ヴィエントバイラー

2017年6月22日 (木)

馬 写真集 2017年6月9日

6月9日に会員のMさんが撮ってくださった写真を

まとめて掲載させていただきます。

Mさんどうもありがとうございました。

 

まずはウィンダム&リゲル のペア。

仲が良いのか悪いのか…つかず離れずといった関係に見えます。

しかし今のところ大きな喧嘩もなく、うまくやっているようです。

雨上がり、ぬかるんだ場所でゴロをうったリゲルは全身泥んこ…coldsweats01

ここは2頭には少し狭いので 土手で刈った青草を配っています。

0005_large

0007_large

0008_large

0009_large

 

ヒカル&セイント

最近は、放牧地に接している 離れの厩舎の戸を、ふたりで両側からかじって

破壊しようと試みているようですshock

じゃれ合ったり、悪戯したり、パワフルで若々しく、仲良しな二頭です。

0023_large

 

ベガ

放牧地のボロを拾いに行くと、興味津々に近寄ってくるベガ。

時にはボロを積み上げた一輪車をひっくり返してくれることもshock

お隣の丸馬場にミサイルがいる時は なにやらお話して?いるようです。

今日は削蹄してもらいました。

0031_large_2

0032_large

カメラ向けられ 鼻をカキカキ。

イケメンだけどマイペースなお坊ちゃんです(笑)

 

プリンちゃん&ダイマジン&バイラー

一番草がぼうぼうに伸びている中でひたすら草を食べています。

プリンちゃんとダイマジンは相変わらず仲良しです。

バイラーは白い馬体が緑の景色の中でひときわ映えます。shine

0010_large

0035_large

 

キララ&春風

ミユキが亡くなり 春風は放牧地に一頭だけになってしまいました。

キララはまるで春風を気遣うかのように

春風側の牧柵付近にいることが多いような気がします。

0036_large

2017年6月16日 (金)

ヴィエントバイラー 15歳お誕生日おめでとう! 2017年6月16日

今日は、ヴィエントバイラーの満15歳の誕生日です。

おめでとう~sign01 birthday shine apple clover present heart04

P6160060

 

P6160061

今日の14時半頃撮りに行くと、

入り口に近いところでグイッポしていました。

P6160064

 

右に写っているのは、ランスルーとグリちゃん。

P6160065

雨上がり、青空が広がり過ごしやすく心地よい日になりました。

 

apple ヴィエントバイラー 15歳お誕生日おめでとう!① 2017年6月16日 (43秒)

 

2時間後・・・

 

P6160077

P6160078

P6160079

P6160080

 

apple ヴィエントバイラー 15歳お誕生日おめでとう!② 2017年6月16日 (46秒)

2時間後、仲間たちと、それぞれが程よい距離を保って草を食んでいました。

撮影後、バイラーはまたグイッポしに行きました。

2017年5月24日 (水)

バイラー タンポポの季節 2017年5月17日

sun  ストレス発散?朝放牧直後 2017年5月19日 (26秒)

遠くて、わかりづらいですが

一番目立っているのが、芦毛のバイラーです。

 

14秒くらいに、立ち上がっているのは、ゲッケイジュです。

栗毛はキララ、黒鹿毛はマザートウショウです。

左の放牧地をゆっくり行くのは、ウラカワミユキと春風ヒューマです。

 

sun ヴィエントバイラー タンポポの季節 2017年5月19日 (51秒)

朝、8時半頃です。

お天気が良くて、風がほどよい日でした。

ヒバリたちの声と、バイラーが草を食む音が心地よく聴こえていました。notes

向こうで寝ているのはゲッケイジュです。sleepy

20170519_106

20170519_109

奥にいるのは、左からキララ、ゲッケイジュ、マザーです。↑

20170519_111

バイラーと、寝ようとしているゲッケイジュ ↓

20170519_112

上の写真の15分ほど後には、食後の一服、グイッポタイムです。 ↓

20170519_145

2017年5月15日 (月)

ヴィエントバイラー 故郷の味

今年1月に故郷に戻ってきた、ヴィエントバイラー。

6月生まれなので

もう少しで、15歳になります。

Img_6263

放牧仲間のゲッケイジュの

1歳下になります。

このグループでは、一番若いことになります。

それだけに、朝は

若さをアピールするかのような力強い走りっぷりです。(笑) run

Img_62832

今は、優しいオーナーさんに愛され、幸せな余生を送っています。happy02 heart01

Img_6294

バイラーも同じで、顔を上げる事なく、草を食べ続けています。delicious clover

この放牧地では、体が一番大きい様に思いますが

一番弱い位置にいます。

でも、虐められているわけではないので、ご安心ください。happy01

2017年5月 2日 (火)

今朝の放牧風景 動画

apple オーちゃんの放牧地を広くしました 2017年5月2日朝  (1分21秒)

 

オーちゃんの放牧地が狭かったので気になっていました。

これまでは長さが100mだったのを

80m追加してもらいました。

 

向こう側のアルちゃんにも十分な広さがあると思います。

一昨日の朝から、ここに放していました。

今朝、5時半過ぎ。

放牧して走り出してから

UV対策の夏用馬服を着せ忘れていることに気づきました。

後で人参を持って着せに行きました。(汗)

 

隣の放牧地には、ミユキと春風ヒューマが放牧され

ゆっくりと歩いて行きました。

 

apple 朝、放牧直後の馬たち 2017年5月2日 (21秒)

続きです。

右手の一番広い放牧地に

キララとゲッケイジュが放牧されました。

走り出しましたが、仲間が2頭まだ来ていないので

止まって、待っています。

 

真ん中の放牧地は、ウラカワミユキと春風ヒューマです。

左手の放牧地にアルテミスが見えます。

 

apple 朝、放牧直後の馬たち 2017年5月2日 【続き】  (2分18秒)

更に続きです。

キララが仲間のマザートウショウとヴィエントバイラーを迎えに来て

途中で待っていたゲッケイジュも一緒に合流して

一斉に走り回っています。

 

このグループは

キララ(栗毛)

ゲッケイジュ(鹿毛)

マザートウショウ(黒鹿毛)

ヴィエントバイラー(芦毛)

と、4色の毛色の馬が揃っています。

 

左隣りの放牧地に薄手の馬服を着ているウラカワミユキと

青鹿毛の春風ヒューマ。

 

更に左隣りのアルテミス(鹿毛) が、何だかとても興奮気味に走り回り

息づかいがこちらまで聞こえてきました。

 

アルちゃんの左手には芦毛のオーちゃん。

アルちゃんとオーちゃんは偶然、同じ牧場生まれです。

2017年4月21日 (金)

バイラー・ゲッケイジュ 2017年4月11日、17日

会員さんが来られた時に

4頭に対して、人間の数が足りないと

人参の入ったバケツなり、ボールなりを離して地面に置いて

それぞれの馬に食べていてもらって

その間に、マザーと会員さんのツーショットを撮ったりしています。

 

4月11日   左はヴィエントバイラー、右はゲッケイジュです。

20170411_27

 

発情の加減で

バイラーとゲッケイジュが仲良くなっていました。(笑)

左奥にバイラーとゲッケイジュの組がいます。

そして、右の2頭は、キララとマザーです。 

ちなみに一番右の緑の馬服はウインダムです。happy01

20170411_43

 

4月17日 この日は、お天気が良くて、馬服を着せないで放牧しました。sun

バイラーです。 

20170417_57

20170417_58

20170417_59

20170417_61

20170417_62

20170417_63

ゲッケイジュです。 

20170417_52

20170417_53

20170417_54

2017年3月21日 (火)

バイラー 2017年3月13日

3月13日に、長女が撮った写真です。

 

バイラーは、父がメジロマックイーンだからか

体が雄大で、胴が長く、一般的なサイズの馬服では

お尻がはみ出してしまいます。

20170313_147

オーナーさんが、バイラーが移動して来て早々に

馬服をご購入下さるとのことでしたが

84 という大きなサイズをお願いしたかったので

取り寄せになることなどもあり

色々考えて

今でなく、来シーズンに向けて、ご用意していただいた方がいいですと、お願いしました。

20170313_148

20170313_149

少し、お尻がスース―するかもしれませんが

今冬は、バイラーはまた若いですし

うちで、余っている馬服を着てもらいました。

20170313_150

左目は、名古屋競馬に在籍中に痛めたようです。

セイントネイチャーのこと⑦

ちょうど、この記事に書きました

そうした上で、私は、H.19年の夏、実家に帰った時に

実家から車で20~30分の厩舎に

エンジェルの子に会いに

また、調教師さんに引退後のお願いをしに

ご挨拶に伺ったのでした。」

20170313_151

この時に、ちょうど、エンジェルの子=バイラーは目を痛めていて

眼帯代わりのメンコだったか、記憶が曖昧ですが、着けていて

馬房で舎飼いされていたのでした。

20170313_152

20170313_153_3

ダイワウインダム、リンドショウグンの妹のケイウンビューティーも

引退して帰って来た時

全く同じように左目が青っぽくなっていました。

20170313_155

当時のオーナーさんがおっしゃるに

ダートレースで砂が目に入った後

洗い方が不十分で、創傷性角膜炎を起こした

とのことでした。

20170313_156

見えていなければ、顔をかしげて歩くはずなので

見えてはいるようです。

ミユキが昨年悩んだような角膜潰瘍の状態に

一時、なっていたのかもしれませんね。

20170313_157_2

2017年2月13日 (月)

バイラーの意味  2017年2月4日

ヴィエントバイラーの名前の意味を

これまで

考えたことがありませんでした。

Img_9205

今になって

バイラーの運命を最終的に幸せへと導いて下さった

現在のオーナーさんから

「響き音とは異なり、とても美しく、素敵な名前」だとshineshine

教えていただきました。

Img_9206

ヴィエント (スペイン語で風)      バイラー (舞い) 

Img_9207

「まさに、バイラーは、風のように爽やかな馬です・・・heart04

と、現オーナーさんから愛情たっぷりのメッセージをいただきました。happy01

Img_9209

とっても感激しましたsign03

Img_9933

そして

バイラーの、詩のような美しい名前には

現オーナーさんには特別な想い入れがあるのだそうです。heart02

Img_9951

もちろん、この名前をつけたのは現オーナーさんではありません。

Img_9953

だから、なおさら

バイラーの名前の意味も

現オーナーさんとバイラーとの出会いも

色んな出来事も、想い出も

偶然ではなく、必然の運命だったのだとshine

あらためて、私の心にも、じ~んと伝わってきたのでした。confident

Img_9955

この、4日撮影の写真をブログに載せるのを

「遅くてすみません」と申したら

「バイラーが生まれ故郷で元気に過ごせるだけで大満足ですよ!」

と、返信がありました。

Img_9957

なんだか、ありがたくて

涙が出てしまいます。

Img_9959

2017年2月 6日 (月)

渡辺牧場だより 2017年2月5日分

認定NPO法人 引退馬協会

sun渡辺牧場だより 2017年2月5日分 です。

http://rha.or.jp/f/wata/2017/02/post-92.html#more

フォスターホースの

ナイスネイチャ、セントミサイル、ウラカワミユキ、マザートウショウの

近況報告を書いています。

ぜひご覧ください。happy01

 

今回は登場しませんでしたが

ミユキの相棒の春風ヒューマのブログは、こちらです。

春風ヒューマの会 ~トウショウヒューマ応援団~

2017年1月25日 (水)

ケイウンネイチャーが乗馬に旅立ちました(翌日追記あり)

2013年11月に園田競馬を引退して帰郷していたケイウンネイチャーです。

ナイスネイチャの妹の娘であり

また、ウラカワミユキの孫にあたります。

                   1月24日 ケイウンネイチャー 

20170124_01

競走馬の世界で言うと、ちょっと「うるさい」ところのある

大きな馬体の牝馬で

なかなか乗馬の就職先がないなぁと諦めかけていました。

20170124_02

気づくと、もう 3年2ヶ月

故郷で自由奔放に遊ばせてきましたので

ストレスがほとんど無く、随分落ち着き

扱いやすくはなりました。

20170124_04

ただ、ちょっと変わったこと・・・天候の加減で放牧時間が遅れるとかすると

「早く外に出して!」と苛立ちます。

20170124_05

「うるさい」と言っても、かわいいところも沢山あります。

人の語りかけにも、ちゃんと耳を傾けてくれます。

             キララ(左)、ゲッケイジュ(向こう側)、ケイウンネイチャー(右) 

20170124_06

ひょんなことから

生産馬のグランデラバーがお世話になっている

千葉県のインターアクションホースマンスクールの先生と

グランデラバーのことで、お話させていただく機会がありました。

(グランデラバーは、ダイワウインダム、リンドショウグンの最後の弟です)

 

その時に、ダメで元々と思い

ケイウンネイチャーの受け入れをお尋ねしたところ

ご快諾下さいました。

                        1月24日 キララ、うとうとしていました 

20170124_07

お話はトントン拍子に進み、今朝、無事に故郷を旅立ちました。

                  1月24日 今年、新しく仲間に入ったバイラー 

20170124_10

出来るだけ長く

スクールでお役に立てたらいいなぁ・・・

「ちゃんと言うことを聞いて頑張るんだよ。可愛がってもらえるからね。」

と、最後に言って聞かせ、送り出しました。

            1月24日 お昼寝タイムで、うとうとしていた マザートウショウ 

20170124_13

ケイウンネイチャーは今年8才。

まだまだ若いです!

もう一働きして、いつか、お役目を終えたら

また帰っておいでね。happy01

 

旅立つ直前に写真を撮ろうと思って、カメラを首からぶら下げていたのに

ちゃんと素直に乗り込むか・・・などに気を取られていて

撮るのを忘れてしまいました。

せめて、去って行く馬運車を・・・撮って見送りました。 sad sweat01sweat01

                           1月25日朝 

20170125_0218

apple  ケイウンネイチャー旅立ちの前日 2017年1月24日 (1分16秒)

 

【追記 1月26日】

ケイウンネイチャーは、今朝4時半頃に、無事に到着したそうです。happy01

長い間、ケイウンネイチャーを見守り、ご心配下さった皆様

本当に、どうもありがとうございました。m(_ _)m

ホームページはこちらです

渡辺牧場~引退馬達の近況~  (次男が管理しています)

  • 渡辺牧場~引退馬達の近況~border=
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ