックが登場しましたsign03

女性を籠絡する天性の才能 プレイボーイなキゼンラック/動画

ぜひ、ご覧くださいsign03

 

キゼンラックは

『馬の瞳を見つめて』に登場していましたので

お読み下さったお方は

「ああ!あの馬!」と

思い出して下さるかもしれませんね。

 

その後のキゼンラックが、どんなに愛情たっぷりの中山さんご夫妻様の元で

幸せに生きてきたか

とてもよく伝わってきて

微笑ましくて、心がほんわか温かくなり

また、とても嬉しい気持ちになりました。happy02

 

キゼンラックは、リンドショウグンの一番上の兄です。

この兄弟姉妹は、1頭も行方不明になりませんでした。

妹2頭は、渡辺牧場で亡くなりましたが

他のコたちは、それぞれの場所で元気に暮らしています。

 

キゼンラックは、母のキシュウラックに似たのだろうなぁと思います。

命がけで産んでくれた母も、きっと見守ってくれていることでしょう。

 

それにしても・・・

姫ちゃんのなんて可愛いことでしょう。heart04

ラック~、姫ちゃんに優しくしてあげてね。coldsweats01

 

【関連記事】

apple netkeibaの連載『第二のストーリー ~あの馬はいま~』 2014年9月23日記事

apple netkeibaの連載 『第二のストーリー~あの馬は今~』 会員さんのストーリー 2014年11月29日記事

 

佐々木祥恵さん、いつも素晴らしいコラムを、どうもありがとうございます!

より以前の記事一覧

ホームページはこちらです

渡辺牧場~引退馬達の近況~  (次男が管理しています)

  • 渡辺牧場~引退馬達の近況~border=
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ