犬のディア

2017年6月26日 (月)

アルテミス 2017年6月23日

6月23日

犬のディアの散歩をしながら撮影しました。

20170623_07

20170623_05

ディアに興味を示し近寄ってきたアルちゃんと、その後ろにオーちゃん。

ディアの挑発に時々びっくりしながらも、牧柵より中には入って来ないとわかると

余裕の表情で草を食んでいました。

 

20170623_11

20170623_28

20170623_04

 

20170623_12

20170623_26_2

オーちゃんもディアに興味津々のようです。

 

アルちゃんは首を伸ばして

牧柵越しの草を食べていました。(笑)

20170623_25

 

20170623_16

20170623_15

2017年2月24日 (金)

ディアの雪遊び

2月4日のディアです。

保護して1ヶ月の間に

首輪の穴を2つ緩めるくらい大きくなりました!

Img_9523

本当に、女の子なの?と思うほど

ヤンチャ盛りで

手を焼いています。coldsweats01

Img_9530

雪の上に何度も

ジャンプして飛び込んでみたり。(笑)

Img_9531

かわいい表情も見せてくれたり。lovely

Img_9536

Img_9537

Img_9541

シロちゃんは、ディアが立ち上がって飛びついてくるのが嫌みたいです。angry

本気で怒り出す前に、引き離しています。pout

Img_9543

Img_9546

それでも、ディアがガツガツ食べる音を聞くとsmile

シロちゃんも負けまいと、食べ始めます。delicious

Img_9551

Img_9556

早く、もう少し大人になって

落ち着いてほしいなぁ・・・sweat01

Img_9560

外に出すと、もう目が回るくらい

勢いよく、クルクル回ったり

飛んで跳ねて、すごいエネルギッシュです。impactdash

Img_9561

それなのに

「ちょっと、にゃんこちゃんたちのお世話してくるから、待っててね」cat

と言って、その辺に繫いで待たせると

急に、動きが止まって

しんみりと待っています。

震えて待っていることもあり sad

多分、寒さではなく、一人で置いておかれるのが怖いようです。despair

Img_9571

捨てられた時のことを覚えているのかな・・・

震えていたんだろうなと想像します。

Img_9574

シロちゃんは1月前半に一度、ひどく吐いて心配しましたが

その後は、だいたい落ち着いています。happy01

2017年1月 5日 (木)

シロちゃんと、子犬のディア

子犬のディア の続きです。

 

弱っているシロちゃんに会わせると

シロちゃんはヤキモチを妬くかもしれない。

昔、チコちゃんという雌犬と、よく大ゲンカしていたからなぁ・・・

シロちゃんを刺激しないようにしないと・・・

 

そう思い、昔よく使った大きめのケージを猫たちの部屋に置き

初めは、そちらで子犬をとりあえず養うことにしました。

 

大切に飼って下さりそうな方にお尋ねしましたが

今は飼えないそうでした。

Dsc_0646

翌日、静内の動物病院に連れて行ったところ

生後3、4ヶ月の女の子とのことでした。

外耳炎の治療など、受けました。

 

先生いわく・・・

シロちゃんと会わせることで、一緒に食べる時に

逆に、シロちゃんが競おうと、食欲が出て

良い場合もあるとアドバイスを受けました。

 

排泄に外に出した時に

遠かったのですがシロちゃんと会うことになりました。

 

すると、シロちゃんは尻尾をふりふり、好意的な様子に見えたので

近づけてみました。

     シロちゃんが自らケージに入り込んでしまったところ。 ↓

Dsc_0655

なかなか良い感じ・・・

子犬の名前は、ディアちゃんになりました。

Dsc_0664

獣医さんがおっしゃった通り、食欲の無いシロちゃんが

一旦は拒否したフードを、ディアに釣られて食べる気になり、完食したりと

良い効果が見られました。

Dsc_0665

しかし

時と共に、様子は変わって行きます・・・

 

ディアの、あまりにものヤンチャさに

シロちゃんは怒りモードに・・・ impact angry

多分、ディアがかっちゃいて

シロちゃんの顔がひっかかれたのかもしれません。shock

 

何だか、大変だなぁ・・・ sweat01

でも、まぁ、今のところ、何とかなっている感じです。

というか、何とかしないと

と、あれこれ対策をしています。coldsweats01

2017年1月 4日 (水)

子犬のディア

昨年12月28日お昼頃のことでした。

 

三石の海沿いを走る国道235号線のパーキング横を

停まることなく、素通りして家に向かう途中

たまたま小さな犬が1匹、目に入りました。

 

停車している車は無く、こんなところに小さな犬がいるのは不自然過ぎて

すぐに、捨て犬だと察しがつきました。

 

帰省してきた長男が運転していたので

少し行ったところで、車をUターンしてもらい

パーキングに戻りました。

 

Dsc_0667

すると、あれ?

ちょっとの間に、子犬がいなくなってる?

 

と、思ったら

ダンボール箱から飛び出て来ました!

                     柵の向こうは、海辺です。

Dsc_0650

この写真は、翌日に静内の動物病院に行った帰りに撮りました。↑

初めに見つけた時には、湿った雪が箱の上に凍り付いていました。

 

そんな状況から、子犬は、少なくとも 2晩は、真っ暗な中

この箱の中で、過ごしていたのでしょう。

 

海の波の音と車が通り過ぎる音だけを聞いて

お腹を空かせて寂しさを我慢して雪を凌いで・・・

 

Dsc_0648

パーキングから、静内方向には延々と国道だけが続き

反対の浦河方向へも、しばらくは国道が延び

子犬の足では、民家にたどり着く前に

車に轢かれるか (ちょうどスピードが出やすい場所です)

食べ物も無く、弱ったところをキツネか、カラスか、カモメに襲われるか・・・

そんなことが想像できました。

                     ペットシーツが1枚、中に入っていました。

Dsc_0647

どんな理由があっても、ここに置いておくわけにはいかない。

この場所は危険すぎる・・・

とにかく、つかまえて保護しなければ・・・

 

長男に、車で、1.5キロ程離れた三石温泉に菓子パンを買いに行ってもらい

私は娘と

怯える子犬に声をかけ続けました。

 

その後、菓子パンで、難無く、つかまえることができ

そのまま抱いて、浦河に向かいました。

Dsc_0641_2

シロちゃんと、子犬のディア に、続きます。

ホームページはこちらです

渡辺牧場~引退馬達の近況~  (次男が管理しています)

  • 渡辺牧場~引退馬達の近況~border=
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ