エイアイファン

2016年3月 8日 (火)

エイアイファンが乗馬クラブへ♪

大安吉日のfuji shine 昨日の朝、6時前に

エイアイファンが、ケイウンニシキと同じ

えにしホースパークさんに horse

乗馬として旅立ちましたsign03

 

20160307_01

実は・・・

1月22日に、ニシキと一緒に、2頭同じ馬運車で発つはずだったのです。

【関連記事】 ケイウンニシキが乗馬クラブへ♪

でも、ケガで延期となっていたのでした。bearing hospital

20160307_03

思っていた以上に

セイントネイチャーとエイアイファンの相性が悪くなっていたようでした。

見ていたところでは、そんなにひどい様子でもなく

お互いに慣れていっているように思っていましたが

見ていない時に、大ゲンカしたようでした。

 

エイアイファンがセイントに対して強い敵意を見せ

馬服の上からでしたが、思いっきり噛んだので

じゃれ合いとは違う関係だとわかり、急いで引き離しました。

でも、既にエイアイファンは、右前脚を蹴られていた後でした。

 

叔父(セイントネイチャー)と、甥(エイアイファン)の関係ですが

どちらも気が強いです。

ヒカルやニシキみたいに、子供っぽい性格だと、折り合いがついたのでしょうが・・・

馬同士の関係は、一緒にしてみないとわからないものですが・・・

完全に人間の判断ミスで大失敗でした。bearing

20160307_04

エイアイファンのケガは、獣医さんに診察、治療していただき

骨折ではなく、歩様にも影響ありませんでした。

しかし、少し腫れがあり

また、長距離輸送のストレスは免疫を落とすので

エイアイファンだけ出発を取りやめ、延期となりました。

 

20160307_05

思った以上に、患部のもやもや感が気になり

また、お天気の都合もあって長引きましたが

やっと昨日、元気に旅立ち

当日、23時頃に無事に到着したそうです。

20160307_07

出発時にバタバタして、ゆっくり写真が撮れず

何だか馬運車の後ろ姿ばかり撮っていました・・・bus

 

同郷のオーシャンカラー、ケイウンヘイロー、ケイウンニシキが

既にお世話になっています。

向こうで、ニシキの顔を見たら

お互いにどう思うでしょう?(笑) 

 

本当に、こんなにも生産馬たちを受け入れていただけて

とてもとてもありがたいことです。

乗馬として、頑張ってくれますように~sign03

2016年2月26日 (金)

ファン君・グリちゃん・K.ネイチャー・ショウグンにプレゼント

エイアイファン、ケイウンニシキ、グリッター、K.ネイチャー、リンドショウグンに

会員さんが、それぞれ素敵な色の無口を

プレゼントして下さいました。present

 

特定のオーナーさんがいない馬たちのことを、ご心配下さいました。

掲載が大変遅くなり、申し訳ありません。m(_ _)m sweat01

 

                    エイアイファンには青です。

                    ニシキにはグレーです。

20160224_04

実は、エイアイファンは

近々、ニシキと同じ、えにしホースパークさんに

受け入れていただけることになりましたsign03

20160224_05

 

ケイウングリッターは、赤です。

栗毛にとても映えて、可愛いですね~heart04

20160224_08

                           照れるわぁ~ happy02  (by グリッター) 

20160224_10

 

 tulip ケイウングリッター 歩様 2016年2月24日 (18秒)

歩様は、この通り、大して変わらないのですが

その割に、足早に歩くこともできています。

 

ケイウンネイチャーは、ワインレッドです。 

この頃、落ち着きを見せているオトナな?時もあるネイチャーに

この落ち着いた色がよく似合います。

20160224_13

                       褒められてるの~? smile (by ケイウンネイチャー)

20160224_16

 

リンドショウグンは、青がよく似合っているので

青の無口を下さいました。

馬服とお揃いみたいに、マッチしていますね。happy01

20160224_17

今までの無口と交替で、どちらも大切に使わせていただきますね。happy01

20160224_19

どうもありがとうございました。happy01

2016年1月27日 (水)

浦河では珍しい『雪まくり』2016年1月14日

夜中のうちに、何センチかくらいでしたが

雪が積もっていました。

でも、いつも見る風景とは違っていました。

いつもは何の跡もなく、表面がきれいに、ただ一面に雪が広がっています。

 

ナイス、ミサイル、メテの放牧地。 ↓ 朝、放牧する前、まだ踏み荒らしていない風景。

20160114_13

 

なのに、この日の朝は、あちこち至る所に

大小様々な大きさの雪の塊が散乱していました。

 

お昼、シロちゃんの散歩の帰り道 

20160114_16

 

こうすると、わかりやすいかな?と引き手を向こう側に垂らしてみました。 

ドーナツのように、真ん中に空洞がありました。

ロールケーキのような?

20160114_19

 

北海道の雪は乾いていて、サラサラのことが多く

強い風が吹くと、地吹雪になって飛ばされることが、ほとんどです。

たまたま、この日の雪は、湿気があったのでしょう。

 

雪だるまを作る時、小さな丸い雪玉を転がして大きくするように

自然の力、風が雪玉を作ったということなのでしょうね。

 

本州の雪の多い地方では珍しくないそうです。

『雪まくり』の他

地方によって、また、海外でも、様々な呼び名があるそうです。

 

浦河では珍しいので、地元の新聞に載ったり

翌日の自治会婦人部(絵笛)の総会の時も、ご近所の奥様方の間で

話題になっていましたよ。

20160114_20

 

セイントネイチャーです。 

20160114_21

 

この頃は、まだいたケイウンニシキ。

好奇心旺盛で、犬の散歩で通ると必ず寄って来ました。 ↓ dog

20160114_22

 

左から、ケイウンニシキ、エイアイファン、ヒカルです。 

20160114_25

 

通路の反対側の放牧地で、牧柵近くにメテがいました。 

この日、これを撮った1時間ほど前に、浦河沖を震源とする震度5弱の地震がありました。

「メテさん、地震、びっくりしたね」 (by 私)

20160114_26

 

さく癖したいの? (by 私)

20160114_27

 

見たいの? (by メテ)

20160114_28

 

約1時間の昼食タイムを終え  

再度、放牧地に出るところです。 ミユキ 

20160114_30

春風ヒューマ と一緒に外へ 

20160114_33

*************************************************************

えにしホースパークさんのブログに

ケイウンニシキが、とっても大きく載っていましたsign03

ぜひ、ご覧下さいsign03

http://blog.ehp.chu.jp/?eid=393

本当に、ありがたいことです。clover happy02

2016年1月18日 (月)

ファン・ニシキをセイント・ヒカルの放牧地へ 2016年1月10日撮影

なかなか写真と動画の整理が進まなくて

記事にするのが遅くなってしまいました。

そうこうしているうちに、状況がどんどん変わってきました。

少しずつ、ご報告しますね。happy01

***************************************************

奥の広い放牧地を使っていたエイアイファンケイウンニシキ

その手前のセイントネイチャーヒカルの放牧地に一緒に入れました。

この2ヶ所は繋げて使えるので、4頭になっても広さは十分です。

 

apple ファン・ニシキをセイント・ヒカルの放牧地へ 2016年1月10日①  (1分51秒)

手前から向こうに歩いて行く2頭がエイアイファンとケイウンニシキです。

(色の薄い同じような馬服を着ています。)

 

向こうの牧草ロールのところにいたのが

セイントネイチャー (茶色チェックの馬服) と

ヒカル (パープルの馬服・・・お腹のカバーが外れて垂れてしまっています) です。

 

左隣の放牧地で、野次馬に来たメテ。

後から、ナイスネイチャとセントミサイルも

なになに!?どうした!?と野次馬に参加しています。bleah

 

果敢に勢力争い?をするセイントとエイアイファン。coldsweats02

興味津々なヒカル(笑) smile

怖くて逃げだすニシキ。 sad

それぞれの個性がはっきり出ていました。

 

apple ファン・ニシキをセイント・ヒカルの放牧地へ 2016年1月10日②  (1分48秒)

ニシキに注目して見ていると

ちょっと面白いです。

東隣りの放牧地のキャプテンベガも

何ごとか?と寄って来ました。

 

この数時間後、犬の散歩中に様子を見た時には

セイント(左)とニシキ(右)が2頭仲良く、くっついて草を食べていて 

20160110_04

 

70m位離れたところで

ヒカル(右)とエイアイファン(左)が2頭仲良く草を食べていました。 

20160110_02

 

その後、4頭は一緒に1つの牧草ロールを囲んで食べていました。 

20160110_05

 

雪が降ってきました。 snow

左から、ニシキ、ファン、ヒカル、セイントです。

20160110_06

 

出入りの時に、4頭がワーッと押し寄せて

出て行かれないように

出入り口を二重にしました。 

写真ではわかりづらいかもしれませんが・・・

安心して出入りさせられます。

20160110_07

 

仮牧柵をしっかりさせるために

コーナーに牧草ロールカゴを使い

今は、ここに乾草のロールを入れてあります。

20160110_08

2016年1月 2日 (土)

新年を迎えた馬たち②

apple 新年を迎えた馬たち①

の、続きです。

 

セイントネイチャーです。

カメラを持って入ると、寄って来ました。

見ている先には、ミサイルがいました。

20160101_28_2

 

ヒカルです。

どうも、自分で自分の馬服を壊してしまっているようです。(苦笑)

代用の馬服は、以前ナイスネイチャも馬服修理中に代用していたもので

大活躍です。(笑)

しかも、この馬服、丈夫です。

20160101_24

 

リンドショウグンです。 

その後も、疝痛は無く、落ち着いて過ごしています。

12月に、プリンちゃんの隣の馬房に移りました。

プリンちゃんとは相性がいいです。

20160101_80

 

キャプテンベガです。

いつもは写真を撮りに行くと

グイッポ (さく癖) していることが多いですが

この時は違ったポーズを撮れました。happy01

穏やかな優しい表情ですね。confident

20160101_40

 

ケイウングリッターです。

専門の獣医さんも「ひどい・・・」とおっしゃるくらい、後ろ脚がかなり悪いです。

1週間、間を置いて、2回、ツボや筋肉に注射して下さいました。

20160101_07

 

サッフォーです。

ものすごい元気で元気で

時々、地響きたてて、牧柵にぶつかるのでは?と思う勢いで走っています。shock

でも、ぶつからないので、わかっているんでしょうが

迫力あり過ぎです。coldsweats02 (笑)

20160101_51

 

ケイウンネイチャーです。 

いい顔してますね~heart01

まどろんで、うとうとしていました。

20160101_49

 

エイアイファン(左)と、ケイウンニシキ(右) です。 ↓

片道250mくらい歩いて、奥の広い放牧地に行きます。

まだまだ子供っぽいところがあります。wobbly

2頭、よく近くで一緒に草を食べています。

20160101_21_01

 

オーちゃんです。 

クリスマスイブに、新しい馬服が届きました。xmaspresent

若いのですが、芦毛なので、将来、メラノーマになる可能性があるので

少しでも皮膚を保護した方がいいかなと

首カバー付きの馬服にしていただきました。

20160101_84

 

シロちゃんです。dog 

散歩に行くと、しなびてしまったミミズを探して食べるのが楽しみのようです。shock

20160101_16

以上、元旦の馬たちでした。

 

今日、2日は打って変わって、荒れた天候です。

朝のうちは雪が降り、後、時々雨が降り snowrain 

風の音が空の上で唸っていました。typhoon

2015年10月10日 (土)

ニシキ・ダイマジン・プリン・ファン・ミユキ 2015年9月21日撮影

clover  人参めがけて 2015年9月21日撮影

clover  セイント・グリッター・キララ 2015年9月21日撮影

の、続きです。

 

9月21日午後に

ダイワウインダムの(競走馬引退後の)オーナーさん、Yさん

撮って下さいました。

 

青字は、Yさんのコメントです。

Yさん、いつも本当にどうもありがとうございます!

                                                       会員さんと、ケイウンニシキ

Img_2929280_2
ニシキの表情も、穏やかそのものですね。

故郷に帰って来た安心感が伝わってきます。

 

Img_295680

  ダイマジン、ニンジン沢山食べさせてもらって良かったねnote ↑↓ 

Img_2960

Img_297380

Img_298680
プリンちゃん、モデルとしての意識が出てきましたね。 ↑↓

カメラ目線がバッチリです。貫禄です。

Img_299380

Img_300180
エイアイファン、かわいいですね。  ↑↓

イケメン系の顔です。

コユキちゃんの忘れ形見、ケイウンネイチャー共々幸せになって欲しいです。

二頭ともミユキちゃんの孫なんですものね。

おばあちゃんと孫が一緒の時間を過ごしているなんて

幸せな事ですね。

Img_300680
最後にミユキちゃん   

はるみさんとの追いかけっこ

笑えました。かわいいおばあちゃんです。

沢山元気で、少しでも長く一緒に過ごしたいですね。

Img_3066

追いかけっこの記事と写真は、こちらです。→ 渡辺牧場だより2015年10月5日

Img_3089

ランスルーとハゴちゃんの写真がなくて、すみません。

人参は上げたのですが、写真が撮れなかったです。

次回、撮りますね。

(写真はクリックすると大きくなります)

2015年9月 9日 (水)

エイアイファンが引退、帰郷しました 2015年9月8日撮影

南関東で走っていた生産馬のエイアイファン(牡馬・7才)

9月4日の川崎でのレース、6着を最後に

引退しました。

そして、昨日、無事に帰郷しましたsign03

20150908_01

昨日、午前10時半過ぎに、馬運車が到着しました。

この中にいるのですが、暗くてわかりにくいですね。sweat01 

20150908_02

エイアイファンは

ケイウンネイチャーの、1才ちがいの全兄です。

ミユキの孫、ナイスの甥にあたります。

20150908_04

馬体重 500キロ以上で走っていただけあって

雄大な馬体です。

そういえば、チョウインパクトと同じお父さん(オンファイア)です。

20150908_05

まずは、馬房で休みましょう。happy01

20150908_06

20150908_07

エイアイファンは

bud 馬のお墓に花の苗 2015年6月21日撮影

  ↑ この記事の後半に出てくる「ケイウンショウリ」の弟です。

20150908_08

ショウリの時は、後悔がたくさん残りました・・・

本当に沢山・・・書くに書けないほど、自分の至らなさ、不甲斐なさが原因でした。

ショウリの分も、その弟を、とにかく故郷に戻したかったです。

20150908_09

20150908_10

また、エイアイファンの同級生は

他に牝馬が2頭いました。

そのうちの1頭、エリーフラッシュは

レースでゲートが開いた直後

ああっ!!!と思ったらもう

映像には映らなくなりました。

競走中止して・・・色々あって

私は結果として

彼女の最期を安らかな、少しでも心穏やかなものにしてあげることが、できませんでした。

一時は、プリンちゃんとダイマジンと一緒の馬運車で

3頭して、ここにやってくる話にまで、なっていたんですが・・・ weep

20150908_11

1才の春先前は

牡馬と牝馬とがまだ同じ放牧地で過ごし

エイアイファンは、女の子のエリーフラッシュに完全に負けていました。wobbly

20150908_12

20150908_13

もう1頭の牝馬が、ケイウングリッターといって

少し前に帰郷したケイウンニシキの姉です。

現役として競馬場にいる生産馬で、私が引き取るのは

この、グリッターで最後になります。

明日、出走予定とのことです。

104走目

無事に元気に走ってくれますようにsign03

20150908_15エイアイファンは

輸送熱の心配もなく、食欲もあり

午後からは、大きい丸馬場に放しました。

20150908_16

競走馬時代は多くの方々が応援して下さいました。

本当に、心から

どうもありがとうございました。 m(_ _)m

ホームページはこちらです

渡辺牧場~引退馬達の近況~  (次男が管理しています)

  • 渡辺牧場~引退馬達の近況~border=
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ